10月最終礼拝でした。2020.10/25(日)

≪今週のみ言葉≫

「できるなら、と言うのですか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」マルコ9章23節

説教題:信じて祈る力  聖 書:マルコ9章14~29節

10/20㈫、21㈬、22㈭の3日間、第54回教団牧師研修会がZOOM (ズーム)にて行われました。コロナ渦中なかなかお会いできない先生方に、画面を通してですが、また30名ばかりの限られた先生方ですが、お会いできました。時代の機器を用いてできることで一面驚きであり、感謝ですが、改めて霊界の不思議を素晴らしさを思います。神様との交わり(祈り)には何の道具もいらない、いつでもどこでもできる、又キリストが拓(ひら)いて下さった恵みのみ座にてとりなし、祈り、人々とも交われることは何という恵みの世界でしょうか!本日の箇所は、私たちの信仰と祈りへのチャレンジ(挑戦)です。

Ⅰ、イエスと弟子たち<不信仰>(14~19) 「山上の栄光と山麓の悲惨」と言われるところです。変貌山で神の子の栄光を現されたイエスとそれを目撃したペテロ、ヤコブ、ヨハネの3人の弟子たちが、山を降って他の弟子たちの所に戻ると、大勢の群集がその弟子たちを囲み、律法学者たちが彼らと論じ合っていました。「何を論じ合っているのか」とのイエス様の問いに対して一人の人が答えました。「先生、口をきけなくする霊につかれた私の息子をあなたのところに連れて来ました」と言って、その霊のなす災いがあまりにひどいので、「それであなたのお弟子たちに霊を追い出してくださいとお願いしたのですが、出来ませんでした。」(17、18)イエス様は「ああ、不信仰な時代だ、」(19)と大いに嘆かれました。それは特に弟子たちの不信仰を嘆いたものでした。(マタイ17・20)マルコ6・7には「また十二人を呼び、二人ずつ遣わし始めて彼らにも汚れた霊を制する権威をお授けになった。」とありますから、かつては出来ていたことも、この時は出来なくなっていたということです。その原因は不信仰と祈りの欠如にあったのでした。

Ⅱ.イエスと父親<信仰の祈り>(20~23) 「その子を私のところに連れて来なさい。」(19)これこそイエス様からの黄金の招きの言葉であり、解決の最大の手段です。<私たちはほかのどんな方法が役に立たなくても、いつもキリストのもとに行くことができるのである>(『牧羊者』P.37)。その子がイエス様のもとに連れて来られると霊はイエス様を見てすぐに彼にひきつけを起こさせたので、彼は地面に倒れ泡を吹きながら転げ回りました。イエス様は、「いつからこうなのか?」と父親に尋ねると、「幼い時からです。」と答え、「おできになるなら、私たちをあわれんでお助けください」(22)とお願いしたのでした。するとイエスさまはすぐに「できるなら、と言うのですか。信じる者には、どんなことでもできるのです。」(23)と言われました。<解決の鍵は信じることができるかどうかにある。この素早い切り返しは父親に信仰のチャレンジを与えた>(『牧羊者』P.38)するとすぐに父親は叫んで言いました。「信じます。不信仰な私をお助け下さい」。(24)彼は、不信仰な自らを認め、神に絶対の信頼を置く信仰へと引き上げられたのでした。「口をきけなくし、耳を聞こえなくする霊。わたしはおまえに命じる。この子から出ていけ。二度とこの子に入るな」(25)とのイエス様の命令により、霊は叫び声をあげ、出ていきました。ひきつけさせられて死んだようになったその子の手をイエス様が取って起こされると、その子は立ち上がりました。今日、私の信仰は、私の祈りは、神への全き信頼と渇きは、救霊への熱情はいかがでしょう?

