実りの秋を迎えています。2019.11/17(日)

《今週のみ言葉》

「主よ、力ある者を助けることも、力のない者を助けることも、あなたにおいては異なることはありません」。歴代志下14章11節

ソロモン王のあと、レハベアム王の時からイスラエル王国は南北両王朝に分裂してしまいました。レハベアム王、その子アビヤそしてその子アサと、南王国ユダの第3代目がアサ王でした。BC911~870、41年の統治の中で『アサの信仰の祈り』に目が止まります。初めの10年間は『平和』な時でした。その背後には、アサ王が初めの10年間は『平和』な時でした。その背後には、アサ王が神に喜ばれる治世であったことによります。偶像を捨て、民と共に神を求め、神の聖旨を行ったゆえでした。アサの治世の中での戦争はここでのエチオピアとの戦いのみと言えます。アサの大勇士50万に対し、エチオピア人は100万の軍隊そして300の戦車が攻めてきたのでした。その時アサは、平和な時にしていたからこそできたこと、すなわち、「その神、主に呼ばわって言った」つまり『信仰の祈り』をささげたのでした。神にのみより頼んで呼びました。「主よ、力ある者を助けることも、力のない者を助けることもあなたにおいては異なることはありません」と!神は自分の無力無能を知って呼び求める者を覚え、その大能を働かせて勝利を与えて下さいました!パウロに語られたみ言葉です。「わたしの恵みはあなたに対して十分である。わたしの力は弱いところに完全にあらわれる」(Ⅱコリント12・9)。

<お知らせ>

▷いよいよ次週11/24(日)は収穫感謝礼拝、13:30よりハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルです。第5回合同賛美集会もドッキングです。収穫の主を共にさんびしましょう!どなたも大歓迎です。

▷12/1(日)からⅠアドベント、17:00~クリスマスイルミネーション点灯式礼拝を行います。

Posted in 今週のお知らせ | 実りの秋を迎えています。2019.11/17(日) はコメントを受け付けていません。

子ども祝福合同礼拝・子どもカーニバルでした。2019.11/10(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしは初めであり、終わりであり、また、生きている者である」。黙示録1章17,18節

 イエス様のお弟子さん12人の中でも一番若かったヨハネはとても長生きしました。でも、イエス様のことを伝えたためにとらえられ、パトモスという島に流されていき、そこで、きっともう90才ぐらいになっていたのに、つらい労働をさせられました。しかし、そんなヨハネを慰め励まし、また大切な使命をさずけようと、ある日、栄光に輝くイエス様があらわれて下さったのです!これから見せることを書き記しなさいと!そのあまりにも輝きわたるお姿の前にヨハネはたおれこんでしまいました。イエス様は右手をヨハネの上において、「恐れるな。わたしは初めであり、終わりであり、また、生きている者である」と、力づけて下さったのでした。イエス様こそ初めからおられ、今も生きておられ、そして終りまで支配され、イエス様を信じるわたしたちを、永遠の御国に共に住まわせて下さるお方です!

<お知らせ> 

▷午後は楽しいおいしいカーニバル・”子どもまつり”でした!

▷11/24(日)は収穫感謝礼拝、午後は1:30から第8回ハーベスト・サンクスギビングフェスティバル♪アマチュア音楽祭です。みんなで収穫の主を心一杯ほめたたえましょう!どなたも大歓迎です!!

Posted in 今週のお知らせ | 子ども祝福合同礼拝・子どもカーニバルでした。2019.11/10(日) はコメントを受け付けていません。

11月聖餐式礼拝でした。 2019.11/3(日)

≪今週のみ言葉≫

「事実、ダビデは、その時代の人々に神のにみ旨にしたがって仕えた」 使徒行伝13章36節

「神に愛された人ダビデ」「神を愛した人ダビデ」『神のお気に入りの人ダビデ』の人生の終りが記されています。「彼は高齢に達し、年も富も誉も満ち足りて死んだ」(歴代上29章28節)。長寿も神の祝福、富も誉も神よりのものですが、ダビデの場合、単にそれだけではない、ダビデの魂を満ちたらわしめたもの、それがこの使徒行伝13章36節にあります。これが「満足の鍵」でした。即ち、<神のみ旨にしたがって、その時代の人々に仕えた>ということでした。神に生きない人間生来の人の心は、「欲」「我欲」のかたまりですから、どこまでいっても満足が得られないのです。しかし、へり下って、長寿の祝福、富や誉を神よりのものとして受け、そしてその時代の人々にそれらをもって仕える人こそ、「満ち足りた人生」を生きぬく人たちです。ダビデはその模範でした。しかも「その時代」のみでなく、信仰者の生きざまは時代をこえ、国籍を超えて祝福の証しとなるのですから、何という幸いな人生でしょう!

