十字架上の第六言の預言メッセージでした。2019.3/17㈰

<<今週のみ言葉>>

「主がなされたその救をのちに生れる民にのべ伝えるでしょう」。    詩篇22篇31節      「すべてが終った」   ヨハネ19章30節

「主がなされたその救を」(文語訳は「こは主の行為(みわざ)なり」)は、「主の事が終った」と翻訳することができる言語で、主が十字架上で、「すべてが終った」と宣言されたのは、多分このことばを想起されてのことであろう。〔B・F・バックストン『詩篇の霊的思想』より〕詩篇22篇はまさに「十字架の詩篇」と呼ばれるにふさわしいものです。「すべてが終った」とは、全人類の贖いのわざが「完了した」(新改訳2017)との主イエスの叫びでした。まさに全宇宙にひびけと言わんばかりの叫びでした!今や、自分の罪で死ぬ人は誰一人いません。この身代わりの死をとげて死を滅ぼして、命によみがえられたキリストを信じない人が永遠の死を迎えるのです。不信仰な者でなく、信じて、命に生きる者とされましょう。

<お知らせ>

 ▷本日は礼拝後、「青年お祝い会」です。卒業、合格、入学、誕生etc.のお祝いが祝福に満ちた時でありますように!

 ▷本日、16:00~18:00第34回ゴスペル・カフェです。これもまた「お祝い」の色濃いものとなります。こちらはどなたでも自由にご参加下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 十字架上の第六言の預言メッセージでした。2019.3/17㈰ はコメントを受け付けていません。

3/6(水)(灰の水曜日)から今年の受難節(四旬節・レント)に入りました。2019.3/10(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしの力は陶器の破片のようにかわき、わたしの舌はあごにつく」。詩篇22篇15節

詩篇22篇は「十字架の詩篇」であり、ダビデが記した預言というよりは、十字架の目撃者がその時の様子を書き留めたと言ってもうなづけるような内容です。 「わたしの力は陶器の破片のようにかわき」を、ヘブル語から直訳をされた青木澄十郎先生は、「わが唾液は瓦片の如くに乾き」と訳され、「少し無理かも知れぬが、意味がよく通る」としるしておられます。この15節はまさに主イエスが十字架上の第5言として「わたしは、かわく」(ヨハネ19・28)と言われた時に成就したのでした。 「かわき」は陰府・地獄において経験するものであることを、イエス様は金持ちとラザロの話の中で語っておられます(ルカ16・24)。御父に捨てられ、「わが神、わが神、どうしてわたしをお見捨てになったのですか」(マタイ27・46)と叫ばれた主イエスは、その神との断絶という地獄の中でかわかれたことが分かります。肉体のかわきと共に、霊的なかわきを今も主は語り続けておられると解説される方があります。主は<わたしたちの愛と信仰と従順と、そして救われるべき魂のためにかわいておられる>と。味わうべきことだと思います。

<お知らせ>

▷次週3/17㈰礼拝が終って、「青年お祝い会」を「瀬し香」にて行います。もろもろのお祝いをし、良い交わりと励ましの時となりますように祈っています。

▷卒業を迎えられた方々に、神様の祝福をお祈りし、新しい歩みが続いて神様に守られ導かれ祝福されますようお祈り致します。聖日礼拝を厳守して、主としっかりつながり続けて下さい!

Posted in 今週のお知らせ | 3/6(水)(灰の水曜日)から今年の受難節(四旬節・レント)に入りました。2019.3/10(日) はコメントを受け付けていません。

3月聖餐式礼拝でした。2019.3/3(日)

≪今週のみ言葉≫

「わが神、わが神、なにゆえ私を捨てられるのですか」。詩篇22篇1節

<詩篇に見る十字架預言>として、キリストの十字架上の七言のうち、第四言、第五言、第六言、第七言をまずは見たいと思います。今日のみ言葉は、七言のうちのまん中にある第四言のみ言葉です。どのみ言葉も重要ですが、特にこの第四言こそは、なくてはならない「贖いの土台」ともいえるみ言葉です。まさに「十字架の奥義」です。「奥義」「ミステリー」「秘密」「極秘」です。このキリストの叫びによって、主がまちがいなく、神からの断絶を経験されたことがわかるからです。全人類の罪を負ってのろわれて下さって、神から捨てられて、『断絶』されたことを証しする言葉です。これこそが『死の実体』でした。ですから、キリストの身代わりの死を信じる者は「もう捨てられない存在」とされるのです!

