『サムエル記講解』最終礼拝でした。2018.9/23(日)

≪今週のみ言葉≫

「主のあわれみは大きいゆえ、われわれを主の手に陥らせてください」。サムエル記下24章14節

サムエル記下最後の章に至って、ダビデの失敗、試練の記録です。しかしそれ以上に「主のあわれみ」の記録です。高慢なダビデにサタンがしのび寄り「人口調査」をさせました。イスラエルの武装した兵士80万人とユダには50万人、計130万人と数が告げられたとたん、ダビデは大きく心が咎められたのでした。主の前に悔い改めるダビデに、示された3つの刑罰の中で「主の手に陥らせて」頂く、3日間の疫病が選ばれました。まことに激しいものでしたが、主ご自身が主の使いをとどめさせるほどでした。あわれみによりアラウナ(オルナン)の打ち場に祭壇を築くようにとの主の言葉でした。そこはかつてのモリヤの山、アブラハムのためにイサクの代わりに雄羊が備えられた所(アドナイ・イルエ)、ソロモンの神殿の地、やがて神のみ子イエス・キリストが十字架に犠牲となって下さった地です!「主のあわれみは大きい(深い)」のです。いついかなる時も、ただこのあわれみの主のみ手の内に深く潜みつつ歩みたいものです。

<お知らせ>

▷9/29(土)30(日)マンチェスターからグラハム&ジュリー・スモールマン夫妻がこられます。どなたも歓迎!チラシをごらん下さい。

▷10/7(日)教会創立69周年記念聖日です。こちらも、どなたも歓迎!バザーにもお誘い合わせおこし下さい。

 

 

Posted in 今週のお知らせ | 『サムエル記講解』最終礼拝でした。2018.9/23(日) はコメントを受け付けていません。

足立幹夫師をお迎えしての礼拝でした。2018.9/16(日)

《今週のみ言葉》

「まず神の国と神の義とを求めなさい。そうすれば、これらのものは、すべて添えて与えられるであろう」。マタイ6章33節

「各種の花が咲き競う、一年のうちで最も美しい、輝く季節を迎え、教会では今年も、花の日子どもの日礼拝を行います」と、案内をしてまいりました。子どもたちが花のように美しくとの祈りを込めて礼拝をささげたいものです。沈黙の花々は多くを語ります。神に装われている花々の美しさは、それを十分に言い表すことばが見つかりません。その種類、姿、形、色、香り、驚くばかりです。ソロモンの栄華も及ばないとイエス様は言われます(29)。花にしてこんなに心掛けられる神さまは、私たちにそれ以上よくしてくださらないはずがあるでしょうか?美しく神の栄光を現す花のように、ひたすら神第一に生きること。まずは礼拝、まずみことば、まずお祈り、まず「みこころ」と。不思議な、豊かすぎるほどの神の供給に、身もたましいもあふれること間違いなしです。ー小野淳子著「神と共に歩む日々」6/8分より

<お知らせ>
▷ 小野牧師は本日、日本フリーメソジスト神戸ひよどり台教会献堂22周年記念礼拝と集会でのご用でした。帰路、岡山神の国キリスト教会での第43回西日本再臨待望大会に9/17(月・祝)まで出席してきます。

▷ 9/29(土)30(日)スペシャルな2日間のため、お祈り下さり、ご参加下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 足立幹夫師をお迎えしての礼拝でした。2018.9/16(日) はコメントを受け付けていません。

第1回ファミリー合同礼拝でした。2018.9/9(日)

《今週のみ言葉》

「三勇士はこれらのことを行った」。サムエル下23章17節

今朝は、従来の「敬老礼拝」の名を改め、「ファミリー合同礼拝」としての第1回の礼拝でした。教会学校やかえるクラブに集う子どもたちの両親や特に祖父母の方々をお招きして、孫たちと共に集い、神をさんびし礼拝しました。75才以上の方々と共に来会された祖父母の方々にも祝福のお祈りとプレゼントが贈られました。メッセージタイトルは『ダビデとけらいたち』少年ダビデは拾った5個の中の一石をもって見事に巨人ゴリアテを倒しました。油注がれていましたが、なおしばらくの苦難を通って、王(KING)となり国を治めました。勇敢な王ダビデのもとに400人が従いましたがその中に「ダビデの三勇士」がいました。アドラムのほら穴にいたダビデは、「ああ、ベツレヘムの井戸水が飲みたい」と願った、その願いを叶えるべく、「三勇士」は敵陣を突っ切って命がけでその井戸水を汲んでダビデ王のもとに持ってきました。ダビデ王は「ああ、これは命をかけた人々の血だ。飲むことはできない」と地に注いで、主に献げたのでした。今、私たちのKING(王)はダビデの子イエス・キリスト様です。最強の王イエス様を愛して、従う、「イエス様の勇士」とされたいです。

