2月最終礼拝でした。2020.2/23(日)

≪今週のみ言葉≫ 「その費用は王の家から与えられる」。エズラ記6章4節

神殿再建工事が、反対者らの腕力と権力とによって15年間も中止されました。しかし、神の摂理のみ手は動き初め、二人の火の玉のような預言者、ハガイとゼカリヤの激励を与え、再びゼルバベル、エシュアそして民は立ち上がって再建を始めました。神の預言者たちも彼らを助け、何より神の目が注がれ、工事は勤勉になされ、はかどっていきました。 再び反対者たちもまた立ち上がり、ダリヨス王に「この宮を建てることの命令が、はたしてクロス王から出ているかどうかを確かめ」てほしいと手紙を出したのでした。ダリヨス王が調べさせたところ、メデヤ州のエクバタナで、一つの巻物が見い出され、クロス王からの命令が明確に記録されていました。宮の規模から費用はついてまで記してあったのです。ダリヨス王も、クロス王と同じ霊によって動かされ、その命令を忠実に受け継ぎ、神殿再建に全面支持をしたのでした。「その費用は王の家から与えられる」(6・4)何という摂理の神のみわざ!異邦の王の家から全費用が主の宮再建のために与えられるというのです!しかも反対者である川向こうの州から治めるみつぎの中からです!まさに『驚くべき供給』以外の何物でもありません。神は、サタンのわざをも逆手に用いられる大いなる畏るべきお方です。

<お知らせ>

▷今週土曜日で2月も終わります。「今月のメッセージ」「3月のお祈り」「ヘッダー(菜の花)」が更新されます。

▷今週2/26㈬は「灰の水曜日」、その日から4/11㈯までが今年のレント(受難節)です。悔改めの心をもって、受難週に向かい、4/12(日)のイースター(復活祭)を感謝と喜びをもって迎え、良き伝道のときとして用いましょう。

Posted in 今週のお知らせ | 2月最終礼拝でした。2020.2/23(日) はコメントを受け付けていません。

早春を迎えました。

≪今週のみ言葉≫

「われわれは天地の神のしもべであって、年久しい昔に建てられた宮を、再び建てるのです」。エズラ5章11節

「主はめぐみ深く、そのいつくしみはとこしえにイスラエルに絶えることがない」。エズラ3・11

神に感動されて祖国に帰り、イスラエルの民は感動の「定礎式」を行いました。その喜びの声は遠くまで聞こえるほどでした。ところがしばしば神の事業につきものは、敵の妨害です。4・1には「ユダとベニヤミンの敵である者たち(サマリヤ人)」が早速登場します。言わば、そうであればこそこれぞ神の事業とのしるしのようです。初めは協定を結ぼうとしますが、否定されれば本性をあらわし、王に告訴状を書き、若き王をまるめて、彼らはついに「腕力と権力とをもって」(4・23)工事を中止させました。BC353~BC520までの何と15年間でした!しかし、預言者ハガイとゼカリヤの預言と激励により再び神の宮を建て始めました。再び反対者たちは「だれが命じたのか」と迫りますが、そこには神の預言者たちの応援があり、神の目が注がれていたし、また工事は勤勉に行われ、大いにはかどっていた故、やめさせることは出来なかったのでした。神のみ名による預言と神のみ言葉による激励の力はまことに大いなる威力です。今回のみ言葉はうるわしい信仰告白です。

<お知らせ>

▷本日16:00~18:00第38回ゴスペルカフェです。ギターでさんび♪英語でみ言葉、おいしい夕食、メニューはEnglish Dish&Cakeです。どなたも歓迎! 次回第39回ゴスペルカフェは、3/15㈰の予定、その日は一転、「おもち夕食」です。お楽しみに、今から予定しておいて下さい!

Posted in 今週のお知らせ | 早春を迎えました。 はコメントを受け付けていません。

立春を過ぎて寒くなりました。2020.2/9(日)

《今週のみ言葉》

「主はめぐみ深く、そのいつくしみはとこしえにイスラエルに絶えることがない」(エズラ記3章11節)

「こうしてイスラエルの人々はその町町に住んでいたが、7月になって、民はひとりのようにエルサレムに集まった」(3・1)7月すなわち、第7の月で10月にあたります。「民はひとりのようにエルサレムに集まった」のでした。何のため?「イスラエルの神の祭壇を築いた」(2)のでした。「神の人モーセの律法にしるされたところに従って、その上に燔祭をささげるためであった」(2)のです。すなわちまことの神礼拝のためでした。真の神の民は<神第一の民>であり、そのために<真の霊的一致>がある者たちでした。いよいよ翌年2月ー4月~5月にかけて、宮の定礎式にまでこぎつけました。定礎の最後の石が据えられた時入念な儀式がとり行われました。ラッパ、シンバルそして大声の賛美でした。「主はめぐみ深く、そのいつくしみはとこしえにイスラエルに絶えることがない」これこそが、真の神の民の賛美のすべてでした。ソロモンの神殿を見た老人たちは複雑な涙を流しましたが、新しい神殿の基礎しかしらない若者たちの喜びの賛美が圧勝しました。この主を信ずる真の神の民は、まことに賛美と幻の民なのです。未来に向かって神を賛美しつつ幻に向かって前進あるのみです。

