実りの秋を迎えました。 2020.9/20(日) )

≪今週のみ言葉≫

「柔和な人たちは、さいわいである、彼らは地を受けつぐであろう」。マタイ5章5節

説教題:『柔和な心の祝福』  

聖 書:創世記26章12~22節

今週の聖句は、イエス様が山上で教えて下さったみ言葉で、新約聖書の中からですが、聖書のお話は旧約聖書、創世記からです。今日の中心人物はお父さんが100才、お母さんが90才の時に生まれた人です!さて、誰でしょう?そう、「イサク」(笑うの意)です。お母さんのサラはイサクがリベカと結婚する前に、127才で神様のみもとに召されました。お父さんのアブラハムはイサクとリベカの結婚後、まだ子どもが与えられない前に175才で天に召されました。アブラハムを祝福された神様は、この息子イサクをも祝福されました。

Ⅰ.祝福を妬まれたイサク(12~16) イサクたちが住んでいたベエル・ラハイ・ロイに飢饉があり、「エジプトに下ってはならない」(2)との神様の命令に従って、その手前のゲラル、ペリシテ人の地に行きました。「イサクはその地に種を蒔いて、その年に百倍の収穫を得た」(12)のでした。また非常に富んだので、神様に祝福されたイサクをペリシテ人たちはねたみました。そして父アブラハムのしもべたちの堀った全ての井戸をふさぎ、土で埋めました。ペリシテの王アビメレクは「われわれのところから去って下さい」というので、イサクはゲラルの谷に天幕を張ってそこに住みました。

Ⅱ.柔和な心でさらに祝福されたイサク(17~22) 家畜も人も大勢になったので、「水」は死活問題でした。それでペリシテ人たちにふさがれた井戸を再び掘りました。イサクのしもべたちが谷の中を掘って、そこに湧き出た水の井戸を見つけた時、ペリシテの羊飼いたちは「この水はわれわれのものだ」と言って、イサクの羊飼いたちと争ったので、イサクはその井戸の名を「エセク」(争い)と名づけて彼らの手に渡しました。もう一つの井戸を掘りましたが、これも争ったので、「シテナ」(敵意)と名づけて柔和に対応しました。イサクはそこから移ってまたもう一つ井戸を掘りました。彼らはこれを争わなかったので「レホボテ」(自由の地、広々とした地)と名づけました。やっと衝突から解放されたイサクは大きな喜びでした。、「いま主がわれわれの場所を広げられたから、われわれはこの地にふえるであろう」(22)と。まさに柔和で勝利し、イサクとその子孫たちはその広い地に増え広がっていったのでした。 「わたしは柔和で心のへりくだった者であるから、わたしのくびきを負うて、わたしに学びなさい。そうすれば、あなたがたの魂に休みが与えられるであろう」(マタイ11・29)とはイエス様の自己紹介と招きです。「キリストは罪を犯さず、その口には偽りがなかった。ののしられても、ののしりかえさず、苦しめられても、おびやかすことをせず、正しいさばきをするかたに、いっさいをゆだねておられた」(Ⅰペテロ2・22,23) キリストの柔和のクライマックス(頂点)は十字架でした。そこで柔和が勝利し、全人類の贖い(救い)という祝福の門戸が開かれたのでした!

<お知らせ>

▷ やや涼しい秋を迎え、9/19㈯~22㈫とせっかくの行楽シーズン4連休ですが、今年は新型コロナウイルスで教会関係の行事も地域の行事も中止です。香川の感染者も94名と昇り死者も2名出ました。共に自粛してこの危機を乗り越えましょう。

▷新しく発足しました「菅内閣」のため祈りましょう。「そこで、まず第一に勧める。すべての人のために、王たちと上に立っているすべての人々のために、願いと、祈と、とりなしと、感謝とをささげなさい」(Ⅰテモテ2・1)

▷私たちの教会は10/4㈰に教会創立71周年記念聖餐式礼拝を主にささげます。この日から教団で次年度からの公用聖書として定められた『新改訳2017』の聖書に一足先に切り替えます。

