Ⅱアドベント礼拝でした。2019.12/8(日)

≪今週のみ言葉≫

「マリヤは月が満ちて初子を産み、布にくるんで飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである」。ルカ2章6、7節

『平和の君の誕生』‘Prince of Peace’平和の王子、神の御子の誕生、それは一つには「卑しい誕生」でした。住民登録でごった返していたベツレヘムの町のどの宿も満員で、ヨセフとマリヤはやっとのことでとある「家畜小屋」に落ち着き、そこでマリヤは平和の君イエスを産みました。そもそも神であるにも関わらず、「神と等しくあることを固守すべき事とは思わず」(ピリピ2・6)人間の姿、しかも最も弱い幼子の姿をとっておいで下さいました。こともあろうに、家畜小屋の飼葉おけがベッドになったのでした!何という謙(へりくだ)り!何という卑しいと思われる誕生!しかも天使からの御告げにより一番に拝みに来た人々は貧しい羊飼いたちでした!≪謙卑(けんぴ)≫の極みでした。 しかしそれは「平和な誕生」でした。世の中の騒がしさから隔離された、静かで穏やかな誕生でした。 ♪きよしこの夜 星は光り 救いのみ子は 馬(ま)ぶねの中に 眠りたもう いと安く。 クリスマスの不朽の名曲です。Sleep in heavenly peace,sleep in heavenly peace.とくり返されます。神の御心のど真ん中に、飼葉おけのなかであっても、いと安く 眠られたのでした。 ♪ きよしこの夜 み子の笑みに 恵みの御代(みよ)のあしたの光 輝けり ほがらかに。 それは「恵みの時代」の輝かしい夜明けの出来事でした!!

<お知らせ> ▷クリスマス諸集会にどなたも大歓迎です!

Posted in 今週のお知らせ | Ⅱアドベント礼拝でした。2019.12/8(日) はコメントを受け付けていません。

Ⅰアドベント聖餐式礼拝でした。2019.12/1(日)

≪今週のみ言葉≫

ひとりのみどりごがわれわれのために生れた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は、「霊妙なる議士、大能の神、とこしえの父、平和の君」ととなえられる。イザヤ9章6節

『預言された平和の君』である「ひとりのみどりご」「ひとりの男の子」はクリスマスの主人公、救い主イエス・キリストです。アドベントを迎え、この12月を特別な思いをもってすごしたく思います。イザヤという大預言者はキリスト降誕より700年も前に『平和の君』の予言をしました。誕生、受難、復活、昇天、再臨の預言と、『平和の君』の預言の大パノラマです!

このお方のうちには、常に「神の平和」が宿り、支配していました。そして、神にそむく人々に和解の手をさしのべ真の平和である『神との平和』へと導いて下さるお方です。

『神との平和』があって初めて『人との平和』も成り立つのです。十字架のタテ棒は神との平和、十字架の横棒は、人との平和ですと。このクリスマス、『平和の君』をその心にお迎えし、『神との平和』に一人でも多くの方々が入れられますよう、祈ります。

<お知らせ>

本日は当ホームページ開設、満8周年記念日です!おめでとうございます!ご支援、お祈りを心より感謝申し上げます。

▷15:30~16:30第3回YMCAせとうちファミリークリスマスin高松です。

まことのクリスマスをお祝いできますように!

▷教会の続いてのクリスマスの集いにお越し下さい。

Posted in 今週のお知らせ | Ⅰアドベント聖餐式礼拝でした。2019.12/1(日) はコメントを受け付けていません。

収穫感謝礼拝・第8回ハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルでした。2019.11/24(日)

≪今週のみ言葉≫

「あなたはその高殿からもろもろの山に水を注がれる。地はあなたのみわざの実をもって満たされる」。詩篇104篇13節

詩篇103篇と104篇は一連の詩篇で同一の作者によるものと見られています。104篇は「創造の讃歌」と言われるものであり「第8篇、第19篇、第29篇に続く、神の創造賛美四大詩篇の一つです」(工藤弘雄師、「詩篇とともに歩む日々P218)創世記1章の神の創造を思い起させる詩篇です。「神が造ったすべての物を見られたところ、それは,はなはだ良かった。」(1章31節)以来、神はその被造物すべてを大能のみ手をもって支え続け、生きとし生ける者を養い続け、天体の運行をも秩序に従って保っていて下さるという驚くべき現実に、人はもっともっと目と心を注ぎ、この創造主をもっとほめたたえるべきと思います。「地はあなたのみわざの実をもって満たされる」(13)「豊かに潤され」(16)「地はあなたの造られたもので満ちている(24)「あなたが手を開かれると、彼らは良い者で満たされる」(28)。神の供給の果てしない豊かさのゆえに、格別、収穫の秋、この収穫の主を自然界と共に賛美したい。

<お知らせ>

▷13:30~第8回ハーベスト・サンクスギビング・フェスティバル!共に「収穫の主」への大感謝、大讃美を!!

