「父の日礼拝」でした。2024.6/16(日)

<今週のみ言葉》

「天におられるあなたがたの父は、ご自分に求める者たちに、良いものを与えてくださらないことがあるでしょうか。」    マタイの福音書7章11節

【「父の日の由来・フリー百科事典『ウィキペディア(wikipedia)』より】

1909年にアメリカ・ワシントン州スポケーンのソノラ・スマート・ドッド(Sonora Smart Dodd)が、男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いをして、父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われている。彼女が幼い頃、南北戦争が勃発。父ウィリアムが招集され、彼女を含む子ども6人は母親が育てることになるが、母親は過労が元でウィリアムの復員後まもなく亡くなった。以来男手一つで育てられたが、ウィリアムも子どもたちが皆成人した後、亡くなった。最初の「父の日」の祝典はその翌年の1910年6月19日にスポケーンで行われた。当時すでに「母の日」が始まっていたため、彼女は「父の日」もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まった。1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンは、スポケーンを訪れて父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになった。1966年、アメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンは、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めた。1972年になり、アメリカでは正式に国の記念日に制定される。母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花はバラ。<6月第3日曜日を「父の日」とする27ヵ国>日本、中国、プエルトリコ、アメリカ合衆国、インド、カナダ、チリ、コロンビア、コスタリカ、フランス、トルコ、ペルー、スロバキア、南アフリカ共和国、シンガポール、ウクライナ、メキシコ、アイルランド共和国、オランダ、ギリシャ、アルゼンチン、パラグアイ、キューバ、エクアドル、パナマ、ベネズエラ。

Ⅰ.肉親の父の愛  親の愛は地上における大きな愛の代表と言えるものです。「あなたがたのうちのだれが、自分の子どもがパンを求めているのに石を与えるでしょうか。」(9)「魚を求めているのに、蛇を与えるでしょうか。」(10)「このようにあなたがたは悪い者であっても、自分の子どもたちには良いものを与えることを知ってるのです。(11)「悪い者」という表現は、「悪人」という意味でなく、聖なる天の父と比べれば当然、罪人であるというニュアンスのことばです。

Ⅱ.天の父の愛と招き  「それならなおのこと、天におられるあなたがたの父は、ご自分に求める者たちに、良いものを与えてくださらないことがあるのでしょうか。」(11) ですから、と7節8節にもどって、天の父の愛による招きを見ましょう。「求め(続け)なさい。そうすれば与えられます。探し(続け)なさい。そうすれば見出します。たたき(続け)なさい。そうすれば開かれます。」(7)だれでも、求め(続け)る者は受け、探す者は見出し、たたく者には開かれます。」(8)ルカはこの「粘り強い執拗な祈りのたとえを2回(11・1~13,18・1~8)も記し、「良いもの」とは「聖霊」と記しています。天の父は常に「最善」を与えてくださる愛の父です。その愛を真に知る者たちに12節の『黄金律』への招きがあるのです。

<お知らせ>

▷「父の日」に関しては「母の日」とは多少ちがい、国によってちがう日程もあることがわかりますが、いずれにしても「お父さん、ありがとう!」と国中で「父」に感謝することはとてもうるわしいことです!私たちはもちろん、肉親の父に感謝すると共に、「天の父」への大感謝をおささげしたいものです。

▷午後には、「歌声カフェ⑧」を行います。実は、昨年の「父の日」から始められたものです。懐かしい歌を歌い、また賛美の由来を知って、感動をもって父なる神をたたえます♪ 有志によるデザートがまた楽しみであり、幸いな交わりも感謝です。また「天の父」をご存じない方々が招かれますように祈りつつ、行っています。

This entry was posted in 今週のお知らせ. Bookmark the permalink.

Comments are closed.