Posted in 今週のお知らせ | 実りの秋を迎えました。 2020.9/20(日) ) はコメントを受け付けていません

敬老の方々、おめでとうございます!2020.9.13(日)

《今週のみ言葉》

「目をさましていなさい。その日その時があなたがたにはわからないからである」。マタイ25章13節

説教題:『信じ続ける祝福

聖 書:マタイ25章1~13節

車のフロントガラスの前を横切って2匹のトンボがスイスイと飛んでいきました。「秋だなぁ」と思い、部屋の中から外の真っ青な空を見ると、イエス様が話して下さる「天国」を思います。きょうは「天国」の話です。それって、死んだ後の話でしょう?いえいえ、生きている「今」大切なのです。

  Ⅰ. イエス様を信じて---天国がやってくる!

人間は死んだらおしまいではありません。永遠に生きる者として神様に造られました。どこで?天国で生きるか、地獄で苦しむかのどちらかです。どうしても天国で永遠に神様と共に生きる準備をしなければなりません!まずは「イエス様を救い主と信じる」ことです。その時、信じる私たちの心に「天国がやってくる!」のです。イエス様を信じていない人の心は、罪と汚れでいっぱいです。その私の罪と汚れの為にイエス様が私に替わって十字架に死んで、悔改めると私のすべての罪をゆるし、汚れを清めて下さり、心に「清い天国」がやってくる!のです。

 Ⅱ.イエス様を信じ続けて---天国に迎えられる!

ここからきょうイエス様が話して下さる天国のお話です。「天国は、十人のおとめがそれぞれあかりを手にして、花婿を迎えに出ていくのに似ている」(11)と言われます。この十人のおとめは花嫁付添人です。イエス様を信じるクリスチャンたちがこの十人のおとめに譬えられています。夕方に花嫁を迎えに来る花婿(イエス様の再臨)を、これら十人のおとめたちが迎えます。そして花嫁花婿と付添人たちが行列をつくって花婿の父親の家に進み、そこで祝宴・結婚パーティーが開かれるのです。これら十人のおとめたちの半分の5人は「思慮深い者たち」、もう半分の5人は「思慮の浅い者たち」でした。というのは「思慮の深い者たち」(しっかりさん)は、余分の油を用意していました。「思慮の浅い者たち」(うっかりさん)は用意していませんでした。花婿の来るのが遅くなり、「彼らはみな居眠りをして、寝てしまった」(5)のでした。ところが夜中に大声がしました。『さあ、花婿だ、迎えに出なさい』と!十人はみな起きて、灯りを整えましたが、油はほぼなくなり、灯りをともし続けるには余分の油が必要でした。「私たちに分けて下さい」とのうっかりさんたちの申し出に、「いえいえ、足りなくなりますから、店に行ってお買いになって下さい」とのしっかりさんたちの返事。買いに出ているうちに花婿到着!「用意のできていた女たちは、花婿と一緒に婚宴のへや(天国)にはいり、そして戸がしめられた。 」(10)のでした!花婿(イエス様)が再び来られるのは、誰も知らない、来られようとするイエス様さえ知らない!父なる神様のみご存じです。どのようにして準備をしたらいいのでしょう?「イエス様を信じ続ける」ことです。

<お知らせ>

▷新型コロナウイルス、残暑、さらには台風シーズンに入り、まさに目をさまして祈り続けなければなりません。

▷コロナがなければ、9月第2聖日は「ファミリー礼拝」として、高齢の方々をお招きしての礼拝「み言葉とプレゼント贈呈」ですが、お一人お一人のために祝福の祈りをおささげするのみとなりました。

▷昨年から「80才以上」の方々を対象に「祝・敬老」のお祝いをしています。昨年は20名、今年は22名の方々です。教会の宝である方々がますます主にあってお元気に恵まれて、主の証人として、神様のみ手の中に守られ用いられて頂きたいです。

