第Ⅲ回目、第5週目の自宅礼拝でした。2021.9.19(日)

≪今週のみことば≫

「蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぎ見ると生きた。」民数記21章9節

説教題:『仰ぎ見て生きる』      聖 書:民数記21章4~9節

本日をもって旧約聖書 荒野の指導者モーセとの旅を終り、次週から10月いっぱいは新約聖書で「キリストとの出会い」シリーズになります。本日のテキストは、まことに良い橋渡しとなっています。

Ⅰ.青銅の蛇を仰ぎ見て生きる(本日のテキスト)

 荒野の旅の中で、イスラエルは何度も食べ物について不平を言ってきました。(出エジプト記16章、民数記11章)。ここはイスラエルの民が食物について不平を言い、エジプトの食物にあこがれた最後の記録です。ホル山から紅海の道に向かう途中「しかし民は、途中で我慢ができなくなり、神とモーセに逆らって言った。」(4,5)のでした。なぜ自分たちを「この荒野で死なせようとするのか。パンもなく、水もない。われわれはこのみじめな食べ物に「飽き飽きしている。」(5)と不平をぶちまけました。荒野で奇跡的に養われた天からのパン、「マナ」を「このみじめな食べ物」と言い、「飽き飽きしている。」とまで言いました!当然主の激しい怒りにより、主は民の中に燃える蛇を送られました。かまれると猛毒のために、民の多くがバタバタと死んでいきました。民は慌てて悔い改め、モーセに「どうか、蛇を私たちからとり去って下さるよう主に祈って下さい。」(7)と懇願し、モーセは祈りました。主の答えは、民の要求よりも勝る答えでした。「あなたは燃える蛇を作り、それを旗ざおの上につけよ。かまれた者は皆、それを仰ぎ見れば生きる。」(8)モーセは言われたとおり、一つの青銅の蛇を作り、旗ざおの上に付けました。「蛇が人をかんでも、その人が青銅の蛇を仰ぎ見ると生きた。」のでした!!仰ぎ見る、それは信じて従う行為でした。青銅の蛇に力があるのでなく、神のみ言葉を信じて従うところに命を得る道があるのです。

Ⅱ.十字架上のイエスを仰ぎ見て生きる(ヨハネ3・14~16) 夜、イエスのもとをたずねてきたニコデモに語られたみ言葉です。「モーセが荒野で蛇を上げたように、人の子も上げられなければなりません。それは、信じる者がみな、人の子にあって永遠のいのちを持つためです。」そして聖書中の聖書、ヨハネ3・16が続きます。「神は、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」 この青銅の蛇は、イエス・キリストの型です。青銅の蛇が上げられたように、イエスは罪を象徴する蛇として十字架にかかって下さいました。罪なき神の子イエスが、罪とされ、私たちのためにのろいとなってくださいました(ガラテヤ3・13)。 信じてこの十字架を仰ぎ見るだけで、すべての罪・のろいは赦され、取り除かれ、救われて、永遠に生きることができるのです。ハレルヤ!

<お知らせ>▷さすがに自宅礼拝も一カ月を超えると寂しさを覚えます。あと1回で終り、10/3(日)より再開できるよう、祈っています。ご加祈下さい。

▷10/3(日)は、10:15~11:30、「教会創立72周年記念聖餐式礼拝」です。喜びの礼拝再開、創立記念礼拝、聖餐式礼拝となりますよう、お祈り下さい。

▷同時に、教会学校、木曜かえるクラブも再開できますよう、信じて祈っています!

                                    

Posted in 今週のお知らせ | 第Ⅲ回目、第5週目の自宅礼拝でした。2021.9.19(日) はコメントを受け付けていません

第Ⅲ回目、第4週目の自宅礼拝でした。 2021.9/12(日)

≪今週のみ言葉≫

「「あなたには、わたし以外に、ほかの神があってはならない。」出エジプト記20章3節

説教題:『十戒十の愛のルール』   聖 書:出エジプト記20章1~17章

「十戒」と聞いて、私がいつも思い出す先生がおられます。B・F・バックストン師の四男、B・ゴッドフレー・バックストン師です。私が神学生一年の6月(1969年)、神学校で語られました。「皆さん、もし世界中の人がみんなこの「十戒」を守ることができたら、世界は何と幸福な世界になることでしょう!」と!本当に!と思い、ずっと心に印象的にとどまっています。しかし現実は罪の中に人は生まれてきますので、そうはいきません。「十戒」には3つの大きな特徴があります。①「十戒」だけが直接神の御声によって石の板に記されました。②「十戒」だけが直接神の指によって石の板に記されました。③「十戒」だけが神の箱の中に置かれました。神の道徳律がすべての政治の中心として置かれました。第1戒~第4戒は、神に対する人間の義務と責任、第5戒~第10戒は、人間の人間に対する義務と責任です。

