西日本大水害に痛みを覚えつつの礼拝でした。2018.7/15(日)

≪今週のみ言葉≫

「しかしダビデがしたこの事は主を怒らせた」。サムエル記下11章27節

「春になって」と読んだり、聞いたりすると、聖書を何度も読んでいる人は「ああ、」とすぐにダビデ王の「大罪」の箇所だとわかります。聖書講解説教、ダビデの生涯を語る時、とばしたり、はぶいたりできない所です。どんなに勝利の王、また恵まれた王ダビデであっても罪を犯し得るということが記録されています。私たちもどんなに罪から救われ、またきよめられた経験をしたとしても、最後の一息までおとされる可能性があるのです。誘惑は目から入ってきました。それも戦いに出ず、怠慢に過ごしていた時でした。忠臣ウリヤの妻バテシバとの姦淫、更にはそれをおおい隠そうと、間接的にその夫ウリヤを激戦に出して殺すという恐ろしい大罪でした。人の目はごまかせても、「ダビデがしたこの事は神を怒らせた」のでした。これから神からの取り扱いが始まりますがダビデの通ったこの大罪、そして悔改めと回復の道はまた、信仰者で罪を犯す可能性、もちろん悔改めれば回復される。しかし望むところは守られることです。

<お知らせ>

▷7/11(水)新しい命誕生!ご家族にとっても教会にとっても大きな喜びです!

▷「行事報告ページ」少しずつ追いついています。出産された姉妹があと少しを回復されてからやって下さいます。しばらくお待ちください。

▷西日本大水害の新聞記事に心を痛めています。被害に遭われた方々の上に神様の慰めとすみやかな復旧を心よりお祈りいたします。

Posted in 今週のお知らせ | 西日本大水害に痛みを覚えつつの礼拝でした。2018.7/15(日) はコメントを受け付けていません。

恵みの雨の季節です。2018.7/8(日)

≪今週のみ言葉≫
「見よ、今は恵みの時、見よ、今は救の日である」。第Ⅱコリント6章2節

先週、9章1節でダビデは「わたしはヨナタンのためにその人に恵みを施そう」と言って、ヨナタンの子メピボセテにあふれる恵みを注ぎ、メピボセテもまた驚きの中にもへりくだってその恵みを受けました。今日の10章2節でも、ダビデは、「わたしはナハシの子ハヌンにその父がわたしに恵みを施したように、恵みを施そう」と、同じ言葉でその心を表現しています。ところが、事態は全く異なった方向に進みました。恵みを施されようとしたハヌンが、その恵みを拒絶したのでした。アンモンのつかさたちは、素直にダビデの行為を受け取れず、ハヌンに、「ダビデはこの町をうかがい、滅ぼそうとしているのです」と語り、残念ながら新しく立てられたハヌンはその言葉の方を受け入れ、つかわされたしもべたちに恥辱を加え、スリヤの軍勢の助けに頼んで、戦いを挑んだのでした。結果、ダビデのイスラエル軍の圧勝となったのでしたが、「恵み」を拒む愚かが記されています。さて、今日はまさにキリストにある新しい契約による「恵みの時、救いの日」です。ただ信じて感謝して受け入れ、想像を絶する神の恵みと祝福に一人でも多くの方々があずかられますよう、祈ります。

<お知らせ>

▷梅雨と台風の雨で、恵みの雨が被害の雨となりませんよう祈ります。
▷かえるクラブも7/12,7/19(木)のあと2回で夏休みに入ります。夏休みの7/26(木)デイキャンプに多くの、と言っても30名限定ですが、子どもたちやご家族の方々が参加されますように。

Posted in 今週のお知らせ | 恵みの雨の季節です。2018.7/8(日) はコメントを受け付けていません。

2018年後半期をスタートしました。2018.7/1(日)

≪今週のみ言葉≫
「あなたは、しもべを何とおぼしめして、死んだ犬のようなわたしを顧みられるのですか」。
サムエル下9章8節

ダビデの40年の治世の中でも最盛期、その治世の半ばくらいの時のできごとでした。戦争を一時休止している間、ダビデはヨナタンとの契約を思い起こし、サウルの家のまだ残っている人に神の恵みを施そうとしました。ヨナタンの子で名をメピボセテという両足ともに不自由な人がいました。彼はサウルとヨナタンが戦士した時、5才であり、今は彼にも小さな息子ミカがいたのでした。
 ダビデはメピボセテを召しよせ、「あなたの父ヨナタンのためにあなたに恵みを施しましょう」と語り、サウルの地をみなメピボセテに返し、メピボセテが常にダビデ王の食卓で食事をするようにしたのでした。メピボセテはひれ伏し拝して、今日のみ言葉を語ります。このダビデとメピボセテの関係はまた、神とわたしたちの関係でもあります。イエス・キリストの契約のゆえに、わたしたちもまた神に近く召し出され、まさに日々、王の食卓でもてなされるように過ごすことができるのです。メピボセテのようにただ、この主を拝し、めぐみに徹して生きる以外にありません。