Posted in 今週のお知らせ | 敬老の方々、おめでとうございます!2020.9.13(日) はコメントを受け付けていません

振起日(ラリー・デイ)礼拝でした。2020.9.6(日)

≪今週のみ言葉≫

「女よ、あなたの信仰は見あげたものである。あなたの願いどおりになるように」。

マタイ15章28節

説教題:『大胆な信仰の祝福』

聖 書:マタイ15章21~28節

 厳しい残暑に加えて台風シーズンに入りました。神様に守られて大切な礼拝、祈祷会、役員会、かえるクラブを行うことができ、その中で新しく神の家族に加えられる方々が与えられますよう祈りましょう。今日はイスラエルの人たちからは距離を置かれていた異邦の地、ツロとシドンの地方での出来事です。これまでイエス様は弟子たちを「信仰の薄い者たちよ」(8・26)ととがめ、「信仰の薄い者よ:(14・31)とペテロをとがめ、その後もしばしば弟子たちをとがめねばなりませんでしたが、ここにはイエス様から「あなたの信仰は見上げたものである」と言われた人がいます。イエス様から褒められるなんて、何と素晴らしいのでしょう!

  Ⅰ.切なる求め(21~27) その人はカナンの女、つまりイスラエル人でない一人のお母さんでした。大きな苦しみを抱えてイエス様に向かって「主よ、ダビデの子よ、わたしをあわれんで下さい。娘が悪霊にとりつかれて苦しんでいるのです」と叫び続けました。彼女はイエス様こそイスラエルの真の王、救い主として信じていたのです。「わたしを」あわれんで下さい!と叫びました。イエスは一言もお答えになりません。その様子に弟子たちは「この女を追い払って下さい。叫びながらついてきていますから」と言うと、「わたしはイスラエルの失われた羊以外の者にはつかわされていない」(24)と冷たく響く答えでした。それでも彼女は近寄って、イエスを拝して「主よ、わたしをお助けください」と叫びます。「子どもたちのパンを取って小犬に投げてやるのはよろしくない」との返事でした。イエスは彼女の信仰を試し、強めようとされていたのです。「小犬」とは、「ペット」で決して軽蔑した言い方でなくユーモアをもって柔らかく拒否されたのでした。彼女は言いました。「主よ、お言葉通りです。でも、小犬も主人の食卓から落ちるパンくずはいただきます」と!どこまでも切に求め、イエスの言い回しをも捉えて答えた彼女の、「その言葉で、じゅうぶんである」(マルコ7・29)と、謙りぬいて恵みをどこまでも受けたいとのその彼女の心と信仰の表明はイエスに受け入れられました。

 Ⅱ.見上げた信仰(28) 「女よ、あなたの信仰は見上げたものである。あなたの願いどおりになるように」と、イエスは女の信仰を絶賛し、「その時に娘はいやされた」(28)のでした。<ダビデの子、真の救い主>とイエスを信じ、<小犬>と自ら謙り、どこまでも主の恵みを求め続け、見ないでも信じる信仰者であったこのカナンの女の信仰は、見事に報われたのみでなく「あなたの信仰は見上げたものである」とイエスに絶賛されました。私たちも同じお方を信じる信仰が与えられています。「見上げた信仰」とお褒めの言葉をかけられるような信仰者を目指したいものです。

<お知らせ>

▷本来なら、振起日聖餐式礼拝ですが、聖餐式は10/4(日)教会創立71周年記念礼拝まで待ちます。この日から教会公用聖書が『新改訳2017』に変わります。

▷なお残暑厳しく、加えて台風シーズンに入りました。願わくは、礼拝、祈祷会、役員会、かえるクラブが主のみ手に守られて行われますようにと祈るものです。

Posted in 今週のお知らせ | 振起日(ラリー・デイ)礼拝でした。2020.9.6(日) はコメントを受け付けていません

8月最終礼拝でした。   2020.8/30(日)

