寒気とコロナ禍の厳しい中です。2022.1/23㈰

≪今週のみ言葉≫

「神の栄光が都を照らし、子羊が都の明かりだからである。」黙示録21章23節

 説教題:『神の国入国めざして』   聖 書:黙示録21章22~27節

単元『神の国』の最終週です。《神の国の完成》です。朝に夕に聖書を読み、50年以上も拝読してきたにもかかわらず、その都度その都度、新鮮で、魂に新たな光が差し込んできます。それぞれの人生の歩みの中で、生きて働くみことばを実体験し、生涯忘れえないみことばを誰しもが、いくつか魂に刻んでいることでしょう。「それでは聖書のどの箇所が一番素晴らしいと思われますか!?」と尋ねられて、私は即、答えます。「黙示録21章22章の預言です」と!

Ⅰ.神の国の完成 「わたしが行って、あなたがたに場所を用意したら、また来て、あなたがたをわたしのもとに迎えます。わたしがいるところに、あなたがたもいるようにするためです。」(ヨハネ14・3)と、十字架にかかられる前に、イエス様が弟子たちに語られ、まさに十字架で死なれ、復活され、昇天されて、信じる私たちのために用意していてくださる場所、そこが「完成された神の国」です。21章10~21節に神の国の完成された都の姿を見ます。立方形の都はなんと輝かしいものでしょうか!神と子羊とが神殿であって、太陽も月も必要としない。「神の栄光が都を照らし子羊か都の明かりだからである。」のです。都の大通りの中央を水晶のように輝くいのちの水の川が、神と子羊の御座から出て流れていました。(22・1~2)その川の両側には、いのちの木があって、十二の実を毎月一つずつ結んでいたのでした。さらには、その木の葉は諸国の民を癒しました。のろわれるものは、もはや何もないのです。「すべての汚れたもの、また忌まわしいことや偽りを行うものは、決して都に入れない。」(21・27)からです。「入ることができるのは、子羊のいのちの書に記されている者たちだけである。」(21・27)と厳かに記されています。

Ⅱ.信じる者の完成(コリント第一15・51,52)(テサロニケ第一4・16,17)

「聞きなさい。わたしはあなたがたに奥義を告げましょう。私たちはみな眠るわけではありませんが、みな変えられます。終わりのラッパとともに、たちまち、一瞬のうちに変えられます。ラッパが鳴ると、死者たちは朽ちないものによみがえり、私たちは変えられるのです。」「すなわち、号令と御使いのかしらの声と神のラッパの響きとともに、主ご自身が天から下って来られます。そしてまず、キリストにある死者がよみがえり、それから生き残っている私たちが、彼らと一緒に雲に包まれて引き上げられ、空中で主と会うのです。こうして私たちは、いつまでも主とともにいることになります。」【証し】母教会の主管牧師を務めていた時のことです。CS礼拝の説教も月一回担当していました。牧会者として足りない、行き届かないそのような日々の中で、≪完全なもの≫への渇きが内に増大していました。3年カリキュラムの終わりは大概、黙示録でした。20章で、「悪魔は火と硫黄の池に投げ込まれるんだよ。イエス様を信じる私たちはよみがえって永遠にイエス様と生きるんだよー!そして完全な小野先生になるんだよー!」と語った瞬間の霊感を忘れることができません!!アガペーの愛は「神の国を完成し、信じるものを完成するのです」ですから『神の国入国をめざして』進もうではありませんか!

<お知らせ>

▷「まん延防止等重点措置」の中に香川も適用されましたが、飲食もしませんので、これまでの形(20分のCS,1時間の礼拝、祈祷会)を継続していきます。コロナの速やかな終息を日々祈っています。

▷1/22(土)1:05、日向沖の地震で、スマホや警報塔から、警報で「強い揺れに備えて下さい」と出ましたが、高松は幸い、1回きりの少しの揺れだけで収まり、主に感謝しました。目を覚まして祈り続けるように、との主からの語りかけです。信仰が確立されますように、またリバイブされる方々が起こされますようにと祈っています。

Posted in 今週のお知らせ | 寒気とコロナ禍の厳しい中です。2022.1/23㈰ はコメントを受け付けていません

阪神淡路大震災27周年を迎えます。2022.1/16(日)

 ≪今週のみことば>

 「見なさい。神の国はあなたがたのただ中にあるのです。」   ルカの福音書17章21節

「このミステリーがすごい!」『元彼の遺言状』とか、『特許やぶりの女王』とか、ミステリーものの小説が新聞で時々紹介されています。正直私は個人的にそういうミステリーもの、推理小説とか探偵小説とかは大の苦手で、読みたいものではありません。しかし、今回説教準備にあたって「このミステリーがすごい!」と『神の国のミステリー(奥義)』に改めて目を見張る思いをしたことでした。