<お知らせ>

▷10月最終聖日でした。10月の月も「新しい教会生活スタイル」で共に集っての礼拝をおささげできましたことを、主と、祈って下さった方々に心より感謝いたします。

▷早くも次聖日から11月に入ります。「今月のメッセージ」「11月のお祈り」「ヘッダー(スイートコーン)」が更新されます。

▷よい実りの秋をすごせますように。魂の収穫のためにもお祈り頂ければ感謝です。

Posted in 今週のお知らせ | 10月最終礼拝でした。2020.10/25(日) はコメントを受け付けていません

秋酣(たけなわ)です。2020.10/18(日)

《今週のみ言葉》

「人から出て来るもの、それが人を汚すのです。」マルコ7章20節

説教題:心が変わる  聖 書:マルコ7章14~23節

10月のカレンダーをよくよく見ながら、あれ、今年は体育の日の祝日がないと思いました。新聞の編集手帳で祝日ではありませんが、新しく記念日を知りました。10/15㈭は国連児童基金の定める「世界手洗いの日」だそうです。折しもコロナ禍の中で一層励行できそうです。今日の聖書の箇所にも関連があります。

 Ⅰ.人の外から入るもの(14~19) パリサイ人たちとエルサレムから来た何人かの律法学者たちが、イエス様のもとに集まった時の事でした。彼らはイエス様の弟子のある者たちが、汚れた手で、すなわち洗っていない手でパンを食べているのを見たのでした。彼らは昔の人たちの言い伝えを堅く守って、手を良く洗わずに食事をすることは無かったのでした。「なぜあなたの弟子たちは、昔の人たちの言い伝えによって歩まず、汚れた手でパンを食べるのですか。」(5)と彼らはイエス様に尋ねました。イエス様は外側ばかり気にして神の戒めよりも人間の言い伝えのみを堅く守っている彼らに、そして群衆に言われました。「外から入って人を汚すことのできるものは何もありません。人の中から出てくるものが、人を汚すのです」と。家に入られたイエス様に、弟子たちが再びこのたとえについて尋ねました。イエス様はあきれて、重ねて言われました。「外から人に入ってくるどんなものも人を汚すことはできません。それは人の心には入らず、腹に入り排泄されます。こうしてイエスは、すべての食物を清いとされた!(18、19)。ユダヤ人たちにとっては「清い食物と穢れた食物」とが明確に区別されていたので(レビ記11章)、このイエス様の教えはショッキングであると共に重要でした。

 Ⅱ.人の心の中から出てくるもの(20~23) 神様は、人の心の中を見られるお方です(サムエル第一16・7、マタイ5・21~28、ヨハネ1・47、ヨハネ4章、ルカ19・2~10)、エレミヤ17・9~10(口語訳)はまた人の心についてのショッキングなみ言葉です。「心はよろずの物よりも偽るもので、甚だしく悪に染まっている。だれがこれを、よく知ることができようか。主であるわたしは心を探り、思いを試みる」。新改訳2017では「人の心は何よりもねじ曲がっているそれは癒しがたい。だれが、それを知り尽くすことができるだろうか。わたし、主が心を探り、心の奥を試し」(9,10)とあります。イエス様はそういう人の心の中から、悪い考えが出てきますと、≪悪のリスト≫を言われます。(21,22)。その他、聖書の中の≪悪のリスト≫は、ローマ1・29~31、ガラテヤ5・19~21などがあります。「これらの悪は、みな内側から出てきて、人を汚すのです。」(23) それほどまでに甚だしく悪に染まった心を人は自分で変えたりきよめたりは絶対にできません。またいかなる外側からの解決方法もありません。唯一!十字架に身代わりに私たちの罪悪と汚れを負って死に、よみがえって下さったイエス・キリストだけが、人の心を清く変えて下さるお方なのです。「御子イエスの血が、すべての罪から私たちを清めて下さいます。」ヨハネの手紙第一1・7

<お知らせ>

▷10月には「体育の日」がありませんでしたが、7/24(金)が「スポーツの日」となっていました。オリンピックの関係でしたが、何とか、来年、開催できますようにお祈りいたします。

▷人間界は続いてコロナ渦中で大変ですが、自然界は「秋酣(たけなわ)」秋、まっ盛りで、木々の実もたわわで、収穫が楽しみです。霊界にも豊かな結実が与えられますよう、祈りに祈りたいものです。

