父の日聖日でした。 2021.6/20(日)

≪今週のみ言葉≫

「天におられるあなたがたの父は、ご自分に求める者たちに、良いものを与えてくださらないことがあるでしょうか。」マタイの福音書7章11節

説教題:天の父への祈り』   聖 書:マタイの福音書7章7~12節

 『父の日の由来』1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手一つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして、父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。最初の父の日の祝典はその翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われ、1966年アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが6月の第3日曜日を父の日に定めました。というわけで、本日は肉親の父への感謝を表すと共に『天の父』を知り、心から崇め感謝し、改めて祈りに祈って良いものを頂きましょうというメッセージです。

Ⅰ.求めない先から。 私たちの命と日々の生活を思う時、「あなたには、何か、人からもらわなかったものがあるのですか。」(コリント人への手紙第一4・7)のみことばのように、すべてがもらったもの、頂いたものであることに気が付きます。しかも最も大切なものは、お金で買えない重みのあるものです。命そのもの、大気、空気、日光、雨風etc.です。それらは皆、愛なる父なる神が愛の対象として創造して下さった人類への贈り物です。「あなたがたにこれらのものすべてが必要であることは、あなたがたの天の父が知っておられます。」(マタイ6・32)「私たちにすべての物を豊かに与えて楽しませて下さる神」(テモテ第一6・17)からのまさに優れた賜物以外の何ものでもありません。

Ⅱ.求め続けなさい。 父なる神は、そのような中にも、さらなる祝福を注ぎたいと招かれます。「求めなさい。そうすれば与えられます。探しなさい。そうすれば見出します。たたきなさい。そうすれば開かれます。」(マタイ7・7)と。肉親の父親でも自分の子がパンを求めているのに石を与えたり、魚を求めているのに蛇を与えたりはしないでしょう。卵を求めているのにサソリを与えたりもしないでしょう。(ルカ11・11,12)。「このようにあなたがたは悪い者であっても、自分の子どもたちには良いものを与えることを知っているのです。それならなおのこと、天におられるあなたがたの父は、ご自分に求める者たちに、良いものを与えてくださらないことがあるでしょうか。」(マタイ7・11)いえ、絶対にありません。良いものを与えてくださいます。この「良いもの」をルカははっきりと「聖霊」(ルカ11・13)と記しています。「神は良いものだけをお与えになるお方であり、神がお与えになるものは、いつも決まって最善のものです。」「神は私たちをこの上なく愛しておられるので、正しく歩む者に有用有益なものを下さるのです。神は私たちに最善なものが何であるかをご存じですから、その最善のものを与えてくださいます。」(『牧羊者』p.82) そして、この三つの命令はすべて現在形で、「求め続けなさい。探し続けなさい。たたき続けなさい。」との力強いお招きです。継続はまさに「力」そして「祝福」を!

<お知らせ>

▷「母の日」「花の日」そして「父の日」という麗しい行事が教会から、クリスチャンから始められたことに神様を心より崇める者です。

▷願わくは今週と来週とで自宅礼拝を終了でき、7月からまた新たな思いをもって、共に会っての感謝な礼拝をと祈り求めています。お祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 父の日聖日でした。 2021.6/20(日) はコメントを受け付けていません

教会行事では「花の日・子どもの日」です。2021.6/13(日)

≪今週のみ言葉≫

「私たちを通してキリストを知る知識の香りを、いたるところで放ってくださいます。」

コリント人への手紙第二2章14節

   説教題:『キリストの香り』 聖 書:コリント人への手紙第二2章12~17節

6月第2聖日は教会行事としては「花の日・子どもの日」です。1856年、アメリカのマサチューセッツ州の第一ユニバーサリスト教会の、レオナルド牧師が子どもたちを信仰に導くために特別礼拝をしたことが始まりでした。そういうわけで「花の日」を覚えつつ、『牧羊者』カリキュラムでは、本日のテキストと『キリストの香り』とのテーマが選ばれています。わたしたちの教会では2010年より「母の日・花の日合同礼拝」としてドッキングして行うようになりました。

