雨の多い今年の10月です。2017.10/22㈰

《今週のみ言葉》

「主がわが君を良くせられる時、このはしためを思いだしてください」。

サムエル25章31節

ダビデをめぐるさまざまな人々の中から、愚かな夫ナバルと賢い夫人アビガイルを見ます。ナバルという名そのものが「愚か」という意味をもつようです。ダビデと従者600人が祝いの日にナバルという裕福な人のもとに使いを出してこれまであなたの家畜を守ってきた若者たちにパンと水そして肉を下さいと告げさせました。ところがナバルは「ダビデとはだれか。エッサイの子とはだれか。与えることなどできない」と拒絶したのでした。ダビデは400人と共につるぎを帯びて上がっていきました。そのことをひとりの若者がアビガイルに告げ、アビガイルはなだめのため多くの贈り物をもってダビデの前にひれ伏しとりなします。決定打はもしダビデが血を流すのならばやがて王位につく時つまずきとなり、心の責めとなりますとの言葉でした。賢いアビガイルの言葉にダビデは従い救われたのでした。やがてナバルは主に打たれて死に、アビガイルはダビデの妻となりました。「このはしためを思いだしてください」との言葉の通り。アビガイルは主が油注がれたダビデを尊び、賢くふるまい祝福されました。十字架の左右の罪人たちの内一人は愚かで、一人は賢い人でした。まん中のダビデの子イエスを畏れ神の子と信じ「イエスよ、あなたが御国の権威をもっておいでになる時には、わたしを思いだしてください」と言い、即座にパラダイスに招き入れられました!

<お知らせ>

▷本日は「ギデオン・ラリー」でした。尊い「神の言葉・聖書」配布のお働きのために、祈り、お献げでき感謝でした。

▷いよいよ「かえるクラブ20周年フェスタ」が今週木曜日10/26です!祝福をお祈り下さい。

▷10/29㈰小野牧師は15:00~の愛媛中央教会特別礼拝説教です。その礼拝の中で勝田幸恵牧師による初めての「洗礼式」が行われます。ハレルヤ!新しい方々や祈られている求道者の方々や久しぶりの方々や学生たち子どもたちが集いますようお祈り下さい。

 

Posted in 今週のお知らせ | 雨の多い今年の10月です。2017.10/22㈰ はコメントを受け付けていません。

きんもくせい香る季節です。2017.10/15(日)

≪今週のみ言葉≫
「だから、わたしはキリストのためならば、弱さと、侮辱と、危機と、迫害と、行き詰まりとに甘んじよう。なぜなら、わたしが弱い時にこそ、わたしは強いからである」。第Ⅱコリント12章10節

パウロ、もとの名はサウロ、教会とクリスチャンの大迫害者でしたが、ダマスコ途上で復活のキリストに出会い、180°転換して、キリストの大伝道者になり、救主を大胆に伝え、伝道、伝道とかけめぐり、教会をいくつも生み出しました。そのパウロにも一つのとげ(弱さ、ある人は眼病とも言う)があり、彼を悩ませました。このとげをとり去って下さいと主に3度も祈り求めたのでしたが、その答えは「わたしの恵みはあなたに対して、十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」というものでした。ゆえに、今週のみ言葉を本気で語るのでした。『弱い時にこそ、強い』なんという恵みのパラドックスでしょう!信仰者の妙味というものです。キリストにあればいつも勝利です!

<お知らせ>
▷本日は足立師による礼拝でした。
▷小野牧師は14日(土)、15日(日)と、日本バプテスト連盟福岡聖書キリスト教会(濱中満牧師)での特伝ご用でした。お祈りを感謝いたします。
▷近づく!「かえるクラブ20周年記念フェスタ!」
アイスクリームパーティーとためになる紙芝居、そしてポイント20 多くの子どもたちやご家族の出席をお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | きんもくせい香る季節です。2017.10/15(日) はコメントを受け付けていません。

実りの秋を迎えました。2017.10/8(日)

≪今週のみ言葉≫
「主を待ち望め、強く、かつ雄々しくあれ。主を待ち望め」。詩篇27篇14節

自分の命を狙うサウルを恐れたダビデは、祭司たちのいるノブの地を訪れました。恐れにとらえられて、ダビデの信仰は後退し、アヒメレクからパンとゴリアテを倒した剣をうけとり、アキシのもとに行き、そこでも、アキシに素性が暴露されたので、アキシを非常に恐れ、気が変になった者のふりをして、アキシの前からのがれてアドラムの洞穴に行きました。そこでは近親者他400名がダビデを迎えました。ダビデはモアブの王に両親をゆだねて、ハレテの森へ行きました。
信仰者の信仰後退はただその人一人の災で終らず、周囲をも災に引き込みます。アヒメレク他85人の祭司たち、ノブの住民や家畜がサウルの命によりドエグによって殺されました。ただ一人アビヤタルがのがれてダビデのもとに来て一部始終を告げました。ダビデは自分が災いのもととなったと認め、しかし、すでにダビデの信仰は回復していたのでアビヤタルに「わたしの所にとどまってください。わたしの所におられるならば、あなたは安全でしょう」と語りました。詩篇34篇8節では、「主の聖徒よ、主を恐れよ」と語り、詩篇27篇14節では「主を待ち望め」と語りかけます。恐れるべきは「主」のみ、そして「主を待ち望め」との確信に立って生かされるのです。