Posted in 今週のお知らせ | 秋酣(たけなわ)です。2020.10/18(日) はコメントを受け付けていません

冬!?また秋にもどりました。2020.10/11㈰

≪今週のみ言葉≫

「もはや私が生きているのではなく、キリストが私のうちに生きておられるのです」。

ガラテヤ2章20節

説教題:『神からの祝福』  聖 書:創世記32章22~32節

ヤコブの生涯の重大な二つの経験、それが「ベテル(神の家)」と「ぺヌエル」(神の顔)の経験です。新約のクリスチャンにとっては「水のバプテスマ(新生)」と「聖霊のバプテスマ(聖化)」の経験です。今週の聖句は後者の代表的なみ言葉です。ラバン(リベカの兄)との20年間はヤコブにとって労苦の日々でした。しかしその中で二人の妻と二人の女奴隷、彼女たちにより11人の息子たちが与えられ、さらに多くのしもべたちや家畜が与えられました。そんなヤコブがラバンに妬まれるようになり、神様は「父の家に帰りなさい」と語られました。懐かしい故郷、しかしそこにはエサウがいます。ヤコブは贈り物をもってエサウの心をなだめようとします。神に祈ります。それでも恐れは去りません。

Ⅰ.格闘するヤコブ(24~29) ヤボクの渡し場から二人の妻と二人の女奴隷と11人の子どもたちを渡らせましたが、ヤコブは一人だけ後に残りました。すると「ある人が夜明けまで彼と格闘した」(24)のでした。「その人はヤコブに勝てないのを見て取って、彼のももの関節を打った。ヤコブのももの関節はその人と格闘しているうちに外れた」(25)のでした。ヤコブ(押しのける者)の自我、突っ張りが砕かれたのでした。その人は言います。「あなたの名は、もうヤコブとは呼ばれない。イスラエル(神の皇太子)だ。あなたが神とまた人と戦って勝ったからだ。(28)というのも、「夜が明けるからわたしを去らせよ」とその人が言っても、ヤコブは「私はあなたを去らせません。私を祝福してくださらなければ」(26)と粘り抜いたからでした。ヤコブが、「どうか、あなたの名を教えてください」と言うと、その人は「いったい、なぜ、わたしの名を尋ねるのか」と言って、その場でヤコブを祝福したのでした!(29)

Ⅱ.祝福されたヤコブ(29~30) そこでヤコブはその場所の名を「ぺヌエル」(神の顔)と呼びました。「私は顔と顔を合わせて神を見たのに、私のいのちは救われた」という意味である(30)。ヤコブにとって<新しい太陽が昇りました>。彼は神の使いに打たれたもものゆえに足を引きずっていました。思いのままに自我の思うままに突っ走るヤコブは、神の前に「敗北し」、「彼は主にしがみつく力しか持ち合わせない者とされた。これは神に取り扱われ、砕かれ、主の臨在を知った者の勝利に他ならない」(「牧羊者」2020年度第Ⅲ巻P26)。 エサウとの再会で、ヤコブは、「私は兄上のお顔を見て、神の御顔を見ているようです。兄上は私を喜んでくださいましたから。」(33・10)と言って神の御顔を見て、なお生かされた経験と重なり合わせています。私の「ベテル」を思い起こし、神の恵みに感謝しましょう。私の「ぺヌエル」を確かな霊的経験として、さらに深い主の臨在の内に生かされましょう。ガラテヤ2章20節を生きる者とされ、『祝福を継ぐもの』として用いられましょう。

<お知らせ> 

▷礼拝の中10/16㈮「世界食料デー」を覚え「ハンガーゼロ」(日本国際飢餓対策機構)のお働きのため、飢餓で苦しむ方々のため祈りました。有志で引き続き献金させて頂きます。

▷コロナの終息もいつになるか?台風シーズンもあり、気温の変化はまことに激しい中、祈り・対応し守られましょう。

▷「収穫の秋」、クリスマスに向けて「魂の収穫」のために信仰の祈りを!すでに備えられている方々に更に加えられる方々が与えられますように。お祈り下さい。                  

Posted in 今週のお知らせ | 冬!?また秋にもどりました。2020.10/11㈰ はコメントを受け付けていません

教会創立71周年記念聖餐式礼拝でした。 2020.10/4(日)