≪今週のみ言葉≫

「しっかりするのだ。わたしである。恐れることはない」。マタイ14章27節

説教題:『恐れることはない』

聖 書:マタイ14章22節~33節

 今日は8月最後の日曜日、明日をもって何の行事もなかった猛暑の8月が終わります。キャンプもそうめん流しも聖会もない8月を一体誰が想像できたでしょうか?!私たちは被造物の人間、そしてすべてをご存じなのは神様で、この神様がすべてを支配しておられることがよーく分かります。今日は「湖の上の奇跡」です。「パンの奇跡」と、「湖の上の奇跡」とは、マタイ、マルコ、ヨハネがセットで記しています。「パンの奇跡」のすぐあと、イエス様は群衆を解散させている間に、弟子たちを無理矢理舟に乗り込ませ、向こう岸へ先に行かせました。「そして、群衆を解散させてから、祈るため、ひそかに山へ登られた。夕方になっても、ただひとりそこにおられた」(23)のでした。神の子イエスの力の源泉、それがこの父なる神との交わりだったのです。

  Ⅰ.近づいて下さるイエス(24~27)

弟子たちだけ乗り合わせていた舟はガリラヤ湖の真ん中あたりで逆風に悩まされました。漁師上がりの弟子たちでさえ恐れを覚える逆風の中で、そこへその様子をご覧になっておられたイエスが、夜明の4時頃、湖の上を歩いて彼らの方に近づいて来られたのでした。薄暗い夜明け、逆風に悩みその上、湖の上を歩く人影を見た弟子たちの恐怖は頂点に達し、「幽霊だぁ~!!」と言い、おじ惑い恐怖のあまり叫び声を上げました!しかしすぐにイエスの声が響きました。「しっかりするのだ。わたしである。恐れることはない」と。「わたしである」ギリシャ語で<エゴーエイミ>直訳は<わたしこそ>、英語で<Ⅰ AM>即ち、神ご自身の自己啓示でした。だから「恐れることはない」のです。

 Ⅱ.助けて下さるイエス(28~33)

このペテロの記事を記しているのはマタイだけによる独特の記事です。いかにもペテロらしい反応です。「主よ、あなたでしたが。では私に命じて水の上を渡ってみもとに行かせてください」というペテロに、イエスは「おいでなさい」と言われたので、ペテロは舟から降り水の上を歩いてイエスの所へ行ったのでした!しかし風を見て恐ろしくなり、おぼれかけて、「主よ、お助けください」と叫ぶペテロを、イエスはすぐに手を伸ばし助けました。「信仰の薄い者よ、なぜ疑ったのか」と言いながら。「ふたりが舟に乗り込むと、風はやんでしまった」(32)のです。舟の中にいた者たちは、イエスを拝して、「ほんとうにあなたは神の子です」と言った(33)のでした。結論は、『イエスは神の子』なのです。恐れずイエスのみを見つめつつ歩めばいいのです。

<お知らせ>

▷コロナと猛暑の中も守られて、8月一杯、礼拝・祈祷会が守られ感謝でした。9月の月も「新しい教会生活」の形で継続予定です。大人子ども合同10:15~11:15の礼拝、昼食なし。祈祷会も1時間、役員会は変わりなくです。

▷9月に入ります。「今月のメッセージ」「9月のお祈り」「ヘッダー(アメリカデイゴ・海紅豆⦅かいこうず⦆)」が更新されます。

▷続いて新型コロナウイルスのすみやかな終息をお祈りいたしましょう。

Posted in 今週のお知らせ | 8月最終礼拝でした。   2020.8/30(日) はコメントを受け付けていません

新型コロナウイルス感染拡大第2波の中です。2020.8/23(日)

《今週のみ言葉》

「みんなの者は食べて満腹した。パンくずの残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった」。                   マタイ14章20節

  ◇牧師館より祈りを込めて  8/23(日) 礼拝説教概要

 説教題:『神にささげる祝福』  

 聖 書:   マタイ14章13~21節    

「みんなの者は食べて満腹した。パンくずの残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった」。                   マタイ14章20節