<お知らせ>
▷「今月のメッセージ」、「7月のお祈り」、ヘッダー(エニシダ)が更新されています。
▷7月の行事は、7/26(木)CSデイキャンプ、五色台セラピーガーデンでの「ピザ」と「乗馬」です。参加費は教会学校から。大人・こども、年令は何才でもOK!
ただし30名までです。申し込みはお早めに~!

Posted in 今週のお知らせ | 2018年後半期をスタートしました。2018.7/1(日) はコメントを受け付けていません。

6月最終礼拝でした。 2018.6/24(日)

≪今週のみ言葉≫

主はまた「あなたのために家を造る」と仰せられる。 サムエル下7章11節

一連の「教会暦」「教会行事」を終えて、再び、旧約聖書講解説教に戻ります。サムエル下6章を年末感謝礼拝で語り、その契約の箱を喜びと感謝をもって、神の幕屋のあるダビデの町に運び込んだことを歌った詩篇24篇から、元旦礼拝でメッセージしました。そして、今週は続く第7章からです。

羊飼いの少年の頃、王としての油注ぎを受けたにもかかわらず、ダビデが王として座すまでの訓練は厳しいものでした。しかし、神の箱をダビデの町エルサレムの幕屋に納めて「安息を与えられたのでした。何という貴い「安息」だったことでしょう。そして、ダビデは静かに神のために気高い願い、幻を抱きました。「神のために宮を」と。しかし、預言者ナタンを通して、神は、ダビデのために家を造ると言われ、それは、ダビデの子ソロモンによると語られました。ダビデは気分をそこねたりせず、ひれ伏して神の計画を受け止め、むしろ、神の宮のためにおびただしい材料を備えていくのです。うるわしい神と人との関係をここに見ます。ダビデの幻は、神によってさらに高潔なものへと引き上げられたのでした。

<お知らせ>

▷いよいよ次週7/1(日)から新しい月に入ります。「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(エンシダ)」が更新されます。

▷梅雨が明けると『夏』子どもたちのために7/26(木)セラピーガーデンでの                      CSデイキャンプ

8/7(火)8(水)と教区バイブルキャンプです。今よりお祈り下さい

Posted in 今週のお知らせ | 6月最終礼拝でした。 2018.6/24(日) はコメントを受け付けていません。

父の日礼拝・ゴスペルジャズチャペルライブでした。2018.6/17(日)

≪今週のみ言葉≫

「天にいますあなたがたの父はなおさら、求めてくる者に良いものを下さらないことがあろうか」。マタイ7章11節

本日は「父の日礼拝」をおささげしました。「母の日」の始まりもアメリカのクリスチャンから、この「父の日」の始まりもアメリカのクリスチャンからでした。1909年にアメリカ・ワシントン州スポーケンのソノラ・スマートドッドが、男手一つで自分を含む6人の子どもたちを育ててくれた父を讃えて教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。1966年、ジョンソン大統領が、6月第3日曜日を父の日に定め、1972年に正式に国の記念日と制定されました。神は「父なるお方」と紹介して下さったのはイエス様です。「天の父なる神様」はお祈りにこたえて下さる方ですから、「求めなさい。捜しなさい。門をたたきなさい」と勧めて下さいます。肉親の父でも、子どもには、その子の求めるものを与える。ましてや「天の父なる神様」は求めてくる者に良いものをきっと与えて下さるから、求めましょう!求め続けましょう!!祈りが聞かれる体験をどんどん与えられ、ますます祈る者とされましょう。

<お知らせ>

▷午後1時~3時、第7回ゴスペルジャズコンサートでした。いずれ「行事報告ページ」にUPしたいと思います。

▷梅雨が明けると夏!です。こどもたちやTeensたちのために楽しみなプログラムを用意しています。

① 7/26(木)ディキャンプ(ピザを食べて馬に乗ろう!)五色台セラピーガーデンにて。何才の人もOK!

② 8/7(火)8(水)四国教区バイブルキャンプ。(8才~19才)塩江セカンドステージにて。詳しくは教会まで問い合わせ下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 父の日礼拝・ゴスペルジャズチャペルライブでした。2018.6/17(日) はコメントを受け付けていません。