▷早くも今週をもって11月を終り、12/1(日)からⅠアドベント礼拝です。今週中に「今月のメッセージ」「12月のお祈り」「ヘッダー(フェイジョアとねむの花)」が更新されます。

▷12/1(日)はⅠアドベント聖餐式礼拝・15:30~第3回YMCAせとうちファミリークリスマスin高松➡17:00~イルミネーション点灯式礼拝です。

Posted in 今週のお知らせ | 収穫感謝礼拝・第8回ハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルでした。2019.11/24(日) はコメントを受け付けていません。

実りの秋を迎えています。2019.11/17(日)

《今週のみ言葉》

「主よ、力ある者を助けることも、力のない者を助けることも、あなたにおいては異なることはありません」。歴代志下14章11節

ソロモン王のあと、レハベアム王の時からイスラエル王国は南北両王朝に分裂してしまいました。レハベアム王、その子アビヤそしてその子アサと、南王国ユダの第3代目がアサ王でした。BC911~870、41年の統治の中で『アサの信仰の祈り』に目が止まります。初めの10年間は『平和』な時でした。その背後には、アサ王が初めの10年間は『平和』な時でした。その背後には、アサ王が神に喜ばれる治世であったことによります。偶像を捨て、民と共に神を求め、神の聖旨を行ったゆえでした。アサの治世の中での戦争はここでのエチオピアとの戦いのみと言えます。アサの大勇士50万に対し、エチオピア人は100万の軍隊そして300の戦車が攻めてきたのでした。その時アサは、平和な時にしていたからこそできたこと、すなわち、「その神、主に呼ばわって言った」つまり『信仰の祈り』をささげたのでした。神にのみより頼んで呼びました。「主よ、力ある者を助けることも、力のない者を助けることもあなたにおいては異なることはありません」と!神は自分の無力無能を知って呼び求める者を覚え、その大能を働かせて勝利を与えて下さいました!パウロに語られたみ言葉です。「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」(Ⅱコリント12・9)。

<お知らせ>

▷いよいよ次週11/24(日)は収穫感謝礼拝、13:30よりハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルです。第5回合同賛美集会もドッキングです。収穫の主を共にさんびしましょう!どなたも大歓迎です。

▷12/1(日)からⅠアドベント、17:00~クリスマスイルミネーション点灯式礼拝を行います。

Posted in 今週のお知らせ | 実りの秋を迎えています。2019.11/17(日) はコメントを受け付けていません。

子ども祝福合同礼拝・子どもカーニバルでした。2019.11/10(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしは初めであり、終わりであり、また、生きている者である」。黙示録1章17,18節

 イエス様のお弟子さん12人の中でも一番若かったヨハネはとても長生きしました。でも、イエス様のことを伝えたためにとらえられ、パトモスという島に流されていき、そこで、きっともう90才ぐらいになっていたのに、つらい労働をさせられました。しかし、そんなヨハネを慰め励まし、また大切な使命をさずけようと、ある日、栄光に輝くイエス様があらわれて下さったのです!これから見せることを書き記しなさいと!そのあまりにも輝きわたるお姿の前にヨハネはたおれこんでしまいました。イエス様は右手をヨハネの上において、「恐れるな。わたしは初めであり、終わりであり、また、生きている者である」と、力づけて下さったのでした。イエス様こそ初めからおられ、今も生きておられ、そして終りまで支配され、イエス様を信じるわたしたちを、永遠の御国に共に住まわせて下さるお方です!

<お知らせ> 

▷午後は楽しいおいしいカーニバル・”子どもまつり”でした!

▷11/24(日)は収穫感謝礼拝、午後は1:30から第8回ハーベスト・サンクスギビングフェスティバル♪アマチュア音楽祭です。みんなで収穫の主を心一杯ほめたたえましょう!どなたも大歓迎です!!

Posted in 今週のお知らせ | 子ども祝福合同礼拝・子どもカーニバルでした。2019.11/10(日) はコメントを受け付けていません。