Ⅰ.凱旋行列(14a) この表現は、パウロが古代ローマにおける戦争の勝利の後に行われた凱旋行列(勝利の行進)を念頭において記したものです。凱旋将軍と兵士がローマに帰ってくる際、敵のおびただしい戦利品や鎖につながれた捕虜たちが、その後に続き、それに加えて行列の道の所々には神々にささげる香がたかれて、よい香りが天に立ち上っていたのでした。パウロの福音宣教の戦いは、並大抵のものではありませんでした。しかし、どのような激戦の中にあっても真の凱旋将軍であるキリストが常に勝利を与えて下さり、ゆえに「神はいつでも、私たちをキリストによる凱旋の行列に加え」(14)と記すことができたのでした。

Ⅱ.キリストの香り(14b) 「私たちを通してキリストを知る知識の香りをいたるところで放ってくださいます。」(14b)と確信したのでした。「キリストを知る知識の香り」、これこそ人を救い永遠の命に生かす唯一の香りです。福音そのものを語る時、そこにかぐわしい香りが放たれ、また福音に生きる生き様を通して、福音そのものであられるキリストの香りが漂うのです。<証し>英国で出会った「福音の華(はな)」のような多くの婦人方の中に、ミス イザベル・スタンフィールド先生がおられました。戦前、V・マグラス先生方と、Japan Rescue Missionで奉仕されていましたが、脚を痛められて北アイルランドに戻られました。1976年クリスマスにマグラス先生が「あなたに会ってほしい方がある」と、友人の先生のところに共におじゃましました。狭い台所から居間に入り、私はそこで「主の臨在」を、すなわち「キリストの香り」を感じました。その秘訣はすぐわかりました。その部屋には世界地図が貼ってあり、日本で労するマグラス先生初め、日本伝道隊のための祈りが日毎にささげられているということが一目でわかりました。先生はご自分は宣教師としての道を閉ざされても主に文句を言う訳でもなく、戦友のために日々祈りに身を渡し、また深くキリストと交わっておられたのでした。「キリストの香り」それは従順と信仰と祈りと愛のかぐわしい香りです。生涯忘れることのできないひと時でした。

<お知らせ>

▷6月に入って、香川のコロナ感染者数も一桁に落ち着いています。この様子では7月からの礼拝再開は大丈夫のようで感謝です。

▷7月から、また新しい思いでのスタートです。「主の祈り」が現代版にかわります。もちろんコロナ対策をしながらの礼拝ですが、9:40~10:00、短い時間で教会学校を子どもたちに分かりやすいお話中心に行います。礼拝は10:15~11:15の1時間です。昼食はありません。木曜かえるクラブも再開します。楽しみに祈り備えてまいります。

Posted in 今週のお知らせ | 教会行事では「花の日・子どもの日」です。2021.6/13(日) はコメントを受け付けていません

6月第一聖日、自宅礼拝①です。2021.6/6(日)

≪今週のみ言葉≫

 「主を恐れることは知識の初め。」箴言1章7節

説教題:『知識の初め』   聖 書:箴言1章7~19節

「イスラエルの王、ダビデの子ソロモンの箴言。」(1)とありますが、ソロモンによって書かれたことわざ(格言)は10~19章と25,26章で、本日のテキストの部分は「知恵のある者のことば」(6)で、ソロモンの先生からソロモンが学んだ言葉です。本日の暗唱聖句が、箴言全体の中心聖句と言えます。幼い子どもたちの知識欲は旺盛です。「どうして?」「何これ?」と何でも知りたくて質問攻めです。まさに≪真の知恵≫を教え込む最良のチャンスと言えます。

Ⅰ.愚かな人 「愚か者は心の中で『神はいない』と言う。(詩篇14・1)彼らは腐っていて忌まわしいことを行う。善を行う者はいない。」(同53・1)聖書は神はいないと思い神を信じようとしない人のことを「愚かな人」と言います。この世の知者、学者、博士号を得ている人でも、もしその人が「神はいない。神を信じない」と言えば、それらすべての人々は「愚か者」と断定されるのです。

