父の日礼拝・ファミリー・チャペルコンサートでした。2019.6/16(日)

≪今週のみ言葉≫

それでアブラハムはその所の名をアドナイ・エレと呼んだ。これにより、人々は今日もなお「主の山に備えあり」と言う。 創世記22章14節

6月第三日曜日、「父の日」です。アメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド夫人が自分を含め、6人の子どもたちを母の亡きあと、男手一つで育ててくれた父、ウィリアム・ジャクソン・スマートに感謝して1910年6月19日、最初の祝典が行われたのが「父の日」の由来です。アメリカで正式に祝日となったのは1972年のことであり、日本で一般的な行事となったのは、1980年代でした。「母の日」と共に「父の日」のあることはまことに美しいことです。聖書の中の父親像では、「信仰の父アブラハム」が登場します。ドイツの神学者クラッパートという方は、アブラハムのことを「信仰者の原像」と語られたそうです。信仰者の根源的な姿ということです。アブラハムの信仰はテストされました。一つは愛情のテスト、もう一つは信仰のテストでした。神より息子イサクを愛してはいないか!?そのイサクを燔祭としてささげなさいとの神の命令は信じ難いものでした。「約束の子イサク」でしたから!しかしアブラハムは従いました。それが神の命令でしたから。モリヤの山上で祭壇を築き、たきぎを並べ、その上にイサクを縛って載せ、今にも刃物をもって殺そうとした瞬間!主の使がアブラハムを呼び、手をかけるなと言いました。あなたが神を恐れる者であるとわかったからと!アブラハムが目をあげて見ると、うしろに角を藪にかけている一頭の雄羊がいるのを知り、イサクの代わりに燔祭としてささげたのでした。アブラハムはその所「アドナイ・エレ」と呼び、「主の山に備えあり」とあかししたのでした。

<お知らせ>

▷『信仰の父』が続出しますよう祈ります。

▷恒例の第8回チャペルコンサート~ゴスペル・ジャズ・祈りのうた~本日13:00~15:00 北原兄とチームの皆さんによる素晴らしい演奏に大いにご期待ください!!

Posted in 今週のお知らせ | 父の日礼拝・ファミリー・チャペルコンサートでした。2019.6/16(日) はコメントを受け付けていません。

ペンテコステおめでとうございます!2019.6/9(日)

≪今週のみ言葉≫

「そして一同はひたすら、使徒たちの教えを守り、信徒の交わりをなし、友にパンをさき、祈をしていた」。 使徒行伝2章42節

本日は、「聖霊降臨記念日」です。全世界の教会でペンテコステ礼拝がもたれます。キリスト復活から数えて50日目に、天から第三位の神である聖霊が注がれた記念日です。50という数字のギリシャ語から、「ペンテコステ」と言われます。エルサレムの屋上の間(二階座敷、アパルーム)にて、祈り始めて10日目に天から聖霊がひとりひとりに、臨みました。聖霊に満たされて、その場にいた16ばかりの人種の人々にもわかるさまざまな言語で、「福音」をかたったのでした!ペテロが大胆に、キリストの救いの道を語り、悔い改めて救われよと勧めると、3、000人ばかりの人々がバプテスマを受け、ここに地上最初の「教会」(地上神の国)が誕生したのでした!ハレルヤ!以来、今もなお「聖霊時代」「教会時代」です。しかしやがてその恵みと救いの日はキリストの再臨をもって終りとなります。「見よ、今は恵みの時、見よ、今は救の日」(Ⅱコリント6.2)初代教会の人々にならって、日々、聖書を読み、教会の交わりを大切にし、祈りあって、聖霊に満たされて歩みましょう。

<お知らせ>

▷6/16㈰10:15~父の日礼拝。お父さんたちのために、祝福の祈りとプレゼント!おいしいお昼も用意しています!

13:00~「父の日ファミリーチャペルコンサート」期待してどなたもお越し下さい!

Posted in 今週のお知らせ | ペンテコステおめでとうございます!2019.6/9(日) はコメントを受け付けていません。

6月聖餐式礼拝でした。2019.6/2(日)


≪今週のみ言葉≫

「彼らはみな、婦人たち、特にイエスの母マリヤ、およびイエスの兄弟たちと共に、心を合わせて、ひたすら祈をしていた」。使徒行伝1章14節

5/30㈭が今年の「キリスト昇天記念日」でした。4/21㈰「キリスト復活記念日」から、ちょうど40日目でした。昇天前にキリストは弟子たちに語られ、また約束を確認されました。「エルサレムから離れないで、かねてわたしから聞いていた父の約束を待っているがよい」(使徒1・4)その約束とは、「聖霊によるバプテスマ」でした。それを受ける時、地の果てまで、主の証人とされるとのみ言葉でした。(使徒1・8)

