アドベント(待降節)礼拝でした。2022.12/4(日)

≪今週のみ言葉≫

「すべての人を照らすそのまことの光が、世に来ようとしていた。」
ヨハネの福音書1章9節
11月27日㈰から「待降節(アドベント)」に入っています。世に「師走」と言われる忙しい時期であり、日の短い「冬至」の時期です。そのような時、『まことの光』としてこられた救い主の聖降誕を迎えることは、大きな慰め、喜び、希望です。神を知らない、信じない人の心は闇であり、そのような人々の住まう地上はまさに闇の世です。「光」は明るさ、暖かさ、安らぎ、喜び、希望の源です。今、このような時代であればこそ、「真の光なる救い主イエス・キリスト」を証ししていきたいものです。                                 
 Ⅰ.ことば(ロゴス)なるキリスト
「初めにことばがあった、ことばは神とともにあった。ことばは神であった。」(1)ヨハネの福音書の始まりは旧約聖書、創世記の初めのようです。「はじめに神が天と地を創造された。」(創世記1・1)新約聖書はギリシャ語で書かれたものでした。ギリシャ語で、ここにある「ことば」を「ロゴス」と言います。日本語で「言葉」と言ったら何かの意味を表わすために、口で発音したり文字で書いたりするものという意味くらいです。しかしギリシャ語の「ロゴス」という単語で辞書を見ると、ものすごく沢山の意味が記してあるそうです。「言葉/言語/話/真理/真実/意味/事実/説明/理由/文字/口/声/名声/原因/自然/物質/精神/思考内容/熱意/計算・・・」といった感じで、全部でなんと50個以上もの意味が「ロゴス」にはあるのです。」と『牧羊者』P.69に記されていて驚きました。実はその実態なるお方がイエス・キリストなのです。
Ⅱ.光なるキリスト
「この方にはいのちがあった。このいのちは人の光であった。光は闇の中に輝いている。闇はこれに打ち勝たなかった。」(4、5)初めからおられたお方が、創造のわざをなさえたお方であり、すべてのものがそのお方によって造られたとあります。そしてこの方にあるいのちは人の光であると。ヨハネは福音書の中に、光を与えたイエスの業を二つ記しました。一つは8章で「姦淫の場でつかまえられた女」、もう一つは9章で「生まれつき目の見えない人」の出来事です。8章1~11節が出来事ですが、12節が大いなる締めくくりのみことばです。「わたしは世の光です。わたしに従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持ちます。」罪の場で捕らえられた婦人は当然まばゆい光の中にさらされましたが、訴えた人々の心にもキリストの光は突き刺さりました。しかし、主はその女を赦されたのでした。「しかし、この方を受け入れた人々、すなわち、その名を信じた人々には神の子どもとなる特権をお与えになった。」(12)
<たといだれであっても、謙虚にキリストを知り、この世界の主、また自分の救い主として受け入れる人は、神が恵みによって、神の子どもとしての特権を与えて下さいます。>(『牧羊者』P.72)まさに特権の中の最大特権です!

<お知らせ>

▷当教会ホームページは開設より12/1(木)で満11周年を迎えました。主の導きと多くの方々のご協力、ご支援に感謝です!まことの神様を未だご存じない方々のためになお力強く用いて頂けますように!

▷本日は16:00~16:30「クリスマス・イルミネーション点灯式礼拝」を教育館前にて行います。その日から、2023年1月14日(土)まで、毎日、17:00~22:00、美しく輝きます。「世の光、まことの光、いのちの光なるキリスト」を一人でも多くの方々に知って、信じて、永遠の命にあずかって頂きたいです。

Posted in 今週のお知らせ | アドベント(待降節)礼拝でした。2022.12/4(日) はコメントを受け付けていません

11月最終、収穫感謝礼拝でした。 2022.11/27(日)

≪今週のみ言葉≫

   「彼とともにいる者よりも大いなる方が、私たちとともにいてくださるからである。」歴代誌第二32章7節

 説教題: 『大いなる神の守り』  聖書:歴代誌第二32章9~22節

                                

