主の2020年クリスマスおめでとうございます!2020.12/20(日)

≪今週のみ言葉≫

「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。」マタイ2章2節

説教題:『王なるイエス』  聖 書 マタイ2章1~12節

 「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。」マタイ2章2節

 ♪救いを賜う主 世に生まれぬ すべての人々 来たり祝え 

   天地(あめつち)しらす主 世に現る よろずのもの皆 どよみ歌え

「ベラカ」12/16㈬、祈祷会のために朝のデボーションで賛美しながら心と霊とが感謝に溢れました。このお方と出会わせて頂いた恵みに涙して、感謝の祈りを捧げました。

Ⅰ.まことの王(1,2,5,6節)

「ユダヤ人の王」(2)とは、預言に基づいて待望されてきた「救い主」を指す表現です。ヘロデ王が4節で「キリストは」と言い換えている通りです。この方は「ユダヤのベツレヘム」に生まれると、ミカが預言しました(ミカ5・2)。東の方の博士たちが「私たちはその方の星が昇るのを見たので、礼拝するために来ました」(2)と言っているように、救い主の誕生を知らせる不思議な星の現れも、民数記24・17に預言されています。この王の出現によって動揺したのが地上の、この世の王ヘロデ王でした。自らの王座に固執し、礼拝しに出向くどころか、その幼子をなきものにしようと。「ベツレヘムとその周辺一帯の2歳以下の男の子をみな殺させた」(16)のでした。しかし、このまことの王は、神の摂理のみ手で守られたのでした。(13)

Ⅱ.まことの礼拝者(9~11節)

星に導かれた東の方からの博士たちの存在は、私たち異邦人の代表として、キリストのもとに導かれてきました。メソポタミヤの地から一年以上もの年月をかけて、まさにはるばるユダヤの地に訪れました。まさに真の求道者の姿です。「王」だというので宮殿をたずねたのでしたが、そこにはおられませんでした。そのあいだ、星は姿を消していたのでしょうか。ベツレヘムと知らされ出て行くと、「すると見よ、かつて昇るのを見たあの星が、彼らの先に立って進み、ついに幼子のいるところまで来て、その上にとどまった」(9)のでした。もはや家畜小屋ではありません。「その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ」(10)のでした。「それから家に入り、母マリアと共にいる幼子を見、ひれ伏して礼拝した。そして宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた」(11)のでした。立派な大の男たちが、1才そこそこの幼子を見るやいなやその前にひれ伏し、大切に持参してきた宝物をお献げしたのでした。「教父たちやルターは、三つの贈り物に、イエスの王権(黄金)、神性(乳香)、受難(没薬)の意味を見出す」(『牧羊者』P.86)いずれにしてもこれらはエジプトに逃避行した聖家族の必要を満たしたのでした。博士たちも神の摂理に導かれました。この「まことの王」を、私たちは心にお迎えできる、その幸い、私たちの礼拝は?このお方にふさわしい礼拝をおささげする「まことの礼拝者」とされましょう。ローマ人への手紙12章1節。 「あなたがたのからだを、神に喜ばれる、聖なる生きたささげ物として献げなさい。それこそ、あなたがたにふさわしい礼拝です。」

<お知らせ>

▷多くの方々のお祈りに囲まれて、クリスマス礼拝をおささげでき感謝しました。洗礼式(2名)、転入会式(ご夫妻)、聖餐式を執行できましたことを心より感謝しています。

▷次週12/27㈰は「年末感謝礼拝」「感謝祈祷会」です。コロナの中も守って下さった主に感謝し、2021年の新しい年の祝福も合わせてお祈りしたいです。

Posted in 今週のお知らせ | 主の2020年クリスマスおめでとうございます!2020.12/20(日) はコメントを受け付けていません

Ⅲアドベント礼拝でした。2020.12/13(日)