≪今週のみ言葉≫

「まことに主はこの場所におられる。それなのに、私はそれを知らなかった」。創世記28章16節

説教題:『神と出会う』

聖 書:創世記28章10~22節

≪人生は出会いで決まる≫良く聴く言葉です。本当にそうだと思います。数々の出会いの中でも『最高の出会い』、それは『人が神と出会う』ということです。見えない神とどのように?と思うでしょうか?今日はイサクの祝福の後継者、双子の弟のヤコブが神と出会ったところを学びます。

Ⅰ.ひとりぼっち? 「人」という文字は二人の人が寄り添うような形「人間」とは、人と人との間で生きる者というイメージです。しかし、誰もがどこかでいつか、「ひとりぼっち」を味わうことがあります。「ひとりぼっち」はいやだと思うでしょうか?しかし、実はその時こそが『神と出会う』チャンスなのです!ヤコブは兄エサウの「長子の特権」を自分のものとし、また母リベカと組んで、父イサクからの「祝福の祈り」をも自分のものとしました。兄エサウの心の内は怒りと殺意までわきあがったのを知って、母リベカは自分の兄ラバンのもとにヤコブを旅立たせます。東京から山口位までの長い距離です。ヤコブは生まれて初めての一人旅、しかも懐かしい家族を離れてこれからどうなるかも分からない旅に出ました。兄は復讐してくるかもという恐れも心にいっぱい、更に自分がどんなにひどいことをしたかという自責の念もありました。日が暮れて、夜になり、獣の吠える声も聞く中、ひとりぼっちのヤコブは石を枕にして泣きたい気持ちで横になりました。その眠りの中で、ヤコブは夢を見たのでした。夢というのはとても不思議なものですね。

Ⅱ.神とふたりで! 夢の中でヤコブは天から「一つのはしご」が地に向けて立てられているのを見ました。そのはしごを天の使いたちが上り下りしているではありませんか!そして主が彼のそばに立って言われます。「私は、あなたの父アブラハムの神、イサクの神、主である。わたしはあなたが横たわっているこの地を、あなたとあなたの子孫に与える」と。今まで父母、兄たちと共に過ごしつつ自分も神を信じる一人と思っていたかもしれません。しかし、実はそうではなかったのでした。ヤコブは初めて自分に語られる「神の声」を聴いたのでした!「わたしはあなたとともにいて、あなたがどこへ行ってもあなたを守り、あなたをこの地に連れ帰る」とまで言われます。ヤコブは眠りから覚めて言いました。「まことに主はこの場所におられる。それなのに、私はそれを知らなかった。」神と出会った瞬間でした!「わたしは、あなたに約束したことを成し遂げるまで、決してあなたを捨てない。」と言ってくださる神。「ここは神の家に他ならない」すなわちベス(家)エル(神)⇒「ベテル」でヤコブは神と出会い、以来ずっと≪神とふたりで≫歩む人生とされたのでした!!この「天からの一つのはしご」は、イエス・キリストの予表です(ヨハネ1・51)。まさにキリストは「インマヌエル」の神、すなわち「神われらと共にいます」 インマ(共に)ヌ(われらと)エル(神)です。イエス様と出会う時、もはや「ひとりぼっち」ではありません。「全知全能全愛なる神とふたりで」の素晴らしい地上の、そしてやがて天上の生活を満喫しましょう。

<お知らせ>

▷ 昨年2019年10月6日㈰、創立70周年記念お祝いして、早くも1年が過ぎました。コロナ禍の中もこの一年の守りと恵みを心より感謝して主に礼拝をおささげ致しました。

▷4月以来の聖餐式、幼小中高生17名への『新改訳2017』小型聖書贈呈、10月誕生者祝福祈祷の時と、すべてに感謝でした。

▷教会での使用聖書が本日から『新改訳2017』に替わりました。これも「新しい事」(イザヤ43・19)の一つです。72周年に向けて、更なる新しい主の祝福のみわざに期待して、祈り進んで参ります。ご加祷下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 教会創立71周年記念聖餐式礼拝でした。 2020.10/4(日) はコメントを受け付けていません