 分裂王国の北王国10部族には19人の王が立てられ、悪王が多く、南王国2部族には20人の王が立てられ、善王が多くいました。本日のヒゼキヤ王は、その第13番目の王であり、「25歳で王となり、エルサレムで29年間、王であった。」(29・1、B.C.715~686)王様です。本日のアッシリアからの攻撃と危機は、B.C.701年のことでしたからヒゼキヤが40歳、即位半ばのことでした。「彼は、すべて父祖ダビデが行ったとおりに、主の目にかなうことを行った。」(29・2)とあり、神殿を、そして祭司やレビ人を整え、真実に宗教改革を行いました。「これらの真実なことが行われた後、アッシリアの王センナケリブが来て、ユダに入り、城壁のある町々に対して陣を敷いた。それらを攻め取ろうと考えたのである。」(32・1)このできごとはユダ王国にとってバビロン捕囚以前の最大の脅威でした。

Ⅰ.敵アッシリアの脅迫 ヒゼキヤ王の即位から第14年目B.C.701年、アッシリアの王センナケリブがユダを攻め取ろうと入ってきました。代表の家来はラブシャケ(列王第二18・17)で、彼はユダの民を脅しました。ヒゼキヤを信じるな、頼みとするな。イスラエルの神を信じるな、頼みとするな。どの国の神々がわれわれの手から救い出すことができたか、現にB.C.722年には北王国が滅ぼされていました。このようにイスラエルの神を、人の作った神々と同等に扱い、侮ったのでした。民にもよく分かるように、ユダの言葉(方言)で語り、民を恐れさせました。センナケリブは、ラブシャケに手紙を託してイスラエルの神、主を侮辱し、主に逆らうのでした。これらはみな神の民の信仰を弱らせ、奪ってしまおうとするサタンの手口です。

Ⅱ.ヒゼキヤの信仰と神による大勝利 ヒゼキヤは、神を信じる信仰によって、また高官たちや勇士たちの支持のもとにセンナケリブからの挑戦に立ち向かいました。水を塞ぐこと、城壁を築いて町を堅固にすること、大量の投げ槍や盾を作ることによってでした。更には民の上に隊長たちを立て、町の門の広場に召集し激励しました。「強くあれ。雄々しくあれ。アッシリアの王や、彼とともいるすべての大軍を恐れてはならない。おののいてはならない。彼とともにいる者よりも大いなる方が、私たちとともにいてくださるからである。」(7)。さらにヒゼキヤは、宮廷長官、書記、年長の祭司たちに粗布を身にまとわせて、預言者であるアモツの子イザヤのところに遣わしました。(イザヤ37・1,2)。ヒゼキヤ自らも粗布をまとって主の宮に入り、「ヒゼキヤは使者の手からその手紙(アッシリアの王からの)を受け取って読み、主の宮に上って行き、それを主の前に広げた。ヒゼキヤは主に祈った。」(イザヤ37・14,15)イザヤとヒゼキヤは、あいまみえることはありませんでしたが、心一つに、イザヤに語られた預言(イザヤ37・6~7)の通りになるように祈りました。「主は御使いを遣わして、アッシリアの陣営にいるすべての勇士、指揮官、隊長を全滅させた」(21)のでした。その数、実に18万5千人という大軍でした!信仰と祈りによる大勝利でした!【エペソ人への手紙3章20、21節】

<お知らせ>

▶今週木曜日から、今年も早くも12月、生誕月に入ります

 「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(ブーゲンビリア)」が更新されます。

▶ 恵みのアドベントを過ごせますように。

 12/4㈰次週、16:00~16:30、恒例のイルミネーション点灯式礼拝を行います。その日から17:00~22:00、闇夜に美しいイルミネーションが輝きます。道行く人々、近隣の人々の心に神の愛の光が届きますよう、祈ります。

Posted in 今週のお知らせ | 11月最終、収穫感謝礼拝でした。 2022.11/27(日) はコメントを受け付けていません

いよいよアドベント・クリスマス準備に入ります。 2022.11/20(日)