Ⅰ.イスラエルの幸い 「十戒」ならびに律法は人生の案内図であり、羅針盤です。この律法の原則に従って歩むなら、すべての民の人生は、神の祝福に満ちた素晴らしいものとなるという類のものです。申命記4・7~9, 7・6~11にある如く、神が愛して選ばれた宝の民、その民に与えられた比類なき神の愛の律法です。本日のみ言葉はその「第一戒」です。この戒めの前には2節があります。「わたしはあなたをエジプトの地、奴隷の家から導き出したあなたの神、主である。」あの出エジプト(Exodus)の驚くべき出来事をなさって下さったお方だというわけです。430年の奴隷の苦役の中から、あざやかに完全開放して下さったお方です。こういうわたしがあなたの神、主だ。だからわたしのほかに、一体何ものを神とすることができるか!?「あなたには、わたし以外に、ほかの神があってはならない。当然のことだ!と。この説明に、小島伊助師は「義認・聖化・栄化」に書いておられます。「母親は娘を妬む権利がある。苦しんで産み、ゆりかごの中に愛の限りを尽くし、育て、大きくなって、親を親とも思わない仕草の中に、母は娘を妬む権利がある。」と!親の苦労は大変なもの。贖い主なる神もまたねたむ権利を持たれるお方です。

Ⅱ.新約のイスラエルの幸い 今の私たちに与えられている人生の案内図、羅針盤は、「聖書」。「モーセの十戒」を当然含むと共に、新約聖書に「福音」が記されています!イエス・キリストのGood News(グッドニュース)です。私たちもまたエジプト奴隷の地、即ち、罪の奴隷、この世と我欲の奴隷から、イエス様の十字架の贖いによって解放され、救い出されました。それぞれに「贖い出された物語」があります。先週の水曜日9/8、夕方の6時半、54年前(1967年)の金曜日、私の人生を180°変えた出来事が起こりました。徹底した悔改めと十字架上のキリストとの出会いで、心が新しく生まれた記念の瞬間でした!このキリスト、この神のみが私を罪から永遠の滅びから救い得る唯一のお方!この神以外に一体、他の何者を神とできるでしょう!!

<お知らせ>

▷9月第二聖日と言えば、私たちの教会では「ファミリー礼拝」と名づけて、80才以上の敬老の方々を祝福しての礼拝が持たれてきました。残念ながら自宅礼拝ですので週報に記されている敬老の方々21名のお名前をあげて、4それぞれの家庭で祝福をお祈りさせて頂きます。

▷10/3㈰ 創立72周年記念聖餐式礼拝より共に集っての礼拝ができますよう祈りましょう。同時に教会学校・かえるクラブの再開のために!

Posted in 今週のお知らせ | Leave a comment

9月第一聖日・振起日を迎えました。 2021.9/5(日)

≪今週のみ言葉≫

「モーセが手を高くあげているときは、イスラエルが優勢になり、

  手を下ろすとアマレクが優勢になった。」出エジプト記17章11節

説教題:『祈りの手』      聖 書:出エジプト記17章8~16節

「異民族との戦い」―荒野でイスラエルに試みられたのは、食べ物や飲み水ばかりではありませんでした。アマレクは創世記36章12節によればエサウの子孫でした。彼らはイスラエルの民が神に守られているのを承知で、なお戦いを挑んできました。いわば私のうちにあって神に対抗する肉の力、サタンの力と見ることができます。アマレクと直接対戦したのは勇将ヨシュアと選ばれた人々でしたが、その主役は丘の上のモーセと、その祈りの手を日が沈むまで支えたアロンとフルでした。主の命により勝利を記録したモーセは、祭壇を築き、それをアドナイ・ニシ(「主はわが旗」口語訳)と呼んで、神こそ戦いの主役と仰ぎ、栄光を神に帰しました。今も変わらず、クリスチャンの最大の戦力は実に祈りであり、勝利はアドナイ・ニシからです。(以上『神と共に歩む日々』2/10分より)

Ⅰ.戦う人ヨシュア(10,13)「聖書の中でヨシュアという名が記されるのはここが最初である。実際にはこの時の名はヨシュアではなくホセアだったようである。(民数記13・16)。いずれも名の意味は<主は救い>であり、ギリシャ語では<イエス>となる。」(『牧羊者』p.69)モーセからの命令を受けて、ヨシュアはアマレクと対戦しました。時にはヨシュアとイスラエル側が優勢になり、時にはアマレクの方が優勢となりながらの戦いでした。その原因は、実は戦っているヨシュアにあったのではないことが分かってきます。

Ⅱ.祈る人モーセ、そしてアロンとフル(9~12)

