不思議で素晴らしい教会 2017.2/19㈰

《今週のみ言葉》
「キリストは神に立てられて、わたしたちの知恵となり、義と聖とあがないとになられたのである」。
第Ⅰコリント1章30節

「教会へ行ったり、キリストに頼ろうとするのは弱い人たち、つまりお年寄りや女、子どもがすることで自分はちゃんとやっていけるので教会へは行かない」「教会という所は心のきれいな人や立派な人が行くところで、自分のような汚い心の者の行けるような所ではない」こうした「教会観」はどちらも不正解です。『神の選び』はまことに不思議で素晴らしいもので、ゆえに教会も不思議で素晴らしいところです。コリントの信者たちの中には「人間的には、知恵のある者が多くはなく、権力のある者も多くはなく、身分の高い者も多くはいない」(26)。「すなわち、無きに等しい者を、あえて選ばれたのである」(28)。とパウロが記すとおり、一方的な神の恵みの選びによりました。そのような者が「キリスト・イエスにある者」とされ神の知恵と義と聖とあがないとにあずかる者とされているわけです。そういうわけで「誇る者は主を誇れ」とありますように教会というところはキリストをひとつ心になって崇め、たたえ誇りとする「地上神の国」なのです。

<お知らせ>
▷FEBC1/22(日)当教会取材礼拝、インターネットで視聴されましたでしょうか?
2月いっぱい聴けます。www.febcjp.comにて。
▷2/14㈫羽ノ浦キリスト教会にて第22回「四国教区総会」が行われ新教区長に徳島栄光教会の森沢尚生師が立てられました。新年度の教区の歩みの祝福をお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 不思議で素晴らしい教会 2017.2/19㈰ はコメントを受け付けていません。

暦の上では2/4(土)が立春でした。 2017・2/12(日)

≪今週のみ言葉≫

「十字架の言は、滅び行く者には愚かであるが、救にあずかるわたしたちには、神の力である」。                                                              Ⅰコリント1章 18節

カルバリ山の上に建てられた三本の十字架を下線で結ぶと、古い字で『丗』今の字で『世』という字になります。

とても象徴的です。イエス・キリストの十字架を真ん中に、世は二つに分かれるのです。十字架を愚かと思って滅び行く者と、十字架こそ神からの賜物である永遠の救いに至る唯一の道だと信じて救われる者とです。そして、十字架の言、すなわち聖書のみ言葉、神からのメッセージはそのようなものにとって、まさに偉大な神の力となって、その人生に大きく働きかけるものなのです。全知、全能、全愛の神を、十字架を通して知る幸いは、測り知れません!

<お知らせ>

▷立春を過ぎて、西日本は大寒波に見舞われました。被害のあった方々に神の慰めと回復をお祈りします。

▷2/5(日)2017年度の教会総会を終えて、信仰と希望と愛をもって新年度を祈り待ち望み、備えています。お祈りを感謝いたします。

▷2017年、多くの救われる方々、キリストに永遠につながる方々が起こされますように!

Posted in 今週のお知らせ | 暦の上では2/4(土)が立春でした。 2017・2/12(日) はコメントを受け付けていません。

2月、聖餐式礼拝、教会総会でした。2017.2/5(日)

≪今週のみ言葉≫
「神は真実なかたである。あなたがたは神によって召され、御子、わたしたちの主イエス・キリストとの交わりに、はいらせていただいたのである」。第1コリント1章9節

新しい主の年2017年も、もう1ヶ月が過ぎ、今日は2月の最初の聖日(日曜日)でした。午後には教会総会が行われ、過ぐる2016年度の恵みを神様に感謝し、新しく迎える2017年度に向けて神様のみ前に備えさせていただきました。人の予定は予定ですが、その中に奇しい神様の恵みのご計画の味付けが期待できるのはなんと幸いでしょう!

