第9回青年祝福礼拝でした。 2019.1/13(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたし自身が一緒に行くであろう。そしてあなたに安息を与えるであろう」。                     出エジプト33章14節

2019年、日本イエス・キリスト教団の標語は、「今こそ次世代への宣教と信仰継承」であり、旧約聖書の方のみ言葉が、出エジプト33章14節です。 1951年7月20日21日と、教団創立総会がもたれ、26教会参加のもと、初代委員長、小島伊助師が立てられ、先生が祈って上より与えられたのが、きょうのみ言葉でした。

アロンと民は、モーセが山の上で十戒をさずかっている間に、金の子牛を作り、神の怒りを買いました。モーセのとりなしによって主は怒りをおさめられました。モーセは、誰を私とともにつかわして下さいますか、とたずねた時、このみ言葉が語られたのでした。「わたしの臨在がともに行き、あなたを休ませる」(出エジプト33・14、新改訳2017)モーセは喜ぶと共に、さらにダメ押しをしました。「もしあなた自身が一緒に行かれないならば、わたしたちをここからのぼらせないでください」と。まさに『臨在信仰』神の臨在のみをあてにする真の信仰者の姿でした。『臨在の約束』そして『安息の約束』はまことに真実な神からの真実な約束なのです。何と強く頼もしい最高の約束ではないでしょうか!!

<お知らせ>

▷青年の証し、賛美、祝歌、そしてお寿司昼食と幸いな青年祝福礼拝でした。若い魂がさらに加えられますよう、祈ります。お祈り下さい!

Posted in 今週のお知らせ | 第9回青年祝福礼拝でした。 2019.1/13(日) はコメントを受け付けていません。

2019年最初の聖日、聖餐式礼拝でした。2019.1/6(日)


≪今週のみ言葉≫

「あなたがたは、代価を払って買いとられたのだ。それだから、自分のからだをもって、神の栄光をあらわしなさい」。第Ⅰコリント6章20節

2019年の最初の聖日を主に感謝し、主の命にあずかり礼拝でき感謝しました。2019年の新約のみ言葉です。「神の栄光」まずは、自然界にふんだんに現わされています!北の地は、白銀の世界でしょう。雪の白さは単に白いのみでなく、輝く白銀です。雪の上にたとえ白いハンカチを落としてもそれがうす汚く見える、不思議な白銀です。神の栄光はちょうどそのように、あらゆる自然界にきらめき輝いています!真の神を知ってのみ、そのことがわかるようになります。樹木も、野菜も果実もそして花も、みな造り主のみ旨のままにその使命を果たして、神の栄光をあらわしています。では、

人間界はー?「すべての人は罪を犯したため、神の栄光を受けられなくなっており」(ローマ3・23)とある通り、人は生れたままの姿では、神の栄光とはならず、また神の栄光を受けられず表せない存在です。しかし、唯一、イエス・キリストの身代わりの死を信じ、罪ゆるされ、神の霊を内に宿す者(聖霊の宮)とされて初めて、神の栄光のために生き、神の栄光の輝きを放ち得る者とされます。何のために生きる?-『神の栄光のため』最高の人生の目的を知り、そのために生かされる幸いを、すべての人が知ってほしいものです。

<お知らせ>

▷次週1/13(日)10:15~青年祝福礼拝です。

多くの若者たちが、神の祝福にあずかれますように。礼拝にはどなたも大歓迎!青年の証詞やスペシャル賛美もあります♪

Posted in 今週のお知らせ | 2019年最初の聖日、聖餐式礼拝でした。2019.1/6(日) はコメントを受け付けていません。

年末感謝の礼拝でした。2018.12/30(日)

≪今週のみ言葉≫

「全知よ、主にむかって喜ばしき声をあげよ。喜びをもって主に仕えよ。歌いつつ、そのみ前にきたれ」。詩篇100篇1~2節


全知よ、ヤーウェに大呼せよ

歓喜の中にヤーウェに事へ

歓喜の中に彼の前に来れ

汝ら知れ、ヤーウェ、彼こそ神にして

彼こそ我らを造り、我らは彼のもの

彼の民、彼の牧場の羊なり

感謝の中に彼の門に入り

讃美の中に彼の庭に[入れ]

