Ⅰテサロニケ5・5「光の子として」でした。2018.4/22(日)

《今週のみ言葉》

「あなたがたはみな光の子であり、昼の子なのである」。 Ⅰテサロニケ5章5節

4/8(日)召天者合同記念礼拝にて、Ⅰテサロニケ4章13~18節より『復活の希望』と題してお話しました。そこから続いて、Ⅰテサロニケ5章より今週と来週とお話します。パウロが記した13通の手紙の中で、このⅠテサロニケの手紙が最初に記されたものとされています。AⅮ.51年頃でしたから、昇天されたキリストが、『またおいでになる』(使徒1・11)とのメッセージが、パウロを初め信じる人々の心に強烈に刻まれていたことでしょう。Ⅰテサロニケには、1章から5章、すべてにわたって「キリストの再臨」が記されているほどです。では、その時はいつなのか?その日、すなわち「主の日」は、「盗人が夜くるようにくる」(5・2)とあります。暗やみの中にいる夜の者にはまさに不意打ちのようにくるさばきですが、光なるキリストを信じる光の子、昼の子にとっては、そうではありません。いつも目をさまし、慎み、光の中を歩き続ける中で、その日を恵みの時、喜びの日として迎えることができるのです。

<お知らせ>

▷4/30(月・祝)教区青年宣教大会、SPRING JYAM(スプリングジャム)に多くの若者が徳島栄光教会に集えますようにお祈り下さい。

▷5/2(水)~4(金・祝)、第84回塩屋聖会が明石人丸教会で行われます。霊の恵みのゴールデンウイークです!主講師は竿代照夫先生です。多くの方々が霊の恵みを慕って集われますように!!

Posted in 今週のお知らせ | Ⅰテサロニケ5・5「光の子として」でした。2018.4/22(日) はコメントを受け付けていません。

春の歓迎礼拝でした。2018.4/15(日)

≪今週のみ言葉≫

「敵を愛し、迫害する者のために祈れ。こうして天にいますあなたがたの父の子となるためである」。マタイ5章44、45節

マタイ5章、6章、7章はイエス様が山の上で群衆や弟子たちに語られた「山上の説教」と言われるもので、「天国の憲法」とも言われます。特に今日のテキストであるマタイ5・43~48は中心的な有名な箇所です。いわば本質的なキリスト教の実践であってたいがいの人は、これがイエスの教えであると知っているところです。

「神は愛である」(Ⅰヨハネ4・8、16)。これが天の父なる神の性質そのものです。『隣り人を愛し敵を憎め』とはユダヤ教の律法にあるところですがイエス様は「敵を愛し、迫害する者のために祈れ」と教え、またご自身が十字架上でそれを実践されました。このキリストを心に迎えて初めてできるみ言葉であり、そうする者たちこそ神のかたちにかたどってつくられた人であって、その神、天の父の子として真に生かされるのです。

<お知らせ>

▷本日は初めての方々、求道中の方々をお迎えしての「歓迎礼拝」でした。春と秋、年2回行われ、どうしてクリスチャンになったのかのお話があります。

▷4/30(月祝)教区Spring JYAM(スプリングジャム)が行われます。徳島栄光教会にて、賛美、あかし、メッセージ、バーベキュー、お楽しみ教区オリンピックなど。教区8教会から多くの学生たち、若者たちが集って恵みの一日となりますように、またよい出会いの時となりますようにお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 春の歓迎礼拝でした。2018.4/15(日) はコメントを受け付けていません。

召天者合同記念聖餐式礼拝でした。 2018.4/8(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしたちが信じているように、イエスが死んで復活されたからには、同様に神はイエスにあって眠っている人々をも、イエスと一緒に導き出して下さるであろう」。 Ⅰテサロニケ4章14節

わたしたちの教会では、イースター礼拝の聖日の翌週に「召天者合同記念礼拝」を行います。キリストの、死人の中からの復活を心より感謝し、喜び祝い、続いて、信じる者たちをも、必ずや同じように復活させて下さるという大いなる希望と信仰を堅くして頂きます。この『復活信仰』こそ、『希望の中の希望』です!