Ⅰ.神の国はあなたがたの間に(among you,)(in the midst of you)

「神の国は、人によって支配される地上の王国ではありません。王国にとって一番大切なのは、誰がその国を統治するかです。ですから、神の国にとって一番大切なことは、そこに<神の統治、神の支配>があることなのです。」(『牧羊者』p.29) パリサイ人たちは「神の国」を誤解していました。当時イスラエルの人々はローマの支配下で、苦しい生活を強いられていたので、その苦しみから民族を解放する救い主が現れ、その手によって樹立される「神の国」を思い描いていました。パリサイ人らの質問、「神の国はいつ来るのか」に対して、イエスは、「神の国は、目に見える形で来るものではありません。『見よ、ここだ』とか『あそこだ』とか言えるようなものでありません。」と答えられ、そして、「見なさい。神の国はあなたがたのただ中にあるのです。」と語られました。見えないものであるのに、「見なさい。」と言われる。不思議な神の国の性質の現れです。「見えないけれど見えるもの」それはまさに、パリサイ人たちや弟子たちの間に、ど真ん中に立っておられた《イエスご自身》こそが、神の国が見える形をとって来られたお方、そして神の国の王であられるということでした。イエス・キリスト、神の御子の《受肉》(Incarnation)はまさに、ミステリー(mystery)以外の何ものでもありません!

Ⅱ.神の国はあなたがたの中に(within you) 創造の神、統治の神のひとり子、イエス・キリストが「人の形」をとってこの世に来られた!そのミステリーと共に、信じる者一人一人の心の内に宿られるという、さらに輪をかけたミステリーに、お互いは生かされているのです。「この奥義とは、あなたがたの中におられるキリスト、栄光の望みのことです。」(コロサイ人への手紙1章27節)’this mystery,which is Christ in you,the hope of glory.'(Colossians 1・27ESV) これはいわゆる《きよめの恵み。内住のキリストの恵み》です。100%完璧な神の国の王、イエス・キリストをうちにお宿しさせていただいて、力強い神の国(キリスト)の証人として生かされたく祈ります。

<お知らせ> 

▷明日、1/17(月)は、阪神淡路大震災より、27周年の記念の年です。なお痛みを覚えられる多くの方々の上に慰めの神からの癒しと慰めをお祈りいたします。

▷コロナ渦中にあって、へり下って、神の憐れみとよき統治をとひらすらお祈りいたします。

Posted in 今週のお知らせ | 阪神淡路大震災27周年を迎えます。2022.1/16(日) はコメントを受け付けていません

青年祝福礼拝でした

青年祝福礼拝でした 2022.1/9(日)

≪今週のみ言葉≫

  「まず神の国と神の義を求めなさい。そうそれば、これらのものはすべてそれに加えて与えられます。」マタイの福音書6章33節

説教題:神の国をまず第一に   聖 書: マタイの福音書6章25~34節

「はじめに神が天と地を創造された。」(創世記1章1節)すべてのものの存在の始まりは、「神が」造られました。ですから、私たちは「神を」第一にする時、祝福が注がれるのです。

Ⅰ.養って下さる天の父

人はとかく「心配症」(新改訳2017)「思い煩い症」(口語訳)にかかりやすい者です。「心配するとか、思い煩うというのは、ちょうどロッキングチェアに座っているようなもので、動いてはいるけど、全然前に進まない」と言った方がおられます。「何を食べようか、何を飲もうかと、自分のいのちのことで心配したり」「いのちは食べ物以上のもの」(25)空の鳥は種まきもせず刈入れもせず、倉に納めることもしない。それでも、あなたがたの天の父が養っていてくださるのです。あなたがたはその鳥よりも、ずっと価値があります。「何を着ようかと、」自分のからだのことで心配したりするのはやめなさい。」「からだは着るもの以上のものではありませんか。」(25)「野の花がどうして育つのか、よく考えなさい。働きもせず、紡ぎもしません。」(26)栄華をきわめたソロモンにもまさる花の美しい装い。ましてや神はもっと良くあなたがたを装って下さいます。これらすべてをあなたがたが必要としていることは、あなたがたの天の父がよくよく知っておられるのです。

