『父からの声』レント・メッセージ④でした。2017.3/26㈰

≪今週のみ言葉≫
すると天から声があった。「わたしはすでに栄光をあらわした。そして、更にそれをあらわすであろう」。
ヨハネ12章28節

イエス様の33年のご生涯の中で鳴り響いた天からの声、父からの声が3回ありました。
1度はイエス様の洗礼の時、2度目は変貌山で、そしてきょうのところが3度目のところです。群衆の耳には「雷がなったのだ」とか、「御使いが彼に話しかけたのだ」というふうに聞こえたと記されています。イエス様は十字架を目の前に置いておられましたが、地上的、人間的には「人気絶頂」の時でした。しかし真の栄光とは、父なる神のみ旨に従って、一粒の麦となって地上に落ちて死ぬこと、すなわち十字架の死こそが、それだと話されたのでした。十字架こそが更なる栄光だったのです。

<お知らせ>
▷早いもので、この週の金曜日で、3月も終ります。よい年度末、そして年度始めを共々にお迎えできますようお祈り致します。
▷「今月のメッセージ」「4月のお祈り」「ヘッダー」(桜とめじろ)が更新されます。
▷3/31㈮、教会学校の春のお楽しみデイ・キャンプが五色台病院のセラピーガーデンでもたれます。
おいしい手作りピザを食べたり、ポニー(小馬)に乗ったりして楽しみます♪
大人・こども合わせて23人の参加です。

Posted in 今週のお知らせ | 『父からの声』レント・メッセージ④でした。2017.3/26㈰ はコメントを受け付けていません。

「春分の日」を迎えます。2017.3/19㈰

≪今週のみ言葉≫
「人の子がきたのは、失われたものを尋ね出して救うためである」。ルカ19章10節

20日㈪㈷は昼と夜の長さが同じ、そして明るい暖かな季節を迎えます。感謝です。
エリコという豊かで重要な町の取税人のかしら ザアカイと聞くと、立派に響くかもしれませんが、実は彼は寂しい人だったのです。劣等感のかたまり―それは背が低いというわけで―そこをバネにして人を見下げようと、不正な取り立てをして大金持ちとなり、取税人のかしらに成り上がりました!しかし誰も親身に近寄ってはくれません。そこにイエス様がエリコに入られると聞き、興味津々のザアカイでしたが、群衆にさえぎられて見えません。いちじく桑の木に登り、葉の間から目を凝らしてイエス様を見つめました。するとザアカイのいるすぐ下にイエス様は立ち止まって、上を見上げ、「ザアカイよ、急いで降りてきなさい。今晩わたしはあなたの家に泊まることにしているから」と言われ、あまりの驚きに転がるように木から降りて、イエス様を家に迎え入れました。
それだけでなく、イエス様を目の前にして、ザアカイは悔改めの心が起こりました。彼の心に一大変化が起こって新しい出発となったのでした。「償いと施し」の行為により果を結びました。失われていたザアカイはイエス様によって捜し出され、救われたのでした!
<正くん、清くん>という名前の意味通りの新しい人とされました。

<お知らせ>
▷ご卒園、小学校、中学校、高校、大学ご卒業おめでとうございます!
わたしたちの教会学校では「春のお楽しみデイ・キャンプ」を五色台セラピーガーデンで3/31㈮に行います。
▷今年のイースターは、4/16です。
その日、教会学校のお友達の入学進級お祝いの時を持ちます。プレゼントもあります!

Posted in 今週のお知らせ | 「春分の日」を迎えます。2017.3/19㈰ はコメントを受け付けていません。

三寒四温、春はすぐそこ!2017.3/12(日)

<今週のみ言葉>

「これはわたしの子、わたしの選んだ者である。これに聞け」。ルカ9章35節

天からの父なる神の声、今回は雲の中からの父なる神の声が響きました。これで2度目です。3度目はヨハネ12章28節に出てきます。「イエス・キリストとは一体誰なのか?」この質問に対して洗礼式の場面で、そして今回は姿変わりの山での場面で、『生ける神の子キリスト』としての栄光が現わされました。イエス様が祈っておられる間に、み顔の様が変わり、み衣がまばゆいほどに白く輝きました。イエス様が祈っておられた間、夢うつつだった3人の弟子たち、ペテロ、ヨハネ、ヤコブの目がぱっちり開かれてそのイエス様の栄光のお姿を目撃しました!しかもモーセとエリヤがあらわれ、イエス様と3人で、イエス様がエルサレムで遂げようとする最後について話し合っているではありませんか!ペテロが「小屋を三つ建てましょう」と、自分でも何を言っているのかわからないで言っている間に、雲がわき起こって、弟子たちは恐れました。その雲の中からこのみ言葉が聞こえたのでした!イエス様は神の子、神に選ばれたお方、その栄光は輝くばかり!このお方に聞いて歩めば、絶対にまちがいはありません。