≪今週のみ言葉≫

   「愚か者には自分の歩みがまっすぐに見える。しかし、知恵のある者は忠告を聞き入れる。」箴言12章15節

 説教題: 『従う心の祝福』  聖書:列王記第一12章1~19節

 イスラエル王国 初代の王サウルの治世40年、第二代の王ダビデの治世40年、第三代の王ソロモンの治世40年。世界から注目を浴びてきたのでしたが、残念なことにソロモン王の死後、王国は二つに分裂してしましました。北の10部族と南の2部族でした。一番の原因は列王記第一11章1~13節にあるソロモン王の不従順でした。賢い王が愚かな王になってしまったのでした。最後にはソロモン王は悔い改めて「伝道者の書」を書いたと言われていますが。

Ⅰ.愚かな王と愚かな息子 「栄華をきわめたソロモン王」(マタイ6・29)、その建てた神殿、生活を目の当たりにした南の女王、シバの女王は「息も止まるばかり」(列王記第一10章4,5節)になりました。そのソロモンは晩年には王妃700人、側女300人をかかえ、その夫人たちの神々へと心が移っていきました。(11・3,4)。主の憐れみの中でソロモンの代ではなく、ソロモンの死後、息子レハブアム王の即位に及んで、王国の分裂が現実となりました。そのいきさつが本日のテキストです。ソロモンの顔をさけてエジプトに逃れていた「手腕家」(11・28)のヤロブアムが、レハブアムのことを聞いて、全会衆と共に、レハブアムを王としようと集まっていたシェケムに行きました。ヤロブアムはレハブアムに言いました。「あなたの父上は、私たちのくびきを重くしました。今、あなたは父上が私たちに負わせた過酷な労働と重いくびきを軽くして下さい。そうすれば、私たちはあなたに仕えます。」(4)と。レハブアムは三日たったら戻ってくるようにと言い、二組の人々に相談しました。一組はソロモン王に仕えていた長老たちでした。彼らは民の言葉を優しく受け止めるように、くびきを軽くしてあげるよう勧めました。しかし、レハブアムはその助言を退けて、自分と共に育ち、自分に仕えているもう一組の人々に相談しました。彼らの助言とは、「私の小指は父の腰より太い。」(10)即ち更にくびきを重くするよう助言され、レハブアムは後者の助言通りに、しかも高圧的、挑戦的な物の言い方をしたため、ヤロブアムと北の10部族はダビデの家に背き、国は二つに分裂しました。南2部族はユダとベニヤミン族でした。北がB.C.722年アッシリアに捕囚となり(118年後)、南がB.C.586年バビロンに捕囚となるまで(344年後)、分裂王国でした。レハブアムもまた<主なる神の導きを求めなかった愚かな王>であったというわけです。

Ⅱ.真に知恵ある賢い王 本日のみ言葉は、「愚か者には自分の歩みがまっすぐに見える。しかし、知恵のある者は忠告を聞き入れる。」(箴言12章15節)『牧羊者』テキストの目標には、<神からの勧めに耳を傾け、従う>(p.57)とあります。真に知恵あり、賢い王の王、主の主であられるイエス・キリストの姿こそ唯一の模範です。常に神と交わり、父なる神に聴き、みこころ一筋に生きられました。(ヨハネ5・30参照)「自らを低くして、死にまで、それも十字架の死にまで従われました。」(ピリピ2・8)そして永遠の贖いを成就して下さいました。私たちも主イエスにならう賢いしもべとされましょう。

<お知らせ>

▶ 本日午後には、アドベント・クリスマスに備えて、教会大掃除、並びにイルミネーション取付作業を行います。近所の方々も楽しみにしていて下さるようです。

▶ クリスマス点灯式礼拝は12/4㈰16:00~16:30です。イルミネーションは17:00~22:00、ひとりでに点灯し、ひとりでに消灯するすぐれものです。道行く人々が「光なる救い主イエス・キリスト」に出会われますよう、祈り心をもって、この時期を過ごします。

Posted in 今週のお知らせ | いよいよアドベント・クリスマス準備に入ります。 2022.11/20(日) はコメントを受け付けていません

子ども祝福合同礼拝でした。2022.11/13(日)