Ⅱ.加えて与えて下さる天の父

何をまず第一に求めるべきでしょう?祝福の道、それは「まず神の国と神の義を求めなさい。」(33)なのです。「求めなさい。」は「求め続けなさい。」ということばです。「神の国と神の義」これはすなわち、クリスチャンの祝福の5原則でしょう。 ①毎日聖書を読む。 ②毎日お祈りをする。 ③日曜日には礼拝をささげる。 ④神様への感謝の献金をする。 ⑤愛の行い、証をする。 「何を食べようか、飲もうか、着ようか」これらのものは、「加えて与えられるもの」だというのです。おまけなのです。これらを必死で求めるのは、筋違いですというわけです。【小坂忠先生の証し】もとロックシンガーだった小坂青年は、結婚して与えられた娘さん 亜実ちゃんが幼い時、大やけどをしたことを通して教会に導かれました。ご夫人のおばあさまが熱心なクリスチャンで、その亜実ちゃんのため教会あげて祈り、癒やされたことを通して「神がおられる!」と直感し、信仰に導かれました。クリスチャンになった、マタイ6・33だ。神第一だと、日曜日は仕事を取らず礼拝しました。経済的に困窮し、ある夜、家に明かりがついていない。電気差し押さえ!親子3人ローソクの灯りで夕食をとり、夫妻は真剣に祈った。「神様。それでもマタイ6・33。みことばに従います。神第一です。アーメン!」と。それから不思議なように平日の仕事が入ってきて、急場を脱出!祝福が注がれてきました。みことばにそこまで従い続けた!そして神の真実を体験した生きた証しでした。

<お知らせ>

▷明日、1/10(月祝)は全国各地で「成人式」祝賀の時がもたれます。成人の方々の上に神の祝福をお祈りします。

▷当教会でも幼い日から育てられてきた姉妹がこの年成人の仲間入りです。礼拝の中で,

 成人祝福祈祷とプレゼント」の時を持つことができ感謝でした。

▷コロナ(オミクロン変異株)の速やかな全き終息を切にお祈りいたします。

    

Posted in 今週のお知らせ | 青年祝福礼拝でした はコメントを受け付けていません

主の2022年 明けましておめでとうございます!2022.1/2㈰

 《今週のみことば》

「主があなたを祝福し、あなたを守られますように。」  民数記6章24節

説教題:『平和の王の祝福』   聖 書:民数記6章24~26節

民数記6・24-26は、大祭司の祝祷であり、父・子・聖霊の三位一体の神の祝福が注がれているものですが、24節だけ短いですし、それでいて内容の濃いものなので、日々味わいたいと思います。2021年の秋から、私はその「祝福の恵み」を先取りしつつ新年を迎えました。

Ⅰ.主の祝福 すでに異例の年賀状替わりとして、訳文をさしあげていますが、その中の注目すべき部分を重ねて記しますとー神的祝福(Divine blessing) のもとにとどまることは何という喜びでしょう!このことはすべてのことにおいて恵みに満ちた香りを与えます。もし、私たちが、祝福されていたら、私たちの所有、そして楽しみが祝福されています。いえ、そればかりではなく、私たちの損失や十字架(苦しみ)やあるいは私たちの失望でさえもが、祝福されているのです。神の祝福は深く断固とした効果的なものです。主の祝福は豊かであり、聖別されたものです。私たちが最愛の友人たちに贈る最高の祝福の願いは、「繁栄が与えられますように」ではなく「主があなたを祝福されますように」であるべきです。‘yea, our losses and crosses  and  even  cur  disappointments  are  blessed.’

Ⅱ.主の守り 続いて、スポルジョンの解説です~それと等しく、神に守られることは喜ばしいことです。主によって守られ、主の近くにあり、主の内にあって守られるのです。神が守られる彼らは真に守られているのです。彼らは悪より保護され、彼らには無限の幸福が予約されているのです。神の守りは、彼の祝福と共に行き、それを確立し、どこまでも永続させるのです。

《主は祝福し、守られる》2021.12/28(火)朝のデボーション時、中島秀一師の第Ⅱ巻、P.40,41に、感動的な証しが載っていました。E姉とKちゃんという娘さんの証しです。新生誕生後、6ゕ月目に三種混合予防注射を受けましたが医者の不注意で、後に重度の脳障害を持つ身となりました。16才になる今日(2010年のこと)まで親の世話なくしては何も出来ない状態です。E姉の苦労は筆舌に尽くせません。そのE姉が「大事な役目」という詩を作りました。「この広い世の中に、ただ愛されるだけの人がいたっていいじゃない。何も出来ないよ、お返しは笑顔だけ、それだっていいじゃない。1から10まで人任せ、命丸ごとお預けします。そんな人生があったっていいじゃない。それでも生かされている。それは大事な役目があるからなんだよ。世の人たちに愛する事を教えるため、それは大事な役目なんだよ。だから何もできなくたっていいよ。いっぱい、いっぱい愛して貰うのがあなたの役目なのだから。」