<お知らせ>

▷次週10/15㈰は足立師による礼拝です。10/14(土)、15(日)と小野牧師は日本バプテスト連盟福岡聖書キリスト教会(濱中満師)にて特伝ご用です。お祈り下さい。
▷10/26(木)かえるクラブ20周年フェスタ!
アイスクリームパーティーでお祝いします。こどもたちと家族の方々が多数集われますように!!

Posted in 今週のお知らせ | 実りの秋を迎えました。2017.10/8(日) はコメントを受け付けていません。

祝・高松新生教会創立68周年!2017.10/1(日)

≪今週のみ言葉≫
「わたしが恐れるときは、あなたに寄り頼みます」。詩篇56篇3節
失敗をしない人など、世の中には一人としていないでしょう。その失敗をも心の糧として下さり、人生の中で益として下さるのは、わたしたちを造って下さった神のみです。
サムエル上21章には、油注がれたダビデの失敗、信仰後退が記されています。それは『恐れ』から来るものでした。サウルを恐れて、ペリシテのガテの地に。自分を暴かれてガテの王アキシと家来たちの前で、気が変になった人を演じました!まさに「最低のところで」(F・B・マイヤー博士)の醜態でした。しかし、その時のダビデの心境と信仰回復の様子が詩篇56篇からわかります。苦境の中からダビデは人を見ないで、神を仰いだのでした。
「わたしが恐れるときは、あなたに寄り頼みます。わたしは神に信頼するゆえ、恐れることはありません」。詩篇56篇3,4節
「恐れ」の中でこそ、いよいよ神に信頼しましょう!

<お知らせ>
▷本日は礼拝の中で5/30㈫に94才を迎え、3/28㈫で受洗60周年を記念された姉妹が証詞をして下さいました。ハレルヤ!
▷10/8㈰、9㈪㈷と、第55回四国聖会が小松島栄光教会で行われます。講師はキリスト兄弟団西宮教会牧師 小平牧生先生です。多数出席して恵まれますように!
▷10/26㈭は「木曜かえるクラブ20周年記念フェスタ」です!たくさんの子どもたちやご家族をお迎えできると信じて楽しみです!

Posted in 今週のお知らせ | 祝・高松新生教会創立68周年!2017.10/1(日) はコメントを受け付けていません。

9月最終聖日礼拝でした。2017.9/24(日)

≪今週のみ言葉≫

「主が油注がれたわが君に、わたしがこの事をするのを主は禁じられる」。サムエル上24章6節

ダビデの言葉によれば、(24・14)、「死んだ犬」「一匹ののみ」を追うようにサウル王はダビデを追い、その命を求めました。エンゲデの野、羊のおりのそばのほら穴に、サウルは休もうと入りましたが、実はその暗い穴にダビデと従者がいたのでした。「またとないチャンス!」と部下たちは思い、ダビデはサウルの上着のすそを切り取りました。ところがダビデの内に鋭敏な聖霊のお働きによる良心の痛みが起こりました。ダビデは上記のみ言葉を部下たちに語りサウルを撃とうとする部下たちの手をとどめたのでした。これは、ダビデと、彼の命をねらう敵サウルとの問題ではなくダビデと、「油を注がれた」神ご自身との間のことだったのです。ダビデはこの後、まことに「主が油注がれた者」にふさわしく、一切を主のみ手に委ねます。この時、サウルが命を救われたこと以上に、実にダビデ自身も主のあわれみにより守られたのでした。

<お知らせ>

▷ 早くも今週をもって9月の月が終わります。10/1(日)には「今月のメッセージ」「10月のお祈り」「へッダー(コスモス)」が更新されます。

▷ いよいよ次週10/1(日)、教会創立68周年記念礼拝と各種バザーです。お誘い合わせおこしくださり、お楽しみ下さい。多くの新しい方々、ご近所の方々も招かれますようお祈りをよろしくお願いいたします。

 

Posted in 今週のお知らせ | 9月最終聖日礼拝でした。2017.9/24(日) はコメントを受け付けていません。