《今週のみ言葉》

「神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。」 列王記第一 3章28節

説教題: 『神様からの知恵』  聖書:列王記第一3章16~28節

「神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。」   列王記第一3章28節

本日から3週に亘って3人の王様について学びます。一つの国を治める王となることは大変なことです。イスラエル第二代のダビデ王の子の一人だった「ソロモン王」です。その名前の意味は「シャローム」から来る「平和の王」です。平和な支配の中に置かれる国民は本当に幸せです。今日はそのソロモン王に与えられた『神様からの知恵』についてです。

Ⅰ.ソロモン王の願い(3・1~15) ソロモン王は、ギブオンという所で神様を礼拝し、祭壇の上で千匹の全焼の献げ物を献げました。「ギブオンで、主が夜の夢の内にソロモンに現れた。神は仰せられた。『あなたに何を与えようか。願え。』(5) さてもし私たちが神からそう言われたとしたら、何を願うでしょうか?ソロモンの願いは7~9節にあります。「私は小さな子どもで、出入りする術を知りません。そのうえ、しもべは、あなたが選んだあなたの民の中にいます。あまりに多くて数えることも調べることもできないほど大勢の民です。善悪を判断して、あなたの民を裁くために、聞き分ける心をしもべに与えてください。」というのが、ソロモン王の願いでした。この願いはとても神様のみこころにかなったものでした。長生きできるように、とか、多くの富を持つ者にしてくださいとかでなく、民をきちんとさばくために、正しい訴えを聞き分ける判断力を願ったからでした。そこで神様は、「知恵と判断の心を与える」(12)と約束されました。それだけではなく、ソロモン王が願わなかった富も誉れも与えると言われたのでした。

Ⅱ.ソロモン王の知恵 (3・16~28) さて、神の約束がその通りになったことを誰もが確認できる日が訪れました。「そのころ、二人の遊女が王のところに来て、その前に立った」(16)のでした。それぞれ父親は不明ですから二人で一緒の家に住んでいて、2人とも子を産みました。しかし、夜の間に1人が自分の子の上に伏して死なせて、となりの女の子どもととりかえてしまったというのです。2人共が「生きているのが私の子どもです」と言い合うわけです。2人しか当事者のいない事件ですから、普通は迷宮入りです。しかし、ソロモン王は、公平と愛による裁きに出ました。刀を持ってこさせ、「その生きている子を二つに切り分け、半分づつを二人の女に与えよ」というのです。初めに叫んだ一人は心焦がれる思いで「殺さないで下さい。その女にその子をあげて下さい!」と言いましたが、もう一人は「それを断ち切って下さい」と言ったのです。軍配は初めの女「その女にあげて下さい」と、その子が生きることを願った女の方にあげられました。王は宣告を下したのです。「生きている子を初めの方の女に与えよ。決してその子を殺してはならない。彼女がその子の母親である。」と。そこで、「全イスラエルは、王が下したさばきを聞いて、王を恐れた。神の知恵が彼のうちにあって、さばきをするのを見たからである。」(20)神はソロモン王に「非常に豊かな知恵と英知と、海辺の砂浜のように広い心を与えられた」(4・29)のでした。「しかし、見なさい。ここにソロモンにまさるものがあります。」(マタイ12・42)とは、主イエスのおことばです。そうなのです。「このキリストのうちに、知恵と知識の宝がすべて隠されています。」(コロサイ2・3)そしてキリストを信じる私たちにもこの『神様からの知恵』が求めるごとに豊かに与えられるのです。

<お知らせ>

▷大人も子どもも合同で、「子ども祝福礼拝をおささげしました。祝福のお祈りと、お菓子のプレゼントの時も感謝でした。午後には教会学校行事として、お弁当とおやつをもって、《峰山ピクニック》の予定ですが、万一、雨天の場合には、1Fベタニヤにて、共に昼食をとり、交わりに渇いているこの頃ですので、楽しい時となりますよう、お祈りしています。

▷次週、11/20(日)午後には恒例のクリスマス・イルミネーション取り付け作業を行います。「点灯式礼拝」は、12/4(日)16:00~です。道行く人々に<クリスマスの良きおとずれ>をお伝えできますように!

