「そうめん流し昼食」の聖日です。2018.8/12(日)

《今週のみ言葉》

「主はきょう彼ののろいにかえて、わたしに善を報いてくださるかも知れない」。サムエル下16章12節

<他人からのろわれる、のろいの言葉>を聞いた経験があるでしょうか。今日の聖書の箇処にはのろわれたダビデ王のことが記されています。ベニアミン人ゲラの子シメイがダビデ王をのろい石やちりまで投げつけてきたのでした!「血を流したあなたが、サウル家の血をすべて主があなたに報いられたのだ」とのろうシメイの首を取らせてくださいといきり立つアビシャイをダビデは制します。「私はそののろいを受けて当然だ。主が彼をして、私をのろわせているのだ。わが子アブサロムさえわたしの命を求めているのだからこのベニアミン人としてはなおさらだ。主はわたしの悩みを顧みてくださるかもしれない。また主はきょう彼ののろいにかえてわたしに善を報いてくださるかも知れない」と。全く主に委ねました。ダビデの子キリストも不当な仕打ちを受け、果てはのろいの木にかけられて下さいました。「木にかけられる者は、すべてのろわれる」(ガラテヤ3・13)とあります。ダビデとはちがい何のそうされる要素も全くないお方が、「ののしられても、ののしりかえさず、苦しめられても、おびやかすことをせず、正しいさばきをするかたに、いっさいをゆだねておられた」(Ⅰペテロ2・23)のでした。信じる者のたどるべき主の足跡です。そしてそれは完全勝利の人生です。

<お知らせ>

▷本日12:00~「そうめん流し昼食」です。
▷8/15(水)を迎えます。平和のために祈りましょう。
▷8/27(月)~8/30(木)第58回香登修養会です。祈りご参加下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 「そうめん流し昼食」の聖日です。2018.8/12(日) はコメントを受け付けていません。

猛暑、お見舞い申し上げます。2018.8/5(日)

≪今週のみ言葉≫
「わが君、王のおられる所に、死ぬも生きるも、しもべもまたそこにおります」。サムエル下15章21節

サムエル記下1~10章は「ダビデの勝利」、11~24章は「ダビデの悩み」です。
バテシバとの姦淫、その夫ウリヤの殺害という大罪は徹底した悔い改めにより赦されましたが、様々に主からの懲らしめを経験するダビデでした。しかし、その一つ一つの経験とその中からにじみ出るようにうたわれた詩篇は、わたしたちをも含めて後世のすべての信仰者への力、慰め、励ましとなります。
今日のところは「逆境の王」に対する「従者の忠誠」が描かれています。こともあろうにわが子アブサロムの反逆がおこり、ダビデと家来たちは都落ちをします。その中にペリシテのガテ人イッタイと600人が同行します。危急の中のダビデの自由を選択させる度量の大きさと共に、逆境の中にある王への忠誠を誓う外国人イッタイの姿は、ダビデにとって何という慰めであったことでしょう!お互い、王の王、主の主なるキリストに仕えお従いする者として、同じ忠誠心をもっていかなる時もまた終りまでこのイッタイの決意を告白したいものです。

<お知らせ>
▷8/7(火)-8(水)、第26回四国教区バイブルキャンプがセカンドステージ塩江にて行われます。参加する生徒たちが明確にキリストに捕えられるキャンプになりますようお祈り下さい。
▷次週8/12(日)いよいよ待望の「そうめん流し昼食」です。帰省される方々、祈られている家族、友人、知人たち、子どもたちとご家族が参加されますように。神の家での交わりが祝されますように!

Posted in 今週のお知らせ | 猛暑、お見舞い申し上げます。2018.8/5(日) はコメントを受け付けていません。

7月最終礼拝でした。2018.7/29(日)

≪今週のみ言葉≫
「神よ、わたしのために清い心をつくり、わたしのうちに新しい、正しい霊を与えてください」。詩篇51篇10節
詩篇150篇中、ざんげの詩篇が7つあります。6、32、38、51、102、130、143篇です。その内ダビデが大罪を通して詠んだものが、51篇、32篇です。罪を言いあらわさなかった時の肉体的、精神的、霊的苦痛は大変なものでした。本日の51篇では「ダビデの認罪の深さ」―――それは原罪にまでさかのぼるものでした―――が、読み取れます。また同時に「ダビデの信仰の深さ」に圧倒され、励まされます。ぬぐいきれない原罪も、神よ、あなたがヒソプをもってわたしを清めて下さるなら、わたしは清くなります。あなたがわたしを洗ってくだされば、わたしは雪よりも白くなりますと!
中心聖句の、「わたしのために清い心をつくり」の「つくり」は、Create(クリエイト・創造)して下さいとの意味です。神が無から有を創造されたように、不義・罪しか持ち合わせないよきもの、清いものはいっさいないわたしのために「清い心をCREATE創造して下さい」との大胆な祈りなのです。