「私は明日、神の杖を手に持って、丘の頂に立ちます。」(9)神の力と臨在の象徴である神の杖を持ってモーセは、丘の頂に立ちました。アロンとフルも共に登りました。モーセが手を高く上げているとき」(11)それは「祈っているとき」でした。「手を下ろす」すなわち力なく手を下げる。祈れなくなっているときは、アマレクが優勢になったのでした。それでアロンとフルは石の上にモーセに腰かけてもらい、左右からモーセの祈りの手を日没までしっかり支え、祈り抜かせて、ついにヨシュアとイスラエルはアマレクを打ち破ったのでした。この記事は、いつも私に、1980年10月に行われた「ビリー・グラハム国際大会」を思い出させます。そのポスターには、ビリー・グラハム博士の祈る姿があり、その下には≪アロンとフルはあなただ!≫と記されていました。そして大きく≪祈りのうねり≫とのキャッチフレーズが絶えず心を励ましたものでした。祈りました。個人でも教会でも本当に祈りました!10/8~12、私は10/8,10,12の3回大阪日生球場での大会に岡山からバスで参加しました。2,000人の聖歌隊の中で賛美しました。そして開場前、その球場に人、人、人が大河のように流れ込むのを目のあたりにし、「この日本で!!」と感動に包まれました。≪祈りのうねり≫≪アロンとフルはあなただ!≫祈りの巨大な力を実体験した時でした。4万人、5万人の参加者でした。

<お知らせ>

▷ 猛暑や大雨となかなか気温差のある時となりました。9月に入り、トンボや虫の音は秋を告げてくれています。

▷9月いっぱいは「自宅礼拝」を予定しています。コロナの終息を切に祈り、10/3㈰の教会創立72周年記念聖餐式礼拝より、喜びの再開をと願っています。ご加祷下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 9月第一聖日・振起日を迎えました。 2021.9/5(日) はコメントを受け付けていません

8月最終聖日でした。 2021.8/29(日)

≪今週のみ言葉≫

「イスラエルの子らは、人が住んでいる土地に来るまで、四十年の間マナを食べた。」

出エジプト記16章35節

    説教題:『天からのマナ』      聖 書:出エジプト記16章31~36節

8/24㈫25㈬と、第60回記念香登修養会がオンラインにて行われ、4回の聖会の恵みにたっぷりと浴しました。主題『命の水の流れを見る』「この川が入るところでは、すべてのものが生きる。」(エゼキエル47・9)聖会Ⅰでは9/6㈪に94才のお誕生日を迎えられる高橋虎夫師の貴重な聖会の流れの証し。説教は委員長の工藤弘雄師。祭壇の南、神殿の右側の下から流れていた水の流れは、きよい流れ、豊かな流れ、祝福の流れ。それがキリストを信じる私たちの心の奥底から流れ出るのです。(ヨハネ7・37)とのメッセージに改めて圧倒されました。聖会Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ、主講師の石田学師はペテロの手紙第一1・1~3、13~16、2・9~12を軸に、エゼキエル47・9、詩篇1・3、イザヤ35・5~10と、それぞれ命の水の流れを連結して、見事に語って下さいました。一貫したメッセージは今現在試練の中にある私たちにぴったりのメッセージで、『私たちは地上では旅人・寄留者。生ける望みに生かされ聖なる者として、異邦人の中にあっては立派に(美しく)ふるまうよう召されています。そこに私たちを通して命の水=聖霊の川が豊かに流されていくのですと!』今日のテキストである荒野のイスラエルとダブって思いを巡らせられます。地上は「定住の地」ではない。カナン(天のカナン)こそ、神の民の定住の地なのです。

 Ⅰ.天からのマナの奇跡(本日のテキスト、14~30節参考)

エクソダス(脱出)の大勝利の後、シンの荒野に入り、民はモーセとアロンにむかって不平を言いました。主はモーセに、夕には肉を、朝にはパンを与えると語られました。それは毎日その日の分を集め、六日目には翌日の安息日の分も二倍集めるようにとのことでした。夕にはうずらの肉、朝には宿営の周り一面に露が降り、露が消えると荒野の面には地に降りた霜のようなものがありました。「イスラエルの子らはこれを見て『これは何だろう』と言い合った。」(15)『これは何だろう』のヘブル語が『マーナー』であり、「この言葉は、同時に『これはマナである』と訳すこともできる言葉である」(『牧羊者』P.63)200万人もの大群衆の食用に足るほどの大量。分量は奇跡的に均等、安息日分は腐敗しなかった。その1オメルはあかしの箱の前に置かれて、永久保存に耐えた。しかもそのマナが朝毎に四十年間与えられ続けたことは、神の奇跡以外の何ものでもありません!!