≪今週のみ言葉≫

   「その名をイエスとつけなさい。この方がご自分の民をその罪からお救いになるのです。」 マタイ1章21節

説教題:『その名はイエス』  聖 書 マタイ1章18~25節

12/10㈫の讀賣新聞には、香川版の中に、まんのう公園の豪勢なイルミネーション写真が載っていました。きっと世界中、ここかしこに輝く光の饗宴が見られることでしょう。しかし、最初のクリスマスとはかけ離れていることを思います。私たちは今日も信仰と慎みの霊を持って初めのクリスマスを味わいます。

Ⅰ.御使いガブリエルがマリアに(ルカ1・26~38)

「しかし時が満ちて、神はご自分の御子を、女から生まれたもの、律法の下にある者として使わされました。」(ガラテヤ4・4)「御使いガブリエルが神から使わされて、ガリラヤのナザレという町の一人の処女のところに来た。」(ルカ1・26)「恐れることはありません、マリア。あなたは神から恵みを受けたのです。見なさい。あなたは身ごもって、男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。」(30,31)との御使いの言葉にマリアは言います。「どうしてそのようなことが起こるのでしょう。私は男の人を知りませんのに。」(34)と。「聖霊があなたの上に望み、いと高き方の力があなたをおおいます。それゆえ、生まれる子は聖なるもの、神の子と呼ばれます。神にとって不可能なことは何もありません。」(35,37)「私は主のはしためです。どうぞ、あなたのおことばどおり、この身になりますように。」(38)とマリアは答えました。マリアの全能の神への信頼、全き献身がクリスマスを成就しました。

Ⅱ.主の使いが夢でヨセフに(本日のテキスト)

「母マリアはヨセフと婚約していたが、二人がまだ一緒にならないうちに、聖霊によって身ごもっていることが分かった。」(18)ヨセフは、悩み苦しみ、マリアへの愛ゆえに、律法によってさばかれることからマリアを救うためにひそかに離縁しようと思いました。しかし、ヨセフがこのことを思い巡らしていたところ、主の使いが夢に現れてヨセフに言いました。「ダビデの子ヨセフよ、恐れずにマリアをあなたの妻として迎えなさい。その胎に宿っている子は聖霊によるのです。マリアは男の子を産みます。その名をイエスとつけなさい。この方がご自分の民をその罪からお救いになるのです。」(20,21)このすべての出来事は、預言者イザヤの預言の成就でした。「見よ、処女が身ごもっている。そして男の子を産む。その名はインマヌエルと呼ばれる。」(イザヤ7・14)ヨセフは眠りから覚めて、夢で主の使いが命じた通りにマリアを自分の妻として迎えました。「そして、その子の名をイエスとつけた」(25)のでした。「イエス」(ギリシャ語はイエス―ス)(ヘブル語ではイェシュア・ヨシュアの短縮形ギリシャ語読み)その名は「主は救い」の意味です。当時のユダヤ人一般の救いの期待は、政治的な救いでしたが、イエスがもたらす救いは『罪からの救い』なのです。神の永遠の救いの計画のために、神の働きは勿論のこと、マリアの献身、ヨセフの愛と従順が用いられました。神のひとり子イエスでさえ、神の助けと共に人 マリアとヨセフの助けを必要とされたのでした。マリアとヨセフへの神からの信任にも改めて、目を見張る思いです。私たちも神からと共に人からの助けを与えられて生かされていることを思います。そして、まことのクリスマスとは『救い主として誕生されたキリストにより罪赦され、救いをいただく』(『牧羊者』12/13目標。P75)これがまことのクリスマスなのです。

<お知らせ>

▷いよいよ次週、12/20㈰は10:15~11:30今年の「クリスマス礼拝」です。洗礼式、転入会式、聖餐式が行われますことを、神様に心より感謝しております。

▷年末年始の予定は、コロナ禍の中で、例年とは違ったものになります。

・12/27㈰10:15~11:15 年末感謝礼拝 パン昼食の後、12:00~13:00年末感謝祈祷会

・2021・1/3㈰ 10:15~11:15 新年礼拝

※元旦は各自家庭で礼拝、新年礼拝後の記念撮影も延期と致します。

※コロナの終息と諸教会のリバイバルをお祈りします。

Posted in 今週のお知らせ | Ⅲアドベント礼拝でした。2020.12/13(日) はコメントを受け付けていません

Ⅱアドベント礼拝でした。2020.12/6(日)