Ⅱ.賢い人 「結局のところ、もうすべてが聞かされていることだ。神を恐れよ。神の命令を守れ。これが人間にとってすべてである。」(伝道者の書12章13節)「恐れる」と「畏れる」。「恐れる」と記すと、恐怖を覚えるという意味にもとられてしまいますが、現代漢字の中から「畏れる」というのが消えたため残念です。「神を恐れる」とは「神を畏れる」すなわち「畏敬の念を抱く」ことです。神を畏れ、敬い、謙り、従い、神を第一として生きることをあらわしています。そういう者こそが聖書で量る「賢い人」なのです。たとえ貧しくても、たとえ他の知識や知恵に乏しくても、たとえ病弱であっても「賢い人」なのです。しかも『主を恐れることは、知識の初め。』とありますから、これこそが人生の一番大切な土台であるという訳です。この土台の上にこそ堅実な人生、神の栄光を現す人生が建て上げられていくのです。「人は、たとえ全世界を手に入れても、自分のいのちを失ったら何の益があるでしょうか。そのいのちを買い戻すのに、人は何を差し出せばよいのでしょうか。』(マタイ16・26)主を恐れ、主を第一とし、主に従うことによってのみ、人は永遠の命に生かされ、永遠の御国を受け継ぐことができるのですから!賢い者としての歩みを固く致しましょう。

<お知らせ>

▷香川の感染者数が2,000人を超え、県知事浜田さんの示す香川としての緊急事態宣言を重んじて、6月一杯は自宅礼拝ということになりました。会堂での礼拝と木曜かえるクラブを休止しています。

▷しかし、この所感染者数が一桁ということですので、願わくは、7月からの再開を信じ、祈っています。お祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 6月第一聖日、自宅礼拝①です。2021.6/6(日) はコメントを受け付けていません

5月最終礼拝でした。 2021.5/30(日)

≪今週のみ言葉≫

「あなたのみことばは 私の足のともしび 私の道の光です。」詩篇119篇105節

説教題:『みことばに導かれる』   聖 書:詩篇119篇105~112節

本日のテキストはヘブル語アルファベット〔ヌン〕から始まる8行詩です。ヘブル語は右から左へと読みます。(↓ ヘブル語聖書抜粋 参考のため) アルファベット数22×8行で176節という聖書中最も長い箇所です。最短は詩篇117篇で2節です。

Ⅰ.この世の光 5/26㈬20:09は、スーパームーンと太陽と地球が一列に並んだ「皆既月食」でした。赤銅色に輝くスーパームーンの写真が新聞に載っていました。目に見える太陽、月、星、ネオンサイン、蛍光灯や懐中電灯やろうそくやマッチの光等々、恐れと不安な暗闇を照らすこうした光はありがたいものです。しかし、私たちを欲に誘い、道を外させようとする怪しい光が私たちの心を照らすこともありますので、要注意です。「しかし驚くには及びません。サタンでさえ光の御使いに変装します」(コリント人への手紙第二11章14節)とパウロが記している通りです。

Ⅱ.神様の光 本日の暗唱聖句が示す霊的な祝福の光です。詩篇119篇は「神のみ言葉を愛する者の詩篇」です。176節中122節と132節のみ除いて、すべての節の中に「神のみことば」を意味する言葉が入っています。「みおしえ、さとし、道、戒め、仰せ、さばき、おきて、みことば、定め」という、これらの言葉が必ず入っています。

1.あなたのみことばは 私の足のともしび(105)

みことばはともしび、光です。それははるか遠くをサーチライトのように照らすというより、今日歩む一日のため、一歩の為に間違いなく踏み出せるための「足のともしび」なのです。ですから毎朝ごとにみことばを頂く必要があります。

2.私の道の光です(105)。

みことばに照らされた道を安心して歩んでいくことができます。「私は あなたのおきてを行うことに心を傾けます。いつまでも 終りまでも。」(112) すなわち、みことばを「ただ聞くだけの者」となるのではなく、「みことばを行う人になりなさい」(ヤコブ1・22)と

ヤコブは勧めます。「こういう人は、その行いによって祝福されます。」(ヤコブ1・25)

祝福の日々をそして、永遠をみことばに導かれましょう。

<お知らせ>

▷明日には「今月のメッセージ」、「今月のお祈り」、「ヘッダー(藤)」が更新されます。

▷2020年7/5㈰~子どもたちとの合同 1時間の礼拝を守ってきましたが、香川県内(高松市内)のコロナ感染者数の状況を考え、6月の1カ月は、礼拝(CS含む)と木曜かえるクラブを休止し、各自自宅での家庭礼拝ということになりました。各自の信仰、霊性が守られますように。また願わくは7月からの再開をとお祈りして参ります。何よりコロナの速やかな終息をお祈りいたします。