9月最終礼拝でした。 2020.9/27(日)

≪今週のみ言葉≫

「一杯の食のために長子の権利を売ったエサウのように、不品行な俗悪な者にならないようにしなさい」。ヘブル12章16節

説教題:『祝福を求めて』  

聖 書:創世記25章19~34節

 アブラハムへの神の祝福は、アブラハムが100才の時に生まれた息子のイサクに受け継がれました。その祝福はイサクの次に誰に受け継がれたのでしょう?きょうはその出来事から学びます。

 イサクは母サラを天に送って寂しい思いをしていましたが、神様のよきお導きにより、リベカという妻が与えられ慰められました。イサクが40歳の時でした。ところがなかなか子どもが与えられません。イサクは妻リベカに子が与えられるよう祈り、20年近くたって妻リベカはみごもりました。その胎内で双子が押し合うので、リベカが困って主に祈ると、23節のみ言葉が語られました。「兄は弟に仕えるであろう」と。出産の日、双子でも全く違う男の子たちで、兄は赤くて全身毛ごろものようだったので「エサウ」(赤い)と名づけられ、そのあと弟が、兄のかかとをつかんで出てきました!それで「ヤコブ」(かかと、押しのける)と名づけられました。

Ⅰ.エサウが求めたもの、失ったもの 「エサウは巧みな狩猟者となった」(27)。「イサクは、しかの肉が好きだったので、エサウを愛した」(28)とあります。ある日エサウが野から帰ってきました。飢え疲れているところに、ヤコブがおいしそうなレンズ豆のあつものを煮ています。エサウは「お願いだ。赤いもの、その赤いものをわたしに食べさせてくれ 」と叫ぶと、いきなりヤコブは、「まずあなたの長子の特権を私に売りなさい」と言います。エサウは「私は死にそうだ。長子の特権など私に何になろう」と言うとヤコブは、「まずわたしに誓いなさい」と言います。エサウは誓って長子の特権をヤコブに売り、ヤコブが与えたパンとレンズ豆のあつものを食べて満足して去っていきました。「このようにしてエサウは長子の特権を軽んじた」(34)のでした。長子の特権、これこそアブラハムからイサクへ、そしてその次の子に受け継がれていく『神の霊的祝福』だったのです。

Ⅱ.ヤコブが求め続けて得たもの 兄エサウが目先の自分の肉体の飢えと渇きを満たす目の前の食物の方を求めて≪目に見えない神の霊的祝福と永遠に関する特権≫を軽んじたのに対して、弟ヤコブは全く逆でした。自分は弟だからと初めからあきらめていたのではありませんでした。もちろん神の奇しいご計画ではありましたがヤコブはいつもその『神の霊的祝福』を自分のものにしたいと機会をうかがっていたのでした。そしていよいよその時が来たことを悟り、兄エサウの弱みに付け込み、更に誓わせてまでして確実に自分のものとしてしまいました。やり方は確かにずる賢い手口でした。しかし『神の霊的祝福』こそ真に求めるべきであり、神の喜ばれることでした。

・Ⅰペテロ1・3~5 エサウのように「不品行な俗悪な者にならないように」、頂いている『霊的祝福』を失うことなくさらに追い求める地上での歩みでありますように!

<お知らせ>

▷ 9月の月も今週水曜日で終わり10月に入ります。「今月のメッセージ」、「10月のお祈り」、「ヘッダー」(日日草)が更新されます。み言葉は『新改訳2017』になります。

▷いよいよ次週、10/4㈰は教会創立71周年記念聖餐式礼拝です。幼小中高生には『新改訳2017』小型聖書の贈呈を致します。久しぶりに聖書を持っての記念撮影を行います。

残念ながら愛餐会は行えませんが、持ち帰り『お弁当』の用意があります。恵みに満ちた記念礼拝となりますようお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 9月最終礼拝でした。 2020.9/27(日) はコメントを受け付けていません