 説教題:救い主を待ち望む  聖 書 イザヤ書40章27~31節

   「しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼を広げて上ることができる。走っても衰えず、歩いても疲れない。」 イザヤ書40章31節

11/29以来、毎日17:00~22:00、クリスマスツリー(ベタニヤ)、ツリー型のイルミネーション、看板、礼拝堂壁面の星とベルが美しく輝いています。「闇の中を歩んでいた民は大きな光を見る。死の陰の地に住んでいた者たちの上に光が輝く。」(イザヤ9・2)「ひとりのみどりごが私たちのために生まれる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。」(イザヤ9・6)と、救い主を預言したイザヤは40章に入って、「慰めよ、慰めよ、わたしの民を。」(1)と、慰めのメッセージへと移ります。時はBC722年、北王国イスラエルが、アッスリヤに滅ぼされ、捕囚となり、南王国ユダもバビロンの肉迫に脅威を覚えていたときであり、約束の救い主の到来を待つのに疲れを覚えていたときであったのでした。

 Ⅰ.救い主からの新しい力を待つ(本日のテキスト)

そのような民に、イザヤは目を高く上げて、創造主を仰ぎ見るよう呼びかけます(26)。「疲れることなく、弱ることなく、その英知は測り知れない。」(28)そのお方が力と勢いをあなたがたに与えて下さるのだと。たしかに「若者も疲れ力尽き、若い男たちも、つまずき倒れる。」(30。口語訳)~ましてや老年においてをや~です。『しかし』これがすばらしい『信仰のしかし』です。そして、クリスチャンに与えられる底力です。すなわち「主を待ち望む者は新しく力を得」るのです。(31)「新たなる力を得」(31口語訳)これは、ちょうど自転車についている<ギア・チェンジ>に似ていると教えられました。坂道をこの<ギア・チェンジ>によって、楽々と乗り上がることができると。「鷲のように、翼を広げて上ることができる」悠々たる大空にまで翔け上ることができるようなたとえです。「走っても力衰えず、歩いても疲れない」。Constant(コンスタント)な、不屈、不断の堅固な歩みが継続できるというのです。その力は、主を待ち望むところからです。ひとり神の御前に静まり、み言葉を味わい、祈り、信仰を持って立ち上がるところからです。クリスチャンの力の秘訣です。

 Ⅱ.救い主の再臨を待つ(ピリピ3・20~21) 

「しかし、私たちの国籍は天にあります。そこから主イエス・キリストが救い主として来られるのを、私たちは待ち望んでいます。」(ピリピ3・20)21世紀に生かされている私たちはまさに「終末の時代」に生かされていることを覚えています。霊の目を覚まして、救い主を待ち望む時です。「キリストは、万物をご自分に従わせることさえできる御力によって、私たちの卑しいからだを、ご自分お栄光に輝くからだと同じ姿に変えてくださいます。」(ピリピ3・21)贖われた私たち一人ひとりの「完成」の時です!

<お知らせ>

▷第Ⅱアドベントを迎えました。午後には、コロナ禍のためしばらく頓挫していました「新会堂建設準備委員会」を再開します。とにかく≪祈って≫神様のご計画をなして頂けますように、わたしたちにふさわしい神による選びの土地が示され、購入できますように、お祈り下さい。また、どのような「主の宮」を建設したいかとの具体的な話し合いもできたらと願っています。

▷速やかなコロナの終息のため、またこのような中にも諸教会において恵みのクリスマス礼拝が主にささげられますよう祈っております。

Posted in 今週のお知らせ | Ⅱアドベント礼拝でした。2020.12/6(日) はコメントを受け付けていません

Ⅰアドベント礼拝でした。2020.11/29(日)

