『繁栄の約束』のメッセージでした。 2019.9/15(日)

≪今週のみ言葉≫

「ユダの家ののがれて残る者は再び下に根を張り、上に実を結ぶであろう」。 イザヤ19章30節.

 BC701年、ヒゼキヤ王の時代、アッスリヤのセナケリブ軍がユダの国に攻め上ってきた。国の危急存亡の時、ヒゼキヤ王は、当時の預言者イザヤに人をつかわして、「祈り」を依頼したと共に、王自らも、主の宮に行き、主の前にその脅かしの手紙を広げて、祈りを注ぎだしました。

 主は、「あなたがわたしに祈ったことは聞いた」(20)と言われ、セナケリブへの滅びの預言と共に、「あなたに与えるしるしはこれである」と言われ神の供給を約束して下さり、また「神の結実」を、すなわち『繁栄の約束』を語って下さいました。聖書の神は、『再びの神』であり『復活の神』です。植物で目立つのは花や実ですが、最も重要なのは『根』です。み言葉への沈潜、祈りへの沈潜により、豊かな神からの結実を期待できるのです!

<お知らせ>

▷千葉の皆様の上に主の守りと一日も早い電気の復旧をお祈りいたします。

▷9/15(日)16(月祝)小野牧師の母教会、神の国キリスト教会にて、第44回西日本再臨待望大会が行われます。小野牧師9/16(月祝)13:30~15:30、聖会Ⅳの説教ご用です。お祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 『繁栄の約束』のメッセージでした。 2019.9/15(日) はコメントを受け付けていません。

第2回ファミリー合同礼拝でした。 2019.9/8(日)

≪今週のみ言葉≫

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」。 ヨハネ1章29節

 初めの人アダムは、サタンにそそのかされたエバに勧められ、二人共に禁じられた園の中央にある善悪を知る木からの実を取って食べてしまい、神の戒めにそむいたために、人類に罪と死が入ってしまいました。しかし、神はその時すでに、「救主」の預言をされました。(創世記3・15)。以来、人々は罪のゆるしのために多くの獣をほふって血を流してきました。特に、出エジプトの時は、「傷のない一歳の雄の小羊」(出エジプト12・5)が各家でほふられ、その血が2つの柱とかもいに塗られて、死の使が過ぎ越したのでした。過越しの犠牲の小羊がくる年もくる年も殺され、血を流さなければなりませんでした。しかし、バプテスマのヨハネが指さして叫びました、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」。と!誰を指さしましたか!?ヨハネからバプテスマを受けようとされたイエス・キリスト様でした。33才半で、ゴルゴダの十字架で死んで下さり全人類に代わって「ごめんなさい」と父なる神に命をかけてゆるしを祈って下さったキリストの十字架は、『全人類の罪』の身代わりでした。‘Once for ALL’です!仰いで信じる時、永遠の命に生かされるのです!ハレルヤ!

<お知らせ>

▷第2回ファミリー合同礼拝では、80歳以上の方々20名に、祝福の祈りとプレゼントが贈られました。お孫さんに連れられてきた祖父母の方々にも!

▷10/6(日)いよいよ近づきました。創立70周年記念礼拝・祝賀会です。記念品も用意いたします。どなたでも共に祝いの礼拝と祝賀にご参加ください。大歓迎です!

Posted in 今週のお知らせ | 第2回ファミリー合同礼拝でした。 2019.9/8(日) はコメントを受け付けていません。

振起日聖餐式礼拝・洗礼式でした。2019.9/1(日)

≪今週のみ言葉≫

「主よ、耳を傾けて聞いてください。主よ、目を開いてごらんください」。列王下19章16節

南王国ユダの善王、ヒゼキヤ王の時のできごとです。BC701年、アッスリヤの王セナケリブがユダを攻めようと、まずはラブシャケをつかわして、民をおびやかしました。ヒゼキヤが「主はわれわれを救われる」と言って、あなたがたを惑わしても彼に聞いてはならないと。アッスリヤはすでに、BC722年、北王国イスラエルを滅ぼし、また周辺の多くの国々を攻め滅ぼしていました。脅やかすラブシャケの言葉を聞いたヒゼキヤ王は、行くべき所、なすすべを知っていました。衣を裂き、荒布を身にまとって主の宮に入り、家来たちにもそうさせて、預言者イザヤのもとにつかわし、「祈りをささげて下さい」と依頼しました。イザヤを通して、神の約束を頂きましたが、度重なる脅やかしにヒゼキヤ王は使者の手からその手紙を受け取って読み、主の宮にのぼっていって主の前にそれをひろげて祈りました。ヒゼキヤ王は、ユダの神のみがまことの神であり、唯一の避け所と知っていました。その神はまた、唯一の解放者です。ヒゼキヤと民の、聖名のための祈りに神はこたえて、主の使をつかわし、その夜アッスリヤの陣営で185,000人を撃ち殺し、一人残らず死体となりました!人の手は何もなさず、神直接のタッチでした!大小いかなる悩み、問題であろうとも、避け所なる神のもとに、ありのまま出て、祈り、神のみわざを拝しましょう。

<お知らせ>

▶「ラリー・デイ」全員集合の聖日でした。76才の兄弟の洗礼式があり、神の家族に加えられ、主に感謝です!