<お知らせ>

次週2/16(日)16:00~18:00第38回ゴスペルカフェです。夕食メニューはEnglishDishです。多くの若者たちが集いますようにお祈りならびに応援出席ください。

Posted in 今週のお知らせ | 立春を過ぎて寒くなりました。2020.2/9(日) はコメントを受け付けていません。

2月聖餐式礼拝・教会総会でした。2020.2/2(日)

《今週のみ言葉》

「あなたがたの名が天にしるされていることを喜びなさい」。ルカ10章20節

BC.536年、クロス王の命令が発せられ、ユダの民はエルサレムに上って行って『主の宮を復興せよ』との驚くばかりの知らせが、ユダヤ人の耳に入りました。エズラ2章は、その命にこたえて、エルサレムに上っていった人々のリスト(名簿)です。ユダヤ人は系図を重んじる民族です。マタイ1章に見るとおりです。マタイはユダヤ人あてにこの福音書を記しましたので、読書欲をそいでしまう系図から始め、預言の成就を多々記しました。しかしこれは、神ご自身が、人間一般(実際には実体がない)を十把一束(からげ)に見るのではなく、個人個人の人格を重んじられるお方であることのあらわれです。氏族ごとに、また地名ごとに数えられた会衆、42366人に加えてしもべはしため救うた男女を入れると49897人の会衆(エクレシア)でした。彼らはクロス王を通しての主の言葉に信仰をもって応答した一人一人でしたので、神の喜ばれるリストでありました。地上のリストは、地上の教会(エクレシア)につながる一人一人であると同時に、イエス様が弟子たちに言われたように、「あなたがたの名が天にしるされていることを喜びなさい」のごとく天上にある小羊のいのちの書につながるものです。尊いかけがえのないひとり子キリストを贖いのため与えて下さった神は、そのキリストを信じ受け入れる一人一人をこよなく愛し、喜ばれることは当然です。地上では何があろうと「わたしの名が天にしるされている」その事実さえあれば、「いつも喜び、絶えず祈り、すべてのことに感謝できます」ということです。

<お知らせ>

▷キリストを首(かしら)とする教会の健全な成長と前進のために続いてお祈りをよろしくお願いいたします。

▷2/10(月)11(火・祝)第52回全四国クリスチャン修養会(松山・奥道後)講師、柏木哲夫師のため、2/11(火・祝)四国教区総会(大川キリスト教会)のため、主の祝福をお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 2月聖餐式礼拝・教会総会でした。2020.2/2(日) はコメントを受け付けていません。

2020年1月最終礼拝でした。2020.1/26(日)

≪今週のみ言葉≫

「そこでユダとベニヤミン氏族の長、祭司およびレビびとなど、すべて神にその心を感動された者は、エルサレムにある主の宮を復興するために上って行こうと立ち上がった」。   エズラ記1章5節

主の2020年、新年に入り、教会に与えられているみ言葉、教団に与えられているみ言葉を味わい、本日から再びレントに入る3月まで、旧約聖書講解の続きです。新時代の夜明けの書、歴代誌からそれに続く、いわば「希望にむかって」進む、エズラ記、ネヘミヤ記へと続きます。この2つの書はもとは「エズラの書」として一つの書にまとめられていたものです。著者エズラは学者であり、また旧約聖書を編纂(へんさん)した人です。時代はユダ王国の捕囚が始まったBC606年から70年後のBC536年の年までのできごとです。バビロン帝国の軛(くびき)からいかに脱出できるか!?予想もしなかったような驚くべきできごとが記されていきます。神はエレミヤの口を通して伝えた主ご自身の言葉を(エレミヤ29・10)成就するために、「ペルシャ王クロスの心を感動された」(1)のでした。「イスラエルの神、主の宮を復興せよ」(3)と、天の神が命じられたと語りました。「寝耳に水!」「晴天の霹靂!」しかし、同じ神によって「その心を感動された者は」上って行こうと立ち上がりました!神の霊による感動物語です。神のみ言葉の重みと力、共に働かれる聖なる霊に奮い立たせられる魂の幸いを覚えます。日々、み言葉と聖霊によって立ち上がりましょう。

<お知らせ>

▷1月の守りを感謝します。次週2/2㈰は、「教会総会」です。1年の神の守りを神に感謝し、共に神の栄光のために立ち上がる時となりますようお祈り下さい。

▷今週中に「今月のメッセージ」「2月のお祈り」「ヘッダー(リースその2)」が更新されます。

Posted in 今週のお知らせ | 2020年1月最終礼拝でした。2020.1/26(日) はコメントを受け付けていません。