教会総会と受難節(レント)に入る聖日との間では『教会』をテーマに礼拝説教をさせて頂いています。今朝のタイトルは『神の教会』でした。
コリントの町は交通の要所であり、ギリシャ神殿があり、神殿娼婦も数千と数えられ、いわば不道徳な町でした。そこに建てられたコリントの教会も大いに影響を受け、問題の多い教会で、パウロはこのコリント人への手紙をしたためたわけでした。
そういう教会でしたのに、「コリントにある神の教会」とパウロは挨拶し、コリント教会の人々がどういう聖なる交わりに入れられているかを確認させました。パウロの「教会観」でした。

<お知らせ>
▷2/3㈮、早速FEBCインターネット放送をパソコンで視聴しました。懇ろに教会の宣伝をして下さっていて感謝でした!導かれる方々が起こされますように!

▷教会の2017年度の歩みの祝福をお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 2月、聖餐式礼拝、教会総会でした。2017.2/5(日) はコメントを受け付けていません。

1月最終聖日礼拝でした。2017.1/29(日)

≪今週のみ言葉≫
「だれでもわたしについてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさい」。ルカによる福音書9章23節

今週のみ言葉は、わたしたちの属する日本イエス・キリスト教団の今年のみ言葉のもう一つです。新約篇です。標語が『日々、キリストへの献身』というところから、このみ言葉が選ばれました。
イエス・キリストがご自分の受難と十字架と復活について話された中のみ言葉です。その前に弟子の中のペテロが、「わたしをだれと言うか」とのイエス様の質問に対して、「神のキリストです」と偉大な信仰告白をしました。この時からイエス様は何度かこの予告をされたのでした。そしてご自分についてきたいと思うなら、自分を捨て、日々自分の十字架を負うて、わたしに従ってきなさいと招かれました。キリストも、十字架をわたしたちのために負って下さり、その十字架の上にご自分を捨てて下さいました。そこに、永遠の命への道がわたしたちのために開かれたのでした。自分の十字架とは、キリストを信じるがゆえの苦しみや恥です。しかしそうして、キリストに従うことにより、自らも永遠の命への道を歩めると共に、周囲の人々へもその道を指し示すことができるのです。

<お知らせ>
▷早くも新しい年の1ヵ月が過ぎようとしています!2/1㈬には「今月のメッセージ」「2月のお祈り」「ヘッダー」が更新されます。どのページの写真も『クロガネモチ』の街路樹です。香川大学周辺にとても美しく実がなっています!
▷2/5㈰13:00より2017年度教会総会です。心一つに新年度への良いスタートが切れますように!

Posted in 今週のお知らせ | 1月最終聖日礼拝でした。2017.1/29(日) はコメントを受け付けていません。

FEBCインターナショナル放送局による取材礼拝でした。2017.1/22(日)

《今週のみ言葉》

「ここにわたしがおります。わたしをおつかわしください」。イザヤ書6章8節

今週のみ言葉は、2017年、わたしたちの教団、日本イエス・キリスト教団に神様が与えて下さっているみ言葉の旧約の方です。次週は、新約の方からのメッセージです。大預言者イザヤ、旧約の福音書とさえ言われる、メシア・救主の預言に満ちているイザヤ書の著者が神様の召命にあずかった場面です。地上の王、偉大な王、52年もの間ユダ王国を治めたウジヤ王が死んだ年のできごとでした。BC740年頃でした。イザヤにとっても国民にとっても衝撃でした!その時、イザヤは神の栄光を、いえ神を見たのでした。まことの王はこのお方だと!セラピムが「聖なるかな」と叫びかわしながら飛びかける姿に聖なる神を見ました。と同時に絶望的な自分自身の汚れも見たのでした。しかし祭壇からの燃える炭火によって、その罪のゆるしが与えられたのです。「だれをつかわそうか」とのみ声に「ここにわたしがおります。わたしをおつかわしください」とイザヤはその全身全霊をこの王なる神に献げたのでした。今も神様はそのような人を求めておられます。滅びにむかう人々に真の救いを伝える人をです!

<お知らせ>

▷本日の礼拝が、インターネット放送では2/3(金)より、www.febcjp.comで見られます。ご覧下さい。AMラジオ放送では7/30(日)夜9時半より1566khzで聴けます。お聴き下さい。

Posted in 今週のお知らせ | FEBCインターナショナル放送局による取材礼拝でした。2017.1/22(日) はコメントを受け付けていません。