彼に感謝し、彼の名を祝せ

そはヤーウェは善にして

彼の恩寵は永遠

彼の真実は代々にまで

以上は青木澄十郎・著『詩篇の研究』(詩篇の直訳と略解)よりの詩篇100篇です。

英語で「詩篇第100篇」とは「PSALMC」です。BC.16Cに作られた優れた英語訳から「いにしえの第100篇」

(Old Hundredth)と呼ばれて愛唱されてきました。

「真の賛美歌」(グンケル)とか「入場の賛美」(クヴェル)とかとも呼ばれている。また表題にあるように「感謝の供え物のための歌」でもあります。

「主のみわざ」(1~3節)ゆえの「主への礼拝」(4,5節)が、ふさわしくささげられることを祈り、また実践したいものです。

<お知らせ>

▷主にありて、どうぞよき年末年始を!元旦礼拝は11:00より。1/6㈰は新年聖餐式礼拝が10:15~、そして毎週2019年も良き礼拝を、この主のみ前におささげしたく祈ります。

▷元旦より「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー」(講壇の蘭の花)が更新されます。HAPPY NEW YEAR!主の年2019年。

Posted in 今週のお知らせ | 年末感謝の礼拝でした。2018.12/30(日) はコメントを受け付けていません。

2018年のクリスマスおめでとうございます!2018.12/23(日)

《今週のみ言葉》

「彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた」。マタイ2章10節

創造の始め、神は4日目に太陽・月・星を造られました(創世記1・16)その神がただ一度、誰も、星の研究をする博士たちも、まだ見たことのない「星」を輝かせられました。それが「メシア誕生のしるしの星」でした。その昔、モーセ、ヨシュアの時代、BC、1400年頃、預言されていたのでした(民数記24・17ヤコブから一つの星が出、)ユダヤから遠くメソポタミアの星の研究家たちが、その不思議な星を発見し、その星こそ「メシア誕生のしるし」と悟り、その星に導かれて、はるかに救い主をたずね求めて旅をしました!その期間は一年以上!エルサレムの神殿ではありませんでした。ヘロデ王は「ユダヤ人の王としてお生まれになったかた」と聞いておだやかではありませんでした。ミカの預言により、その地はベツレヘムと律法学者たちから聞いて、博士たちは出かけると、なんと!東の方で見た星が、再び現われ「彼らより先に進んで、幼な子のいる所まで行き、その上にとどまった」(マタイ2・9)のでした!!『彼らはその星を見て、非常な喜びにあふれた』(10)のでした。救い主とお会いするーこれ以上の喜びは天にも地にもありません!

<お知らせ> ◇本日のクリスマス礼拝では、受洗者、入会者が与えられ、天でも地でも大きな喜びでした!午後は愛餐会・祝会でした。

◇明日12/24(月・祝)は16:00~17:30キャンドルライトサービスです。メッセージは本日のパートⅡです。おいしいケーキetc,のティータイムもあります。おみやげのクッキーまであります。どなたも大歓迎!

Posted in 今週のお知らせ | 2018年のクリスマスおめでとうございます!2018.12/23(日) はコメントを受け付けていません。

第Ⅲアドベント礼拝でした。2018.12/16(日)

≪今週の聖句≫

「見よ、おとめがみごもって男の子を産むであろう。その名はインマヌエルと呼ばれるであろう」。これは「神われらと共にいます」という意味である。マタイ1章23節

『インマヌエル』とはヘブル語で、日本語に訳すと「神われらと共にいます」との意味となります。マリヤの受胎告知ののち、いいなづけのヨセフは苦悩します。その祈りの中で、夢の中で、御使がこの言葉を告げました。イザヤ7章14節の預言の言葉でした。平凡な結婚生活が、思いもよらない「救主誕生」に深く関わるものとなったのでした。しかし、ヨセフは納得し、救主誕生のために大切な務めを果たすことになるのでした。『イエス』(救い主との意味)ご自身が、神と人とがみごとにドッキングした、『神共にいます』お方でした。このイエスを通してのみ罪深い人間が、聖なる神と共に存在できる道が開かれたのでした。≪神は人と共におられることを喜びとされる方≫とは何という驚きでしょう!神が共にいて下さることを喜ぶ私たちですが、私と共におられることを喜びとしていて下さる神を、いかにかしてもっとお喜びして頂けるようにという思いが湧いてきます。

<お知らせ> 

▷本日16:00~18:00 第32回ゴスペルカフェクリスマスです!どなたも大歓迎!

▷いよいよ次週12/23(日)10:15~クリスマス合同礼拝・愛餐会・祝会≪クリスマス本番≫です!! 12/24(月祝)16:00~17:30キャンドルライトサービス。あなたのおいでをお待ちしています!

      

Posted in 今週のお知らせ | 第Ⅲアドベント礼拝でした。2018.12/16(日) はコメントを受け付けていません。