昇天を見届けた、またそのキリストの言葉を聞いた「500人以上の兄弟たち」(Ⅰコリント15・6)のうち、120名ばかりの人々が集まって、聖霊待望の祈りをささげ続けたのでした。ペテロを初めとする11弟子、母マリヤ、婦人たち、イエスの兄弟たちと共に、「心を合わせて、ひたすら祈をしていた」(14)のでした。目撃者の4分の1弱の人々の熱い祈りでした。「祈りに専念した」とも訳されています。そして祈りはじめて10日目に、復活より50日(ペンテコステの語源)、突然第三位の神が降臨され、その時以来、今も聖霊時代、教会時代です。次週、意義深くペンテコステ記念礼拝を迎えましょう。

<お知らせ>

▷6/9㈰、全世界のペンテコステ礼拝の祝福をお祈りいたします。

▷6/16㈰、父の日礼拝、13:00から「父の日ファミリーチャペルコンサート」入場無料です。ご家族で楽しみにご出席下さい♪

Posted in 今週のお知らせ | 6月聖餐式礼拝でした。2019.6/2(日) はコメントを受け付けていません。

キリストの昇天を記念しての礼拝でした。2019.5/26(日)

≪今週のみ言葉≫

「祝福しておられるうちに、彼らを離れて、天にあげられた」。ルカ24章51節

今年のキリスト昇天記念日は5/30㈭です。イースターから40日目です。五月晴れの空を見上げる時、イエス様が天に昇られた日もこのような快晴の日だったのかしら、と考えます。青い空に白い雲が表れてイエス様を包み、イエス様はオリーブ山から天の父のみもとに帰って行かれたのでした。

そのお姿はと言えば、「祝福しておられるうちに」とあります。キリスト教会では、神様への礼拝の終りに牧師が両手をあげて「祝福のお祈り」をする「祝祷」というのがあります。民を祝福し、世に遣わす意味です。この祝福しながら天に昇られるイエス様のお姿は、目撃していた500人ばかりの弟子たちの目と心に焼き付いていたことでしょう。やがて同じお姿、有様でキリストは信じる者たち迎えに再び来られるのです。

再臨の約束です。今は、祝福の大祭司としと天にて私たちのために祈っていて下さいます。何と心強いことでしょう。

<お知らせ>

▷早くも今週金曜日で5月が終わり、土曜日から6月です。「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(ばら)」が更新されます。

▷6/9㈰はキリスト教会の三大祭の三番目「ペンテコステ(聖霊降臨)記念日」です。地上に「教会が誕生」した記念日です。大いに感謝し、祝いたいものです。

▷6/16㈰父の日礼拝、そして恒例の「チャペル・コンサート」ご期待下さり、誘い合ってご来会下さい!

Posted in 今週のお知らせ | キリストの昇天を記念しての礼拝でした。2019.5/26(日) はコメントを受け付けていません。

続いてイースターメッセージです。2019.5/19(日)

≪今週のみ言葉≫

「道々お話しになったとき、また聖書を説き明してくださったとき、お互いの心が内に燃えたではないか」。ルカ24章32節

エルサレムからエマオへ向かう道すがら、二人の弟子たちがあれこれと、最近起こったでき事について論じあっていました。一人の弟子の名はクレオパ、もう一人は無名の弟子でした。そこへ復活されたイエスが(まさに論点の帳本人が!)スーッと近づいてこられて彼らと共に歩まれました。二人の目はとざされてそれが復活の主だとは全くわからなかったのでした。「悲しみのサングラス」「失望のサングラス」「不信仰のサングラス」が二人の目にはかかっていたのでした。「ああ愚かで心のにぶいため、預言者たちが説いたすべての事を信じられない者たちよ」とイエスは言われ、聖書全体にわたり、ご自身についてしるしてある事どもを、説きあかされました。夕暮になり「わたしたちと一緒にお泊まり下さい」(Abide with us .新聖歌336番・ロンドンオリンピック開会式で流れた)との言葉に主は食卓でパンをとり、祝福してさき、弟子たちに渡しておられるうちに、二人の目が開けて「あ!イエス様!」とわかりました。するとみ姿がみえなくなったのでした。彼らは互いに今週のみ言葉を実感したのでした。≪燃える心の経験≫でした。主は今も生きて、み言葉を語って下さり、私たちの心を燃やしてくださいます。※1738年5月24日(金)(今から281年前の今週の金曜日)アルダスゲート街の小さな集会で、J・ウェスレ―も「心があやしく燃える」経験をし、キリストのみを救い主と確信し、英国を血の革命から救いました。

<お知らせ>

▷母の日に続いて父の日です。6/16(日)恒例のチャペル・コンサートにご期待下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 続いてイースターメッセージです。2019.5/19(日) はコメントを受け付けていません。