2019年度教会総会を終えての最初の礼拝でした。2019.2/10(日)

《今週のみ言葉》

民は皆見て、ひれ伏して言った、「主が神である。主が神である」。列王記上18章39節

バアルの預言者450人、アシラの預言者400人、計850人対、エリヤ一人(いえ、イスラエルの神・主!と!)。偶像崇拝者たちへの挑戦がカルメル山上にて行われました。それぞれの祭壇に一頭の牛を切り裂いてたきぎの上に置き、火をつけないでおく。互いの神の名を呼んで、そして、「火をもって答える神を神としましょう」(24)との挑戦でした。バアルの神は、崇拝者たちが朝から晩までバアルの名を呼んでも答えません。エリヤにあざけられ、彼らは大声で呼ばわり、自分の身さえ傷つけるほどでしたが、ノーアンサー(no answer.)でした! エリヤの番になり、12の石で祭壇を築き四つのかめに水を満たしそれを燔祭とたきぎの上に注ぎ、それを3度しました。水は祭壇にもみぞにもあふれました。夕の供え物の時になってエリヤは短く、しかし確信をもって、アブラハム、イサク、ヤコブの神に祈ったのでした。「わたしに答えてください。わたしに答えてください」と(37)。すると主の火が天から下り、燔祭もたきぎも、石もちりも焼き尽くし、みぞの水もなめつくしました!民は皆見て、ひれ伏して言った、「主が神である。主が神である」。(39)まことにエリヤのイスラエルの神、主は生きておられます。今も、イエス・キリストは生きておられます。この神にのみ仕えよとの挑戦です。

<お知らせ>

 ▷2/17(日)16:00~18:00 第33回ゴスペル・カフェです。どなたも歓迎!特に幼い子どもたち、中高生、大学生、青年たちが集いますようお祈り下さい。

 ▷2/11(月・祝)は小松島栄光教会にて第24回四国教区総会が行われます。2018年度の感謝を主に、そして2019年度を主と共にスタートできますようお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 2019年度教会総会を終えての最初の礼拝でした。2019.2/10(日) はコメントを受け付けていません。

2月聖餐式礼拝でした。2019.2/3(日)

《今週のみ言葉》

「主が雨を地のおもてに降らすまで、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えない」。列王記上17章14節

「わたしの言葉のないうちは、数年雨も露もないでしょう」(17・1)と、電撃的な発言をしたエリヤを、神はケリテ川のほとりに身を隠させ、からすに養わせました。やがて川の水もかれて神はエリヤを「シドンに属するザレパテ」へ行ってそこに住むように命じられました。想定外の地へです!シドンは、王妃イザベルの出身地、バアル礼拝の根拠地ではありませんか!!まさに敵地でした。しかも「やもめ女に命じてあなたを養わせよう」と、これまた想定外のお言葉でした!しかし、「そこで彼は立ってザレパテへ行った」(10)でした!子どもと共に死のうとしていたザレパテの女がエリヤの言葉に従って小さいパンを一つ作ってエリアに与えたところ、「主がエリヤによって言われた言葉のように、かめの粉は尽きず、びんの油は絶えなかった」(16)のでした。3年6か月が満ちるまで。み言葉に従うことは生きることであると同時に、また人を生かす道でもあります。そして、わたしたちの神は無限の供給者です。

<お知らせ>

▷2019年度教会総会が13:00から開かれます。キリストの身体なる教会としてよき新年度のスタートが切れますように。

▷18:00からは、当教会最年長の95才の姉妹が2/1(金)召天され、前夜式です。告別式は2/4(月)10:30~です。姉妹の最後のよき証しの時となりますように、クリスチャンではない、ご遺族の心に主が働いて下さいますようにと祈っています。ご加祷下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 2月聖餐式礼拝でした。2019.2/3(日) はコメントを受け付けていません。