▷15:00からの愛媛中央教会聖餐式礼拝の応援に行きます。

▷9/8㈰10:15~第2回ファミリー合同礼拝、多くの祖父母、孫たちが集って、共にお祝い、祝福の一日となりますようにお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 振起日聖餐式礼拝・洗礼式でした。2019.9/1(日) はコメントを受け付けていません。

8月最終礼拝でした。2019.8/25(日)

≪今週のみ言葉≫

「主の救の矢、スリヤに対する救の矢。あなたは五度も六度も射るべきであった」。列王下13章17,19節

エリシャの死の直前の頃、BC800年前後の出来事です。神と預言者の心を痛めてきた北イスラエルの王ヨアシでしたが、エリシャの死を悟り、その病の床にあるエリシャの頭の上に涙を流しました。とりなし手を失うことへのショックからでした。エリシャは「勝利の可能性」をヨアシ王に示します。王の手の上に自らの手を置き、すべては神の力によることを悟らせようとしました。「主の救の矢、スリヤに対する救の矢。」と言い、勝利のしるしとして矢を射させました。「矢を地に射なさい」と言われ、ヨアシは三度射てやめました。エリシャは怒り、「五度も六度も射るべきだった」と言いました。ヨアシは人(外国)に頼ることはできても、「神に頼る」ことに慣れていない憐れな不信仰な王だったのでした。「五度も六度も」祈り続け、神に求め続ける信仰者は喜ばれ、こたえて勝利と祝福で飾って下さいます。インド宣教師ウィリアム・ケアリの言葉は、励ましと挑戦です。『神のために、大事を計画せよ。神に大事を期待せよ』

<お知らせ>

▷早くも今週で8月が終わり、9/1㈰は「振起日聖餐式礼拝」です。一人の兄弟の洗礼式が行われます。天でも地でも大きな喜びです。

▷「今月のメッセージ」「9月のお祈り」「ヘッダー(まんじゅしゃげと蝶)」が更新されます。

※8/26㈪13:00~ 故 唐渡弘師追悼記念会が田村町教会にて行われます。お祈り下さい。

※8/26㈪~29㈭第59回香登修養会が備前・香登教会にて、主講師に藤本満師を迎えて行われます。どうぞご参加下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 8月最終礼拝でした。2019.8/25(日) はコメントを受け付けていません。

なお猛暑御見舞申し上げます。2019.8/18(日)

《今週のみ言葉》

「主の言葉を聞きなさい。主はこう仰せられる。」列王下7章1節

北王国サマリヤにスリヤの王ベネハダデとその全軍が攻めてきて、たちまちサマリヤは深刻なききんに見舞われました。ついにろばの頭一つが銀80シケルで、はとのふん1カブの4分の1が銀5シケルで売られるようになり、母親たちはその子の肉を食べるというような惨状でした。イスラエルの王ヨラムは衣の下に荒布をまとって悩みぬいていました。神への悔改めより、預言者エリシャの命をねらおうとします。長老たちと共に祈っていたエリシャに主のみ言葉が語られました。「あすの今ごろサマリヤの門で、麦粉1セアを1シケルで売り、大麦2セアを1シケルで売るようになるであろう」(7・1)。銀80シケルや銀5シケルでわかりますように、120分の1、240分の1くらいの値段で上質の麦粉や大麦が買えるという超大特価になる―すなわち神からの豊かな供給の預言でした。しかし側近の中の側近ともいうべきひとりの副官は、「ありえない」と明らさまな不信仰を表明し、エリシャはそれに対して「あなたは自分の目をもってそれを見るであろう。しかしそれを食べることはなかろう」と言いました。町の門の入口にいた4人のツァラアトを病む人々が町に入っても食料はない、いっそうのことスリヤびとの陣営へ逃げていこうと、行ってみると目を疑うばかりに誰もいない。たそがれに神の介入により、スリヤびとは戦車・馬・大軍の音を聞かされ、逃げていったのでした。しかもすべてを残して!4人は夢のような時間をすごし、ハタと 、「王にしらせるべきだ」と悟り、知らせました。スリヤびとの陣営がかすめられ「麦粉1セアは1シケルで売られ、大麦2セアは1シケルで売られ主の言葉のとおりになった」のでした! 不信仰な副官は、門で民に踏みつけられて死にました。神の人が言ったとおりに。

<お知らせ>

▷本日16:00~18:00 第35回ゴスペルカフェです。どなたも歓迎!!

Posted in 今週のお知らせ | なお猛暑御見舞申し上げます。2019.8/18(日) はコメントを受け付けていません。