<お知らせ>

▷昨日の元旦「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(キンカンとフェイジョア)」が更新されています。

▷本日は新年第一回の聖日礼拝,未だコロナも油断できませんので、一時間の礼拝、昼食は無しの体制でいきます。それでも、共に集っての礼拝がささげられますことを、主に感謝いたします。

▷教会学校も9:40~10:00お話中心で、献金、祝祷は一般礼拝に合流の形です。

▷かえるクラブは1/13(木)より15:30~16:30、おやつ持ち帰りにて、再開します。子どもたちへの伝道、救霊の祝福をお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 主の2022年 明けましておめでとうございます!2022.1/2㈰ はコメントを受け付けていません

年末感謝礼拝でした。 2021.12/26(日)

≪今週のみ言葉≫

「わがたましいよ 主をほめたたえよ。 主が良くしてくださったことを何一つ忘れるな。」詩篇103篇2節

説教題:『恵みの神をほめたたえる』   聖 書:詩篇103篇1~22節

 この詩篇103篇は『賛美の詩篇』です。昨年末のコロナ禍の中で、大きな声を出しての賛美は控えなければならなかった状況でしたが、そうであるがゆえにこの一年の終わりに、この『賛美の詩篇』を味わえることは大きな恵みです。

Ⅰ.主をほめたたえよ 「わがたましいよ 主をほめたたえよ。」が、1節、2節、22節と3回あります。「主をほめたたえよ。」は、これらの3カ所に加えて20,21,22節、そして1節の「聖なる御名をほめたたえよ」も加えれば、全部で7回あります。

①「私のうちにあるすべてのものよ」すなわち、ただ「わがたましい」のみでなく、私の知性、感情、意志、etc.自分の持てるありとあらゆるすべてのものをもって主を賛美せよとの呼びかけです。C.H.スポルジョンは記します。「他の者にはただに口先だけでもって賛美させるがよい。しかし、わがたましいよ、私のうちにあるすべてをもって主をほめたたえるのだ」と。

②「聖なる御名をほめたたえよ。」<ユダヤ人は神の名を大切にした。ユダヤ思想では名は単に区別のためにあるのではなく、人格、力を宿すものとして受け止められた。>(『牧羊者』p.91)「神の御名」を畏れ敬うがゆえに「神の御名」の記されている所では、声に出して読むことさえ控えたと教えられています。

Ⅱ.すべてのめぐみを心にとめよ  これは口語訳で、すなわち「すべてのめぐみ」とは、「主が良くしてくださったこと」(2)です。それが3節、4節、5節に記されています。「主はあなたのすべての咎を赦し あなたのすべての病を癒やし あなたのいのちを穴から贖われる。」「穴」は口語訳では「墓」となっています。『復活の恵み』です。これらを「心にとめよ」(口語訳)、「何一つ忘れるな」(新改訳2017)。そこから賛美がいつも腹の底から溢れ湧き出てくるのです。

♪時あたかも12/19㈰クリスマス聖日、18:00~荻窪栄光教会第54回「メサイア公演」がYouTubeにて流され視聴致しました。なんと言っても圧巻は第2部合唱NO.44「ハレルヤコーラス」と、第3部合唱NO.53「アーメンコーラス」です。♪ハレルヤ 全能の主 おさめたまわん ハレルヤ とわに主 おさめたまわん ハレルヤ! ♪ われらをば血もて買いたまいし こひつじに帰しまつれ 栄え、誉れ、富、力、知識、名誉、みざに座したもうこひつじに とわにあれかし!アーメン アーメン アーメン(中田羽後師邦訳) (感想・合唱に渇きます。近い将来、心と声を合わせて主を賛美したいものです。)

<お知らせ>

▷礼拝において、主への『賛美の詩篇・103篇』を味わい、感謝しました。

▷礼拝後は、ベタニヤ(1F)にて『年末感謝祈祷会』を行い、それぞれ感謝の証しを主と互いに分かち合い、感謝は        倍増しました。

▷年末元旦は各自家庭にて静まりの時を持ち、2022.1/2(日)の新年礼拝より、スタートです!

▷いずこも大変な一年でした。私たちのためにもお祈りをありがとうございました。

主の2022年も主にありてよろしくお願い致します。コロナの終息を祈ります。

Posted in 今週のお知らせ | 年末感謝礼拝でした。 2021.12/26(日) はコメントを受け付けていません