≪今週のみ言葉≫

「ひとりのみどりごが私たちために生れる。ひとりの男の子が私たちに与えられる。」イザヤ書9章6節

説教題:『特別な男の子』  聖 書 イザヤ書9章1~7節

今年も恒例のイルミネーション(電飾)が取り付けられました。取付け作業中のことでした。今年の春に教会前に引っ越して来られたご家庭の主婦の方が通りかかって、次のように言われました。「点灯されるのがとても楽しみです」と!大変嬉しい一言でした。「すべての人を照らすそのまことの光」(ヨハネ1・9)として来られた『特別な男の子』であるイエス・キリストに一人でも多くの方々が出会われますようにと祈りつつこの時期を過ごしたいものです。

 Ⅰ.預言されていた誕生 『特別(special スペシャル)』の第一は、その誕生が早くから預言されていたことです。本日のテキストによれば、預言者イザヤの預言ですから、実際に救い主が誕生した時よりも、700年も前の預言でした。一体、世界中、歴史の中でそれほどにも早くその誕生が預言されていた人が他にいるでしょうか!?しかも実はそれよりもっと以前に預言されていたのでした。アダムとエバが神の命令に背き、禁断の木の実を食べて、人類に罪と死が入ってきたその直後でした。誘惑者の蛇に言われました。「わたしは敵意を、おまえと女の間に、おまえの子孫と女の子孫の間に置く。彼はおまえの頭を打ち、おまえは彼のかかとを打つ。」(創世記3・15)神の愛と真実と忍耐は人知を超えるものです!しかもこの『特別な男の子』の誕生は『きよい誕生』でした。「見よ、処女がみごもっている。そして男の子を産み、その名をインマヌエルと呼ぶ。」(イザヤ7・14)人類歴史上、唯お一人!罪なき人としての誕生でした!

 Ⅱ.『特別な男の子』のプロフィール(6) 「主権はその肩にあり」最高最大の主権者であられます。「その名は」まさに名は態をあらわします。

1、「不思議な助言者(Wonderful Counsellor)」不思議wonder, full いっぱい、となり<素晴らしい>お方です。最高のカウンセラーです。

2、「力ある神」(The Mighty God)」創造において限りない力を顕された神、またすべての被造物を支えられ、支配され続けている神です。

3、「永遠の父(The everlasting Father)」愛なる父であり、とこしえまでおられる父です。

4、「平和の君(The Prince of Peace)」十字架の贖いにより「神との平和― タテの線、人との平和― ヨコの線」を与えて下さる唯一の仲保者なるお方です。

闇の中を歩んでいた私たちのために、「私のために」生まれて下さった救い主、死の陰の地に住んでいた私たちに、「私に」与えられた救い主を感謝に溢れて礼拝しましょう!

<お知らせ>

▷12/1(火)で、当HPオープン第9周年記念日です!おめでとうございます!「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(赤い花たち)」が更新されます。

▷本日、Ⅰアドベント聖日の夕、17:00~30分弱のプログラムにて、恒例の「イルミネーション点灯式礼拝」を行います。どなたも歓迎です!外で行いますのでそれなりの服装とマスクにてご参加ください。コロナの暗いモードの中に、闇を照らす光としてこの地上に来て下さった救い主イエス・キリストの愛の光を輝かせます。2021.1/16(土)まで点灯します。17:00~22:00

Posted in 今週のお知らせ | Ⅰアドベント礼拝でした。2020.11/29(日) はコメントを受け付けていません

収穫の秋を神様に大感謝! 2020.11/22(日)

≪今週のみ言葉≫

「食物と喜びであなたがたの心を満たすなど、恵みを施しておられたのです。」使徒の働き14章17節

 説教題:『収穫を神に感謝』  聖 書:使徒の働き14章8~18節

 ジャガイモ、サツマイモ、なす、ピーマン、ししとう、ゴーヤ、きゅうり、トマト、カボチャ、里芋、米、もち米、山芋、インゲン、梅干し、らっきょう、ほうれん草、小松菜、シイタケ、サラダ菜、ねぎ、大豆、大根、かぶ、栗、ゆず、柿、みかん、ぶどう、フェイジョア、ぽぽ―、この秋15名(15軒)の方々から牧師館に届けられた野菜、果物のリストです。まるでマラキ3・10の如くで、「あふれるばかりの祝福」に圧倒され、収穫の主に感謝あるのみです!