Posted in 今週のお知らせ | 5月最終礼拝でした。 2021.5/30(日) はコメントを受け付けていません

2021年のペンテコステ礼拝でした。 2021.5/23(日)

≪今週のみ言葉≫

「御霊の実は、愛、喜び、平安、寛容、親切、善意、誠実、柔和、自制です。」ガラテヤ5章22,23節

説教題:『豊かに実を結ぶ』

聖 書:ガラテヤ5章16~26節

キリスト教会の三大祭、クリスマス、イースター、ペンテコステのうちの第3番目、ペンテコステ(聖霊降臨)記念日を迎えました。おめでとうございます!コロナ渦中で、イースターに続いて喜ばしくこの記念日を覚え、大いに上からの励ましと力を頂いて前進したく祈ります。

Ⅰ.いのちの御霊が降(くだ)った (使徒の働き2・1~4)。

「五旬節の日になって」(11)キリスト復活後の顕現40日プラス聖霊待望祈祷の10日間で、復活後50日目のことでした。「父の約束」(1・4)の聖霊、キリストの御霊が天から、祈り待ち望んでいた120人ほどの人々(1・14)の上に注がれ、「一人ひとりの上にとどまった」(2・3)のでした。「炎のよう」に、内なる汚れ、肉なるものを焼き尽くし、キリストを大胆に証しする「舌」が与えられ、まさに彼らは「力を受けま」した。(1・8)。それは、ギリシャ語で<デュナミス>=<ダイナマイトの力>でした。億怯な使徒たちは、俄然キリストの「証人」(1・8)。すなわちギリシャ語で<マルトス>、英語で<martyr マーター>『殉教者』と造り上げられたのでした。その日、ペテロのいのちの御霊に押し出されての説教の前に、魂を深く刺され、悔改めて十字架と復活の主を信じた人々が、3000人ほど起こされ、ペンテコステの実として地上の教会が誕生し、今なお、私たちは聖霊時代、教会時代に生かされているのです。

Ⅱ.いのちの御霊が結ぶ実 (ガラテヤ5・22~23)

「肉のわざは明らかです。」と、ガラテヤ5・19~21に、そのリストが列挙されています。しかしその肉を、情と欲と共にキリストの十字架につけた者にして(5・24)、初めて、麗しい「御霊の実」が結ばれます。すべての実の前に<キリストの>をつけると全くピッタリきます。次のようにまとめる方もあります。①御霊の姿(Portrait ポートレート)が「愛、喜び、平安」。②御霊の働き(Project プロジェクト)が「寛容、親切、善意」。③御霊の目的(Purpose パーパス)が「誠実、柔和、自制」と。また次のような解説も味わい深いです。結ばれる実は『愛(アガペー)』です。そして「喜び」は、愛が喜んでいる姿、「平安」は愛が休息している姿、「寛容」は愛が長く苦しみ忍んでいる姿、「親切」は愛が触れている姿、「善意」は愛が行動している姿、「誠実」は愛が信じている姿、「柔和」は愛が優しくかがみこむ姿、「自制」は愛が耐えている姿ですと。いずれにしても、ただいのちの御霊によってのみ、こうした豊かな実が結ばれるのです。日々、聖霊を祈り求め、満たされ、実を結ぶものとして生かされましょう。

<お知らせ>

▷2021年のペンテコステ、心よりおめでとうございます!初めてのペンテコステの日、風のように、炎のように、舌のように、祈っていた120名ばかりの人々に降った聖霊なる第三位の神!そのダイナマイトの力で「主の証人」が誕生しました!

▷「父はもう一人の助け主をお与えくださり、その助け主がいつまでも、あなたがたとともにいるようにしてくださいます。」(ヨハネ14・16)との主イエスの約束通り、今も信じる者たちと共におられて、「いのちのわざ」をなし続けていて下さいます。

▷聖歌隊賛美や「ペンテコステクッキー」はありませんが、この春デザインカレッジに入学した姉妹により「ペンテコステ記念カード」が作成されました。

▷コロナ禍、ワクチン禍の中も『祈って』勝ち進み、神に栄光を帰する教会でありますように!

Posted in 今週のお知らせ | 2021年のペンテコステ礼拝でした。 2021.5/23(日) はコメントを受け付けていません