 主イエスはこの世の終りの前兆として、「戦争、地震、疫病、ききん」をあげています(マタイ24・7、マルコ13・8、ルカ21・10~11)。そうしたことの起る前に今「恵みの時、救いの日」(Ⅱコリント6・2)にイエス様の教えとお働きに心を留め、しっかり信じて祝福の内を歩みましょう。今日のところは、《パンの奇跡》と言われる所です。マタイ、マルコ、ルカ、ヨハネの四福音書がみな記している唯一の奇跡です。重要な奇跡なのです。

Ⅰ奇跡の主 

「わたしが命のパンである」(ヨハネ6・35)と言われたイエスご自身です。「イエスは舟から上がって、おおぜいの群衆をごらんになり、彼らを深くあわれんで、そのうちの病人たちをおいやしになった」(14)のでしたが、そのあわれみの心から、この奇跡がなされました。弟子たちが群衆を解散させて、自分たちで食物を買うように村々へ行かせて下さいと言った時、「いや行かせるには及ばない。あなたがたの手で食物をやりなさい」と言われます!弟子たちは内心、なんとムチャなことと思ったことでしょうが、「わたしたちはここに、パン五つと魚二匹しか持っていません」と言うと、イエスは「それをここに持ってきなさい」と言われ、群衆を草の上にすわらせ、「五つのパンと二匹の魚を手に取り、天を仰いで祝福し、パンをさいて弟子たちに渡された」のでした(19)。「弟子たちはそれを群衆に与えた」(20)、すると「みんなの者は食べて満腹した。パンくずの残りを集めると、十二のかごにいっぱいになった」(20)のでした!!

Ⅱ奇跡にあずかった人々

 ①子供(ヨハネ6・9)。シモン・ペテロの兄弟アンデレが、お弁当にパン五つと魚二匹を持っていた子供を紹介しました。アンデレ自身、「しかしこんなにおおぜいの人では、それが何になりましょう」と言いましたが、イエスの奇跡により、自分のさし出したパン五つと魚二匹が大群衆のお腹を満たしたことを目のあたりにしたこの少年の驚き!

 ②十二弟子。イエスがどのようなお方か全くまだわかっていなかった弟子たちをさえ、イエスは用いられたのでした。その時すでに、ガリラヤのカナの婚礼で、水をぶどう酒に変えられたイエスを思い出していたら、常識を越えて働かれるイエスを認めて、不信仰な、また否定的な言葉は出なかったでしょうが、そのような十二弟子がパンを分け与え、魚を配ったのでした!そして当然自分たちも食べて満腹したのでした。残ったパンくずの入った十二のかごの一つ一つを与えられたのかもしれません!

 ③群衆。「食べた者は、女と子供とを除いておおよそ五千人であった」(21)とあります。女と子供を入れれば、ゆうに1万人は超え、あるいは2万人とも言われます。その一人一人が確かに「食べて満腹した」のでした!「わたしが命のパンである」(ヨハネ6・35)と言われる、主イエス・キリストを信じるとき、霊も心も身体も満たされるのです。しかも、朽ちない永遠の命が約束されています!さらには「それをここに持ってきなさい」との招きに応じて、貧しく小さい存在、賜物、献げ物をお献げする時、考えられないほどの大きな祝福として注いで下さるのです。

<お知らせ>

▷8/20(木)から、早くも小学校は開始となり「かえるクラブ」に3人の小5の女の子と1人の小2の女の子がきてくれました!残念ながら「かえるクラブ」は8月はお休み、開始は9月からです。卓球とおやつを楽しみにきてくれてようで、嬉しいかぎりでした。み言葉カードと聖書日課を持って帰る彼女たちに「日曜日は10:15~あるよ、これたら来てネ!」と声をかけました。

▷猛暑はややピークを越えた体感です。感謝です。しかし、新型コロナウイルスは全く予想がつきません。対策を怠らず、自分のためと共と他の人のためでもありますから、心して過ごしましょう。クリスチャンとして、《祈りましょう!!》

Posted in 今週のお知らせ | 新型コロナウイルス感染拡大第2波の中です。2020.8/23(日) はコメントを受け付けていません