 Ⅱ.天からのパンの奇跡(ヨハネ6・32~35,48~51)

「わたしがいのちのパンです。わたしのもとに来る者は決して飢えることがなく、わたしを信じる者はどんなときにも、決して渇くことがありません。」(35)「わたしはいのちのパンです。あなたがたの先祖たちは荒野でマナを食べたが、死にました。しかし、これは天から下って来たパンで、それを食べると死ぬことがありません。わたしは、天から下って来た生けるパンです。」(48~51)この世の荒野の旅人、寄留者である私たちは、この「天からのパン」であるイエス・キリスト(=みことば)に日々養われつつ、天のカナンめざして、生ける望みの内に歩み続けるのです。

<お知らせ>

▷ 雨の多かった異常な8月、また月末には猛暑がぶり返し「蔓延防止等重点措置」が愛媛、香川、高知となりました。

▷私たちの教会では、2020.4/19~6月いっぱい、2021.6月一カ月の自宅礼拝に続いて3回目の自宅礼拝に8/22㈰より入りました。 9月いっぱいを予定しています。一人一人の信仰が深められ10/3㈰の教会創立72周年記念聖餐式礼拝より再開できますよう、お祈り下さい。

▷8/31㈫には「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(ひまわり)」が更新されます。

Posted in 今週のお知らせ | 8月最終聖日でした。 2021.8/29(日) はコメントを受け付けていません

3回目の自宅礼拝となりました。

 

 ≪今週のみ言葉≫ 「しっかり立って、今日あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。」   出エジプト記14章13節                         

説教題:『神の助け』      聖 書:出エジプト記14章10~27節

 先週より6週に亘って、荒野の指導者モーセを通してあらわされた神の御業に学びます。又そのことが今の私たちの信仰生活と深くかかわっていることを確認いたしましょう。

Ⅰ.「神の助け」による完全な救い(本日のテキスト)。

「過越」の恐るべき夜が明けてついにイスラエルの民は奴隷の地、エジプトを出立しました。神の臨在は、昼は雲の柱、夜は火の柱をもって彼らに伴われました。(13・21~22)ところがいよいよイスラエルが去ってしまうと、ファラオはまたしても心を翻して彼らを取り戻すために全軍を率いて追いかけ、海辺に宿営していたイスラエルを追い詰めました。前には紅海、後にはエジプト軍です。絶体絶命!イスラエルの子らは大いに恐れて、主に向かって叫び、モーセに食ってかかりました。「エジプトに墓がないからといって、荒野で死なせるために、あなたはわれわれを連れて来たのか。」(11)しかしモーセは民に言いました。「恐れてはならない。しっかり立って、今日あなたがたのために行われる主の救いを見なさい。あなたがたは、今日みているエジプト人をもはや永久に見ることはない。主があなたがたのために戦われるのだ。あなたがたは、ただ黙っていなさい。」(13,14)主はモーセに、「あなたは、あなたの杖を上げ、あなたの手を海の上に伸ばし、海を分けなさい。そうすれば、イスラエルの子らは海の中の乾いた地面を行くことができる。」(16) 神の使い、そして雲の柱はイスラエルの陣営の前から後ろに移動しました。モーセが手を海に向けて伸ばすと、主が一晩中、強い東風で海を押し流し水は二つに分かれイスラエルの子らはその真中の乾いた地面を進みました。水は右も左も壁になりました。エジプト人は追跡し後を追って海の中に入りましたが、朝になって主のことばの通りモーセが手を海に向けて伸ばすと夜明けに海は元に戻り、エジプト全軍は一人残らず海辺に死体となりました。≪完全救出!≫でした。

Ⅱ.「神の助け」による新生の恵み

「海の中の道を通って解放されたことは水の中をくぐったことにより、洗礼、バプテスマを指し示しています。その出来事は私たちの罪が贖われてキリストにある新しい人に変えられたことを意味しています。(『牧羊者』p.56)神を離れた生活は罪の奴隷生活であり、エジプト生活を示します。キリストの十字架の贖いにより、そこから解放されるのです。「だれでもキリストのうちにあるなら、その人は新しく造られた者です。古いものは過ぎ去って、見よ、すべてが新しくなりました。」(コリント人への手紙第二5章17節)

<お知らせ>

▷雨・雨・雨の日々です。大きな水害がありませんようにと祈る日々です。

▷愛媛と香川に「まん延防止等重点措置」が出て、やむなく本日8/22㈰より第3回目の自宅礼拝です。予定としては9/26㈰までと考えています。

▷そのような中も、祈祷会(朝夜各1時間)と第4日曜日午後の役員会は集って行います。忍耐の内に、また信仰と期待の内に祈ります!

Posted in 今週のお知らせ | 3回目の自宅礼拝となりました。 はコメントを受け付けていません