罪の中に死んでいた者が、イエス・キリストの身代わりの十字架と復活を信じて、まずは魂(心)が新しく生まれ変わらせて頂けます。これを救いと言います。罪から、永遠の滅びからの救いです。それはまさに神わざです。ですからやがての身体のよみがえり(復活)も当然のように信じられるのです。キリストを信じて眠る者たちは、キリストの再臨の時すべて復活にあずかり必ずや再会します!もちろん愛するイエスと顔と顔とを合わせ感謝にあふれこの主と永遠を共にすごすというとてつもない希望!まさにグッド・ニュース!福音です!

<お知らせ>

▷次週4/15㈰10:15~は初めての方々や神様を知りたいと願っておられる方々をお招きしての「歓迎礼拝」です。「私はこのようにしてクリスチャンになりました」というお話、初めての方にもわかりやすい聖書のお話があります。お祈り下さい、お誘い合わせ御出席下さい。お待ちしています。

Posted in 今週のお知らせ | 召天者合同記念聖餐式礼拝でした。 2018.4/8(日) はコメントを受け付けていません。

ハレルヤ!イースターおめでとうございます! 2018.4/1(日)

≪今週のみ言葉≫

「もうここにはおられない。かねて言われたとおりに、よみがえられたのである」。 マタイ28章6節

復活の春です!!!イエス・キリストを死人の中からよみがえらせた聖書の神は、創造の神、復活の神です。ハレルヤ!!!「かねて言われたとおりに」という聖句が強く心に響いてきました。ペテロが「あなたこそ、生ける神の子キリストです」(マタイ16,16)との重大な信仰告白をした、その時から、キリストは語り初められました。「わたしは祭司長、長老、律法学者たちに捕えられ、殺される。しかし三日目によみがえる」と。その後、ガリラヤで、エルサレムに入る前に、最後に二階座敷でと、共観福音書にはそれぞれ4回もこの預言がされています。弟子たちの耳と心には「殺される」という言葉しか残らなかったようです。弟子たちは、たとい主と共に死ぬようなことがあっても、あなたを知らないなどとは言いませんと言いつつも、ペテロは主の予言通り「知らない、知らない、知らない、」と3度も主を否みました。ペテロだけに限ったことではありません。他の弟子たちも、また今、クリスチャンであるわたしたちとてあやういことです。しかし!!!キリストは、『かねて言われたとおりによみがえられた』のです!!!何という力強いメッセージでしょう!キリストは今も生きて信仰者と共にいて下さいます。ハレルヤ!

<お知らせ>

▷本日14:00~高松田村町教会にて、第2回、3教会合同賛美集会です♪復活の主を大いにたたえます♪

▷本日「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダーれんげ畑にミツバチ!」更新されています。4月の月の祝福をお祈りします。

Posted in 今週のお知らせ | ハレルヤ!イースターおめでとうございます! 2018.4/1(日) はコメントを受け付けていません。

受難週礼拝でした(パームサンデー)でした。2018.3/25(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしはかわく」 「すべてが終わった」   ヨハネ19章28.30節

『キリストの愛に応えて③』

今日のみ言葉は、十字架上で発せられた救い主イエス・キリストの第5言と第6言です。 「わたしはかわく」とは聖書が全うされるためであったとあります。ここで初めて肉体のかわきを叫ばれました。まさに、主は「人」として渇かれたのでした。 人々は、ぶどう酒を含ませた海綿をヒソプの茎に結びつけてイエスの口元にさし出すと、イエスはそのぶどう酒を受けて、「すべてが終わった」と言われ、首をたれて息をひきとられました。ヒソプ、それはかつて過越しの夜の前にエジプトにいたイスラエルの民が一束のヒソプを鉢の血に浸し、かもいと入口の2つの柱につけたことを思い起こさせます。まさにイエスこそ「過越の子羊」であられ、ついに全人類の贖いが「完了した」のでした! 記者ヨハネは、その愛に応えて、イエスを埋葬したアリマタヤのヨセフとニコデモについて記します。多くを教えらえる感動的な場面です。

<お知らせ>

▷次週は『復活祭・イースター』10:15~ 大人も子どもも合同の礼拝です。子どもたちの進級のお祝いのお祈りとプレゼントがあります。どなたも大歓迎!

▷午後2時から高松田村町教会にて3教会合同賛美集会です。どなたも大歓迎!

Posted in 今週のお知らせ | Leave a comment