この悲惨極まる中にも、わたしたちは「キリストの神への絶対信頼」を見るのです。この場に及んでも神のみ言葉(詩篇22・1)を、神に向かって叫び、もはや「父」とは呼べずとも、「わが神、わが神」とどこまでも神に信頼しておられました。極限の中からの神への信頼、それは魂の勝利でした。

<お知らせ>

▷3/17(日)礼拝後には、「青年お祝い会」を瀬し香にて行います。もろもろのお祝いです。3/10(日)までに参加者を募集します。 同じ日、16:00~18:00第34回ゴスペルカフェです。どなたも大歓迎!

Posted in 今週のお知らせ | 3月聖餐式礼拝でした。2019.3/3(日) はコメントを受け付けていません。

2月最終の聖日礼拝でした。2019.2/24(日)

≪今週のみ言葉≫

「地震の後に火があったが、火の中にも主はおられなかった。火の後に静かな細い声が聞えた」。

列王紀上19章12節

聖歌253番「めぐみあふるる」の4節には次のようにあります。 ♪火をよびくだし 雨を降らしし エリヤもわれと同じ人なり 昔も今も変わりなき 主はわが祈りにも かならずこたえん。♪

これは列王紀上18章のエリヤの神によるみわざを歌ったものです。まさに「火をよびくだし雨を降らし」たのは、エリヤではありましたが、「神のわざ」であったのでした。「エリヤはわたしたちと同じ人間であったが」(ヤコブ5章17節)とヤコブも、エリヤを通してなされた神のわざを記しています。 今週のエリヤはまさに「人間エリヤ」であり、王妃イゼベルの言葉に恐れおののき、自分の死まで求めて神に叫びました。エリヤを最もよく知られる神が、エリヤに必要な食物と睡眠を与えられ、40日40夜行って、神の山 啓示の山ホレブに来ました。そこで神はエリヤに顕われられました。強風や地震や火という激しい現象の中でなく、「静かな細い声」「かすかな細き声」(新改訳)をもって現われ語られ、エリヤに再び後継者を立てるという使命をさずけられました。神はしばしば「静かな細い声」をもって語られ導かれます。静まって、御声に聴きましょう。

<お知らせ>

▷2月は「逃げる」。早くも3月を迎えます。3/1(金)には「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(沈丁花)」が更新されます。

▷年度の締めくくりが祝福され、信仰によって4月からの新しい年度に踏み出しましょう!

▷様々に生活環境の変わる方々の上に、主の守りと祝福をお祈り致します。

Posted in 今週のお知らせ | 2月最終の聖日礼拝でした。2019.2/24(日) はコメントを受け付けていません。

『祈りの力』と題してのメッセージでした。2019.2/17(日)

≪今週のみ言葉≫

「義人の祈は、大いに力があり、効果のあるものである」。ヤコブ5章16

先週は『火をもって答える神』と題して、バアル神に対抗した真の神の預言者、エリヤの胸のすくような姿を見ました。今回は雨を降らしたエリヤの姿です。

人々はバアルを、特に雨や嵐の神だと見ていたのでした。しかし、この度の「干ばつ」は、バアル神を信じる者たちにとっては何だったのでしょうか!?そして、エリヤの祈りによって降り出した大雨もしかりでした。バアルではない。エリヤの神、イスラエルのまことの神が恐るべき「干ばつ」を、「大雨」を送られたのでした。この自然界の全分野を支配されるのが神なのである。実に「主が神である。主が神である」のです。

しかも神はこの偉大なわざを「人を通して」「人をパイプとして」行われたく思っておられるのです。祈りの力はみことばの約束と確信から来ます。「主の言葉がエリヤに臨んだ」と繰り返されています。さらには神のみに期待して執拗に祈ることです。6度まで期待は外れましたが、更に祈り、7度目に手ほどの雲、そしてさらには大雨となりました。≪祈って神に働いて頂く≫なんと雄大な、楽しみな世界でしょう!祈りの効果をたくさん経験させて頂きたいものです。

<お知らせ>

本日16:00~18:00、第33回ゴスペルカフェです。若い魂への伝道の時となりますように!どなたも大歓迎です。

Posted in 今週のお知らせ | 『祈りの力』と題してのメッセージでした。2019.2/17(日) はコメントを受け付けていません。