<お知らせ>

▷次週、11/10(日)10:15~子ども祝福合同礼拝. 12:00~楽しくおいしい子どもカーニバル♪祝福のお祈りやプレゼントやおいしいもの(みんなタダだよ!)いっぱい!お友だちとお家の人たちとみんなでいらして下さい!

▷11/24(日)第8回ハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルです♪収穫の神さまをみんなでほめたたえましょう!

Posted in 今週のお知らせ | 11月聖餐式礼拝でした。 2019.11/3(日) はコメントを受け付けていません。

10月最終礼拝でした。2019.10/27(日)

≪今週のみ言葉≫

「すべての物はあなたから出ます。われわれはあなたから受けて、あなたにささげたのです」。歴代志上29章14節

「神に愛せられた人—ダビデ―」「神を愛した人―ダビデ―」の遺言的信仰告白のようなところです。ダビデは自分が神殿を建てるのではないと神から言われても、神への熱い思いはさめることなく、愛あふれるおびただしい献げものを、神に、神の宮のためにささげました。偉大な神をほめたたえ、目の前に自分のささげたおびただしい献げものを見つつも、深い遜(へりくだ)りのなかで告白します。 「すべての物はあなたから出ます。われわれはあなたから受けて、あなたにささげたのです」と。

‘All things come of thee,and of thine own have we givin thee.’ ⅠChronicles29・14    ロンドンのオールソールズ教会(ジョン・ストット牧師)の礼拝に、1976年1月~6月出席した時、献金の祈りを担当の方が捧げたあと、このみ言葉が全会衆によって毎週祈られた時は、大きな霊感を覚えたのを、43年たった今も忘れられません。

<お知らせ>

▷本日は「ギデオン・ラリー」でした。「神の言葉の贈呈」という尊いお働きのため祈り献げることができ、幸いでした。

▷早くも今週は11月に入ります。「今月のメッセージ」「11月のお祈り」「ヘッダー(紅葉)」が更新されます。11月の祝福をお祈りします。

Posted in 今週のお知らせ | 10月最終礼拝でした。2019.10/27(日) はコメントを受け付けていません。

祝福されたダビデとその子ソロモンのメッセージでした。2019.10/20(日)

≪今週のみ言葉≫

「この宮は人のためではなく、主なる神のためだからである。そこでわたしは力をつくして神の宮のために備えた」。 歴代志上29章1,2節

「神に愛せられる人ダビデ」はまた神を愛し、神のために宮を建設したいと預言者ナタンに言いましたが、神はナタンを通して宮を建てるのはダビデではなく、その子ソロモンだと告げました。それを聞いたダビデは、神に対してつぶやいたり不平を言うのではなく、遜(へりくだ)って受け止めました。それだけでなく、なお神の宮のために熱心に、力をつくしてその材料をおびただしく備えていったのでした。まことに「祝福された心」の持ち主でした。その子ソロモンの祝福とは―――?父を通して、神よりのメッセージとして遜って受け止めました。神の住まわれる神の宮の建設は、人として最高に栄誉あるつとめです。ソロモンはまだ若く、経験がないからと、父は彼のためにおびただしい資材をささげ備えました。ソロモンは感謝してそれを受け、伝えられた通りに神の宮の建設にあたったのでした!祝福の継承でした。これこそ神に喜ばれる祝福された父子(おやこ)の姿でした。 今、新約のわたしたちには?「神の宮」とは、教会であると共に、信じる私たち一人ひとりが「神の宮」です。それはまた「臨在信仰」です。礼拝では、日本イエス・キリスト教団初代委員長 小島伊助先生の「福音に生きられた姿」を、わたしたちもまた継承する時、そこに祝福された霊の父子の姿が見られますと。

<お知らせ>

▷10/22㈫~24㈭ 第53回教団牧師研修会で、神戸チサンホテルに集います。

10/23㈬午後は「教団70周年記念誌」編集委員会です。

続く10/25㈮10:30~12:00桃谷ナザレン教会にて、J・ウェスレーに学ぶ会女性大会にて、小野牧師はご用です。お祈りに覚えて下されば幸いです。

Posted in 今週のお知らせ | 祝福されたダビデとその子ソロモンのメッセージでした。2019.10/20(日) はコメントを受け付けていません。