<お知らせ>
▷今週中に「今月のメッセージ」、「8月のお祈り」、「ヘッダー(ひまわり 夏の女王!)が更新されます。
▷8/1㈬、2㈭と岸之里キリスト教会にて記念すべき第120回関西聖会です。祈り、ご出席下さい。
▷8/5㈰は聖餐式礼拝です。全員集合できますように。
▷被災地の各支援のお働きのため、お祈り致します。

Posted in 今週のお知らせ | 7月最終礼拝でした。2018.7/29(日) はコメントを受け付けていません。

猛暑の中、水害復旧をお祈りします。2018.7/22(日)

≪今週のみ言葉≫

ナタンはダビデに言った、「あなたがその人です」。 サムエル下12章7節

ダビデ王の大罪後、約一年を経過して、神は預言者ナタンをダビデのもとにつかわされました。ナタンは一つのたとえ話を語りました。ダビデの正義感をふるいたたせるものでした。ひとりの貧しい人が可愛がっていた雌の小羊をもう一人の富める、多くの羊をもつ人が、ひとりの客人のために多くいる自分の羊を調理するのを惜しんで、その貧しい人の小羊を取って客人のために調理したというたとえ話でした。ダビデはその人のことを非常に怒ってナタンに言いました。「主は生きておられる。この事をしたその人は死ぬべきである」と。ナタンはすかさずダビデに言いました。「あなたがその人です」と!この一言はダビデの心臓を貫く電撃的一言でした。ダビデはその場にひれ伏し「わたしは主に罪を犯しました」とナタンに言い、ナタンはまたダビデに言いました。「主もまたあなたの罪を除かれました」と。罪は主に対して犯すもの、罪のゆるしは心からの悔い改めにすぐ続くものだとわかります。そこから、詩篇51篇、32編がほとばしり出ました。

<お知らせ>

▷7/26(木)10:00~13:00五色台セラピーガーデンにてCSデイキャンプです。幼児から大人20名の参加予定です。おいしいピザを食べ、馬に乗ります。みことばのプレゼント+α(お楽しみ)もあります。暑い中ですので安全をお祈り下さい。

▷8/7(火)8(水)は、セカンドステージ塩江にて教区バイブルキャンプです。

▷そして、帰省される方々を迎えて8/12(日)がそうめん流し昼食です。ご期待ください!

Posted in 今週のお知らせ | Leave a comment

西日本大水害に痛みを覚えつつの礼拝でした。2018.7/15(日)

≪今週のみ言葉≫

「しかしダビデがしたこの事は主を怒らせた」。サムエル記下11章27節

「春になって」と読んだり、聞いたりすると、聖書を何度も読んでいる人は「ああ、」とすぐにダビデ王の「大罪」の箇所だとわかります。聖書講解説教、ダビデの生涯を語る時、とばしたり、はぶいたりできない所です。どんなに勝利の王、また恵まれた王ダビデであっても罪を犯し得るということが記録されています。私たちもどんなに罪から救われ、またきよめられた経験をしたとしても、最後の一息までおとされる可能性があるのです。誘惑は目から入ってきました。それも戦いに出ず、怠慢に過ごしていた時でした。忠臣ウリヤの妻バテシバとの姦淫、更にはそれをおおい隠そうと、間接的にその夫ウリヤを激戦に出して殺すという恐ろしい大罪でした。人の目はごまかせても、「ダビデがしたこの事は神を怒らせた」のでした。これから神からの取り扱いが始まりますがダビデの通ったこの大罪、そして悔改めと回復の道はまた、信仰者で罪を犯す可能性、もちろん悔改めれば回復される。しかし望むところは守られることです。

<お知らせ>

▷7/11(水)新しい命誕生!ご家族にとっても教会にとっても大きな喜びです!

▷「行事報告ページ」少しずつ追いついています。出産された姉妹があと少しを回復されてからやって下さいます。しばらくお待ちください。

▷西日本大水害の新聞記事に心を痛めています。被害に遭われた方々の上に神様の慰めとすみやかな復旧を心よりお祈りいたします。

Posted in 今週のお知らせ | 西日本大水害に痛みを覚えつつの礼拝でした。2018.7/15(日) はコメントを受け付けていません。