子ども祝福合同礼拝・カーニバルでした。2018.11/11(日)

≪今週のみ言葉≫
「イエスは失望せずに常に祈るべきことを、人々に譬で教えられた」。ルカ18章1節
祈りの人イエス様が「失望せずに常に祈るべきこと」をたとえで教えて下さいました。すなわち『あきらめないでいつも祈り続ける』ようにとの励ましです。人を人とも思わず、神をも恐れない裁判官のもとに、ひとりのやもめが「どうぞ、わたしを訴える者をさばいて、わたしを守ってください」と、何度もやってきては願い続けたのでした。そんな裁判官もさすがにうるさくわずらわしくなって、彼女のためになるさばきをしてやろうということになったというたとえ話です。もちろん神様は、そんな裁判官のような方ではありませんから、本気で、あきらめずに祈り続けるようにと、わたしたちを祈りに招いていて下さるのです。祈り続けた祈りの結果は驚くほどの神様のみわざを見ることができ、恵みと祝福に満たされるのです。英国で、3,000人の孤児たちを養った、ジョージ・ミューラーもこういう『祈りの人』でした。まさに『祈り』で孤児たちを養ったのでした。あきらめないで、祈り続ける祈りの人とされましょう。
<お知らせ>
▷礼拝の中で、4ヵ月の男の子の献児式が行われ、幸いでした。幼な子たちは教会の希望です!
▷午後は、おなじみ「アンパンマンの看板」にむかえられての「子どもカーニバル」おいしいもの、楽しいこといっぱい!
▷次週11/18㈰10:15~は初めての方々にもわかりやすい聖書のお話と、どのようにしてクリスチャンになったのかのお話のある、秋の「歓迎礼拝」です。どなたも大歓迎!共に人生を考え、共によき道に歩んでまいりましょう。

Posted in 今週のお知らせ | 子ども祝福合同礼拝・カーニバルでした。2018.11/11(日) はコメントを受け付けていません。

11月聖餐式礼拝でした。2018.11/4(日)

《今週のみ言葉》

「今見るとその半分もわたしは知らされていなかったのです」。列王上10章7節

説教題は『ソロモンとシバの女王』でした。選民イスラエルと異邦人との出会いは、これまで、イスラエルが神にそむいた時、神からのこらしめの手段として異邦人が送られてきたという、決して快いものではありませんでした。が、ここではまことに祝福に満ちた出会いでした。ソロモンの主にある名声をうわさに聞いて、ユダヤ人からは「地の果て」とも思われ言われていたシバ(南アラビア)の女王が、多くの家来を率いて、また莫大な贈り物を携えてやってきました。女王がソロモンに難問を出してもすべてソロモンはみごとに答えました。ソロモンに仕える者たちの姿、また献げられる犠牲、ありとあらゆるものをその眼でみた女王は思わず、かたずを飲むほど、仰天してしまいました。そして王と、その神主とをほめたたえました。うわさは誇張されていくものにもかかわらず、「その半分も知らされていなかったのです」とは、女王の仰天ぶりが迫ります。わたしたちは、やがて、この、「ソロモンにまさる者」(マタイ12・42)と言われるお方の前に立ち、御国の栄光の輝きの中で、地上にて、その恵みと恩寵の「その半分も知らされていなかった」と目を見張るにちがいありません。「半分」?「10分の1」??「100分の1」???

<お知らせ>

▷いよいよ次週11/11(日)10:15、子ども祝福合同礼拝、12:00~カーニバルです。おいしいもの、楽しいこといっぱい!大人200円で食べほうだい♪大人も子どももみんな集合!

Posted in 今週のお知らせ | 11月聖餐式礼拝でした。2018.11/4(日) はコメントを受け付けていません。

10月最終礼拝説教は『神の宮の祝福』でした。2018./10/28(日)

≪今週のみ言葉≫≫

「わたしはあなたがたが建てたこの宮を聖別して、わたしの名を永久にそこに置く。わたしの目と、わたしの心は常にそこにあるであろう」。列王紀上9章3節

ソロモンが建てた神殿を、神は喜び、その宮を「聖別して、わたしの名を永久にそこに置く」と言われました。聖別してーつまり、他の建物とは聖め、分かって、ということです。そしてそこに『神のみ名』を表札として掲げる、ということです。すなわち、その宮の内に神ご自身が住まわれるとの宣言です。何という光栄でしょうか!神の目が絶えずその上に注がれ、神の心が常にそこにむけられている!現代の「教会」が、まさにこのように語って頂いている場所です。神の目と心が常に注がれている聖なる場所、そしてそこにてささげられる礼拝を神はこよなく喜ばれ、また礼拝者の魂を満たされます。さらには、そこにてささげられる祈りを、あるいは心の内にある祈りをさえみ心にとめて、聞いてこたえて下さるのです。