<お知らせ>

▷ 昨日(3/11)は東北震災から丸6年の記念日でした。まだまだ悲しみは癒されません。ただ、神様の憐みと慰めとを祈るのみです。支援される方々のためにもお祈りいたします。

▷ 『百万人の福音』4月号の、「この町この教会」ページに高松新生教会が掲載されています!感謝です♪

Posted in 今週のお知らせ | 三寒四温、春はすぐそこ!2017.3/12(日) はコメントを受け付けていません。

聖餐式礼拝でした。2017.3/5(日)

「あなたはわたしの愛する子、わたしの心にかなう者である。」 ルカ3章22節

3/1(水)が灰の水曜日でした。この日から4/15(土)イースター聖日前日までが、受難節(レント)です。「灰」はユダヤ人にとっては悔改めの表徴です。救主イエス・キリストの十字架を偲び、悔改めの心をもって過ごす期間です。そこでこのレント・メッセージでは、父なる神と子なる神の関係に光を当てたいと思います。今週のみ言葉は、イエス様が、バプテスマのヨハネから洗礼を受けられたあと、祈っていると天が開け、聖霊がはとのように降られ、「天からの声」があった、その「天からの声」です。父なる神がご自分の心にかなう者、愛する子として、イエス様にかけられたお声でした。イエス様がいかに父なる神より信任されておられたか、バプテスマのヨハネにも民衆にも明らかにされました。イエス・キリストを信じる者にも、このように父なる神は語りかけていて下さいます。

<お知らせ>

▷今年の復活祭(イースター)は4/16(日)です。わたしたちの教会にも、諸教会にもイエス・キリストを救主と信じて洗礼を受ける方々が起こされますように!

▷3/10(金)は、関西聖書神学校の第87回卒業式が明石人丸教会にて行われ、小野牧師は列席します。続く献身者がさらに起こされますように!

 

Posted in 今週のお知らせ | 聖餐式礼拝でした。2017.3/5(日) はコメントを受け付けていません。

2月最終聖日でした。2017.2/26(日)

≪今週のみ言葉≫
「御霊はすべてのものをきわめ、神の深みまでもきわめるのだからである」。Ⅰコリント2章10節

今は空中をさまざまな周波数で電波の飛び交う時代です。この表現はプロの方、科学者の方からすれば幼稚な表現であるかもしれません。ラジオ、テレビ、パソコン、メールと当たり前の時代ですが、考えてみれば不思議というものです。それ以上に奇しいお働きをされる方が『神の御霊』です。イエス・キリスト様が十字架上であがないをなしとげ、復活後40日目に天に帰られ、父から聖霊(神の御霊)の賜物を受けられ弟子たちが祈り待ち望む中10日目に地上に聖霊が注がれたのでした。
聖霊降臨(ペンテコステ)の記念日です。聖霊に満たされたペテロがイエス・キリストこそ救い主と大胆に語り、救われよとの勧めに3000人の人々が悔い改めて救われ、ここに地上の教会が誕生しました。信じる人は「聖霊の官」です。聖霊なる神のお働きによってのみ、罪がわかり、救いがわかり神のみ思いを知って永遠の御国へと導かれていけるのです。目には見えないこのお方の助けにより、日々喜んで神のみ心の内を歩めるのはなんと幸いでしょう!

<お知らせ>
▷今年の2月は28日㈫で終り、水曜日は3/1です。灰の水曜日と言われこの日から4/15(土)まで四旬節、受難節、レントです。今月のメッセージ、3月のお祈り、ヘッダーが更新されます。写真は栗林公園梅林の「梅の花」です。
▷よい年度末の3月となり、新年度への備えが祝福されますように!

Posted in 今週のお知らせ | 2月最終聖日でした。2017.2/26(日) はコメントを受け付けていません。