 Ⅰ.創造主、収穫の主を伝えた人たち(本日のテキスト)

 ここはパウロの第一次伝道旅行中の出来事です。福音を伝えては迫害を受け、ついにリステラという所に来ました。そこには生まれつき足の不自由な人が座っていました。彼はこれまで一度も歩いたことが無かったのです。この人がパウロの話すことにじっと耳を傾けていました。パウロもまた彼をじっと見つめ、「癒されるにふさわしい信仰があるのを見て、大声で、『自分の足で、まっすぐに立ちなさい』と言った。すると彼は跳び上がり、歩き出しました」のでした。(9.10)。群衆はそのことがパウロの力によるものと誤解し、「神々が人間の姿をとって、私たちのところにお下りになった」と大声で叫び、バルナバをギリシャ神話のゼウスと呼び、パウロをヘルメスと呼んで、神殿の祭司は雄牛数頭と花輪を持って来て彼らの前にいけにえを献げようとしました。二人は自分たちも同じ人間であること、そしてこのような空しい偶像から離れて真の創造主に立ち返るように福音を伝えていることを叫んだのです。この創造主は、「天から雨と実りの季節を与え、食物と喜びであなたがたの心を満たすなど、恵みを施しておられる」のですと、収穫の主を大胆に語り伝えました。こうして二人は人々が自分たちにいけにえを献げるのを、かろうじて、やっとのことでやめさせたのでした。

 Ⅱ.収穫の主に感謝礼拝をささげた人たち(「収穫感謝祭」の由来)

1620年9月6日、102名の清教徒(ピューリタン)たち、ピルグリム・ファーザーズと呼ばれた方々が、信仰上の迫害を受け、メイ・フラワー号に乗船してイギリスからオランダに渡りましたが、そこでも迫害され、アメリカに向かい、12月にプリマスに上陸しました。彼らはまず教会を建て、更に自分たちの家を建てたものの、その冬の厳しさは格別で、十分な食料もなく約半数の人たちが飢えと寒さで凍え死んでしまいました!何という過酷な試練だったことでしょう!アメリカインディアンの方々にトウモロコシの作り方や種まき、刈入れについて教えてもらい、翌年には大収穫が与えられたのでした。彼らは喜びに満たされ、90名ばかりのインディアンの方々をお招きして、そこで『大収穫感謝祭』が行われたのでした。1864年、リンカーン大統領は、11月第4木曜日を国定祭日と定め、日本の教会では、11月第4聖日に感謝礼拝となりました。「この地が続くかぎり、種まきと刈り入れ、寒さと暑さ、夏と冬、昼と夜がやむことはない。」(創世記8・22)ノアへの約束は今も破られることなく、偉大な収穫の主の御業は静かになされ続けています。感謝!

<お知らせ>

▷先週はとてもポカポカ温かい晩秋となりました!しかしコロナ拡大の勢いは増しています。くれぐれも自粛と対策につとめましょう!

▷次週、11/29(日)は早くもⅠアドベント礼拝です。恒例のイルミネーションを取り付け、その日の17:00から20分ほどの「点灯式礼拝」をささげます。「すべての人を照らすそのまことの光が、世に来ようとしていた。」ヨハネの福音書1章9節。 暗い世にあって「光なるキリスト」を仰いで、永遠の滅びから救われ、永遠の命を与えられ、永遠の神の御国で過ごす人々が、次々と与えられますよう 祈りをこめてすごしましょう。2021年1月17日(日)にとりはずします。

Posted in 今週のお知らせ | 収穫の秋を神様に大感謝! 2020.11/22(日) はコメントを受け付けていません