Posted in 今週のお知らせ | 子ども祝福合同礼拝でした。2022.11/13(日) はコメントを受け付けていません

礼拝の中で献児式が行われました。2022.11/16(日)

《今週のみことば》

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます。」使徒の働き16章31章

説教題: 『家族の救い』  聖書:使徒の働き16章25~34節

  「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も

        救われます。」                                           使徒の働き16章31節                              

使徒の働き16章には、聖霊に導かれたパウロとシラスやルカを通してなされた「生き生きとした神の働き」が記録されています。そしてそのピリピの町にまさに「生き生きとした主の教会・ピリピの教会」が誕生しました。今日のテキストの前には、占いの霊につかれた若い女奴隷が、パウロによって癒やされたことが記されています。彼女の主人たちは金儲けの望みがなくなったことを知り、パウロとシラスを役人達の前に訴えました。二人は何度もむちで打たれ、奥の牢に入れられ、木の足かせをはめられてしまいました!

Ⅰ.信仰による賛美と奇跡(25~28)

「真夜中ごろ」まさに二人にとっては、人生の「真夜中」のような経験でした。彼らはどうしたでしょう?神に泣き言を言ったでしょうか? 「パウロとシラスは祈りつつ、神を賛美する歌を歌っていた。」(25)のでした。そして「ほかの囚人たちはそれに聞き入っていた。」(25)というのです。どんな歌を歌ったのでしょう?興味深いです。「神を賛美する歌」でした。囚人たちは感動しつつ、彼らの賛美に聞き入っていたのでした!「すると突然」(26)、ここでも神のみわざが「突然」おこりました。これはまさに、パウロとシラスの祈りに対する鮮やかな神の応答としか考えられません。「大きな地震が起こり、牢獄の土台が揺れ動き、たちまち扉が全部開いて、すべての囚人の鎖が外れてしまった」(26)のでした!目を覚ました看守は、当然囚人たちが逃げてしまったものと思い、自分の責任上、剣を抜いて自害しようとしました。ところが、パウロの声が響き渡りました。「自害してはいけない。私たちはみなここにいる。」(27)このパウロの叫び声は、この看守を驚愕させました。

Ⅱ.信仰による救いと喜び(29~34)

看守は明かりを手にして牢の中に駆け込み、震えながら二人の前にひれ伏し、外に連れ出して、「先生方。救われるためには、何をしなければなりませんか。」(30)と言いました。不思議な光景です。命拾いした看守が、牢獄に入れられている二人に救いを求めたのです。そして、「先生方」と呼びかけました。ギリシャ語で「主たちよ」です。二人は囚人ではなく尊敬すべき「先生方」となりました。「救い」への真剣な求めに対して、パウロたちの答えが本日のみ言葉です。

<主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます>(31)。イエスこそ、私の人生の主であるという信仰の告白であり、この信仰に立って人は救われます。自分だけでなく家族も同じく救われるとの約束です。聖書は家族の大切さ、一体性を強調します。ノアとその家族、ラハブとその家族、ヨシュアとその家族、リディアとその家族、そしてここ、看守とその家族全員がバプテスマを受け、「神を信じたことを全家族とともに心から喜んだ」(34)のでした。≪躍りあがって喜んだ≫のでした。

<お知らせ>

▷礼拝の中で、11/3(木・祝)に満1歳を迎えた男の子の献児式が行われました。ご家族にとっても、教会にとっても大きな喜びであり、祝福です。

▷次週、11/13(日)は10:15~11:30「子ども祝福合同礼拝」です。高校生以下、すべての子どもたちのために、幼な子を愛し、招かれる主イエスの祝福を祈り、お菓子のプレゼントです。礼拝後はそのお菓子と、サンドウィッチをもらって、峰山ピクニックに行って楽しみますよ♪よい交わりの時となりますように~!

Posted in 今週のお知らせ | 礼拝の中で献児式が行われました。2022.11/16(日) はコメントを受け付けていません