<お知らせ>
▷今週中に「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(豆柿)」が更新されます。
▷11/4(日)は聖餐式礼拝と教会大掃除。
▷11/10(日)10:15、こども祝福合同礼拝&、12:00子どもカーニバルです。大人も子どももみんな集合!の楽しい一日です♪

Posted in 今週のお知らせ | 10月最終礼拝説教は『神の宮の祝福』でした。2018./10/28(日) はコメントを受け付けていません。

足立幹夫師による礼拝でした。2018.10/21(日)

≪今週のみ言葉≫
「このように、あとの者は先になり、先の者はあとになるであろう」。マタイ20章16節

「自分の働きにたよる者」と「主のあわれみにたよる者」。
米田豊師はこのように説教されます。前者は何事にも不平不満が出て、主をお喜ばせできない。後者は恵みに感じて懸命に働くと。
御国のための働きに、主はいつでも人を招かれます。天の御国のためのわざには必ず相当の報酬が、地上であるいは天で与えられます。クリスチャンの働きはもちろん永遠ですが、人が真に元気で主とその御国とのために働ける時は短いと痛感します。夜が来て働けなくなる前に、との迫りを覚えます。
英語で触れたチャレンジ――Only one life,it will soon be past, Only what’s done for Christ will last.(たった一つのいのち、すぐに過ぎ去る。キリストのためになすことのみ残る。)
主は今日も天の御国のための働きに私たちを招かれます。
「あなたがたも、ぶどう園に行きなさい」。(小野淳子著「神と共に歩む日々」2月27日分より)

<お知らせ>
▷次週10/28(日)は「ギデオン・ラリー」が行われます。レポートを伺い、尊い聖書贈呈のお働きのために祈りお献げいたします。一人でも多くの方々に「いのちの言葉」が届けられ永遠の命にあずかる方々がおこされますようにお祈りいたします。

Posted in 今週のお知らせ | 足立幹夫師による礼拝でした。2018.10/21(日) はコメントを受け付けていません。

10月聖餐式礼拝・神学校デーでした。2018. 10/14(日)

≪今週のみ言葉≫
「見よ、天も、いと高き天もあなたをいれることはできません。まして、わたしの建てたこの宮はなおさらです」。 列王上 8章27節
 出エジプトから480年後に、ダビデの子ソロモンによって神殿が建てられました。ダビデに願いが起こされましたが、建てるのはソロモンだと語られて、ダビデは莫大な物資を備えました。神殿は、石切り場で整えられた石が用いられたので「音もなく」建てられました。(6章7節)。あらゆるものが純金でおおわれた、栄華きわまる神殿であり、何よりそこに聖なる神がお宿りになるという驚くべきものでした。至聖所に神の契約の箱が最終的にすえられた時、祭司たちが聖所から出ると、神の臨在をあらわす雲が主の宮に満ちたので、祭司たちは立って仕えることができなかったのです。主の栄光が主の宮に満ちたのでした。ソロモン王はへりくだって祈りました、「しかし神は、はたして地上に住まわれるでしょうか。見よ、天も、いと高き天もあなたをいれることはできません。ましてわたしの建てたこの宮はなおさらです」。と。新約聖書、Ⅰコリント6章19、20節は言います、「あなたがたは知らないのか。自分の身体は、神から受けて自分の内に宿っている聖霊の宮であって」と!!「ソロモンの宮の輝きにさえ劣るこんな私の内に住まわれるなど、なおさらです!」と私たちも驚くのです。まさに人の身体の奥義です!
<お知らせ>
▷次週10/21(日)は足立幹夫牧師による礼拝です。小野牧師は三木シャロームチャペル(森本恵子・恵師)での特伝ご用です。お祈り下さい。
▷10/28(日)には「ギデオン・ラリー」が行われます。神のいのちの言葉『聖書』配布の尊いお働きのため聴き、祈り、献げます。

Posted in 今週のお知らせ | 10月聖餐式礼拝・神学校デーでした。2018. 10/14(日) はコメントを受け付けていません。