<お知らせ>

▷ 次週、9/16(日)は足立幹夫牧師をお迎えしての礼拝です。

▷ 小野牧師は、日本フリーメソジスト・神戸ひよどり台教会(大嶋博道牧師)にて、礼拝と、午後の講演のご用です。

▷ 9/16(日)15:00~ 9/17(月・祝)15:30岡山・神の国キリスト教会にて、第43回西日本再臨待望大会です。主講師は荻窪栄光教会、中島秀一牧師です。祝福をお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 第1回ファミリー合同礼拝でした。2018.9/9(日) はコメントを受け付けていません。

振起日聖餐式礼拝でした。2018.9/2㈰

≪今週のみ言葉≫

「これは神が、よろず備わって確かなとこしえの契約をわたしと結ばれたからだ」。サムエル下23章5節

「これはダビデの最後の言葉である」(1)とありますように生涯の終りをしめくくる遺言です。神の霊感を受けてダビデが語った、とっておきの生涯の中で最も感動的なことを語ったものです。この遺言はまた単にダビデからソロモンにという域を越えてダビデからダビデの子として来られたイエス・キリストにまで及ぶ、霊感された言葉です。

「神が、よろず備わって確かなとこしえの契約をわたしと結ばれたからだ」(5)。すべてに整った永遠の契約を確かなものとして結んでくださった。このことはダビデの子イエス・キリストにおいて完全に成就しました。キリストにあってのみ、人は≪とこしえの罪のゆるし≫と≪とこしえの命の約束≫にあずかることができるのです。人としての根本問題である≪罪と死≫の問題を解決して下さる唯一絶対なる救い主イエス・キリストとの出会いこそ万民の必要とするものであり、それゆえに「よろず備わって確かなとこしえの契約」を結んで下さる神と共に歩みゆく人生があることを伝えていきたいのです。

<お知らせ>

▷次週9/9㈰10:15~これまでの「敬老礼拝」から名前も新たに「ファミリー合同礼拝」として75才以上の方々のための祝福の祈りとプレゼントに加えて、教会学校やかえるクラブに集う子どもたちの祖父母の方々もお招きしての合同礼拝を持ちます。親子3世代、4世代(!?)共に集って神様を賛美し、感謝し礼拝いたしましょう。どなたも大歓迎です!

Posted in 今週のお知らせ | 振起日聖餐式礼拝でした。2018.9/2㈰ はコメントを受け付けていません。

8月最終聖日でした。 2018.8/26(日)

≪今週のみ言葉≫

「彼らはわたしの災の日にわたしに、たち向かった。しかし主はわたしの支柱となられた」。サムエル下22章19節.

「わたしのわざわいの日に彼らはたちはだかりました。けれども、主は私の支えとなられました」。(同上、新改訳2017)

ダビデの最後の感謝の歌です。黄色、白色、淡いピンク色、薄紫色、空色と、色とりどりのつりがね草が初夏の風に優しく揺れていました。そこには支柱が立てられていて、一本一本の茎をしっかりと支えていました。ちょうど支柱となって下さる主と、私との関係をみるがごときでした。つりがね草は弱く何の力もなく、風に吹かれれば、いえ、吹かれなくても、支柱がなければひとたまりもなく倒れてしまいます。が、支柱さえあれば大丈夫!一国の王でありながら弱い自分をよく承知していたダビデのために、主のご訓練とはいえ、時にはあまりにも過酷と思える状況の中で、真にダビデを支え続けたのは、支柱となられた主ご自身のみでした。

今日、弱さの中にありますか。主が支柱となって下さいます。 (小野淳子著『神と共に歩む日々』7月25日分より)

<お知らせ>

◇早くも8月最後の週となりました。今週末には「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(ゆすらうめ)」が更新されます。

◇本日の礼拝では、クリスチャンホームの3カ月になる赤ちゃん(BOY)の献児式が行われました。ご両親にとってはもちろんのこと、教会にとっても大きな喜びであり、希望です!

◇8/27(月)ー30(木)第58回香登修養会です。収穫の秋に向けて、牧師も信徒も整えられますように。多くの参加者のため、主講師水野晶子教団委員長のためお祈り下さい。

◇次週9/2(日)10:15~振起日聖餐式礼拝です。「ラリーデイ」全員集合して、秋の陣に向えますようお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 8月最終聖日でした。 2018.8/26(日) はコメントを受け付けていません。