1月最終聖日礼拝でした。

<<今週のみ言葉>>

「わたしの仕えているイスラエルの神、主は生きておられます」。                             列王紀上17章1節

本日と2月の4回の礼拝メッセージは旧約講解説教に戻り、預言者エリヤに学びます。タイトルは『主は生きておられます』北王国イスラエルのアハブ王が、妻イゼベルによりもたらされたバアル礼拝にそまり、国民的背信の危機の中で、神は生きておられるご自身を強烈にあかしされるために預言者エリヤを彗星のように登場させたのでした。生きておられる真の神はエリヤを通して語られその言葉の通りに、イスラエルには、3年6カ月の間(ヤコブ5:17)雨も露もなかったのでした。この「干ばつ」はバアル礼拝者たちへの審判でした。生きて語られる神は、生きて養われる神です。エリヤをケリテ川のほとりに隠れさせ(祈りのため)、川の水を飲ませ、そしてからすによって養われました!からすが朝に夕にパンと肉を運んできたのでした。神の命令にはからすまでもが従ったのでした!昔も今も神に仕える者たちの所には多くの「からす」がつかわされて、神からの養いを与えられていることはまことに驚きです!

<お知らせ>

▷早くも新年も2月を迎えます。今週中に「今月のメッセージ」「2月のお祈り」「へッダー(フクシアの花)」が更新されます。

▷次週2/3(日)2019年度教会総会です。心一つに、主にあって新しい年度を進められますように!

Posted in 今週のお知らせ | 1月最終聖日礼拝でした。 はコメントを受け付けていません。

「今こそ次世代への宣教と信仰継承を」2019.1/20(日)

≪今週のみ言葉≫

「幼な子らをわたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である」。マルコ10章14節

「今こそ、次世代への宣教と信仰継承を」2019年、日本イエス・キリスト教団の「標語」です。そして旧約は先週の出エジプト33・14、新約が今日のマルコ10・14のみ言葉です。マルコ8章で「あなたこそキリストです」と信仰告白したペテロをはじめ弟子たちに、イエス様は受難の予告を始められました。重苦しい空気の中で、忙しく活動されるイエス様のことを心配して幼な子たちを連れてきた母親たちをたしなめた弟子たちでした。が、むしろ、イエス様は憤られて「幼な子わたしの所に来るままにしておきなさい。止めてはならない。神の国はこのような者の国である」と言われ、子どもたちを抱き、手をその上において祝福されたのでした!幼な子らは謙遜、従順、信頼に満ちています。神の国はこの幼な子たちのような者の国です、とは何という賛辞でありまた幼な子たちを価値づけるイエス様のお心ではないでしょうか!?幼な子たちにならうと共に幼な子たちにまちがいなくイエス様を紹介しそのみ国を継ぐ者となるよう、祈り労したいものです。

<お知らせ>

▷本日は礼拝直後、臨時総会でした。ご自身のからだなる教会に神のみ旨が成りますように。

Posted in 今週のお知らせ | 「今こそ次世代への宣教と信仰継承を」2019.1/20(日) はコメントを受け付けていません。

第9回青年祝福礼拝でした。 2019.1/13(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたし自身が一緒に行くであろう。そしてあなたに安息を与えるであろう」。                     出エジプト33章14節

2019年、日本イエス・キリスト教団の標語は、「今こそ次世代への宣教と信仰継承」であり、旧約聖書の方のみ言葉が、出エジプト33章14節です。 1951年7月20日21日と、教団創立総会がもたれ、26教会参加のもと、初代委員長、小島伊助師が立てられ、先生が祈って上より与えられたのが、きょうのみ言葉でした。

アロンと民は、モーセが山の上で十戒をさずかっている間に、金の子牛を作り、神の怒りを買いました。モーセのとりなしによって主は怒りをおさめられました。モーセは、誰を私とともにつかわして下さいますか、とたずねた時、このみ言葉が語られたのでした。「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる」(出エジプト33・14、新改訳2017)モーセは喜ぶと共に、さらにダメ押しをしました。「もしあなた自身が一緒に行かれないならば、わたしたちをここからのぼらせないでください」と。まさに『臨在信仰』神の臨在のみをあてにする真の信仰者の姿でした。『臨在の約束』そして『安息の約束』はまことに真実な神からの真実な約束なのです。何と強く頼もしい最高の約束ではないでしょうか!!

<お知らせ>

▷青年の証し、賛美、祝歌、そしてお寿司昼食と幸いな青年祝福礼拝でした。若い魂がさらに加えられますよう、祈ります。お祈り下さい!

Posted in 今週のお知らせ | 第9回青年祝福礼拝でした。 2019.1/13(日) はコメントを受け付けていません。