2019年クリスマスおめでとうございます! 2019.12/22(日)

≪今週のみ言葉≫

「神は愛である」。Ⅰヨハネ4章8節

≪神様とのなかなおり≫

初めの人アダムとエバが愛なる聖なる神様のみ言葉にそむいて、罪が入ってきてしまいました。でも愛なる神様はその場で『救い主』を与えると約束して下さいました!それから4000年、今から2019年前、『救い主イエス・キリスト』が私たちと同じ人の形をとっておいで下さいました!でも聖霊によってマリヤの胎にみごもられたので聖なるお方——私たち人間とは全くちがって罪一つないお方として来られました。

聖なる神様との⦅なかなおり⦆ができるのは、ただ、この救い主イエス・キリストの十字架を通してのみです。他にはぜったいにありません!招いて下さりこのひとり子キリストを信じて、なかなおりしようとその救いの道を開いて下さっている神は、まことに永遠の愛なる神です!今年も一人でも多くの人が≪神様とのなかなおり≫を経験して神の家族に加えられますようにと祈ります。

<お知らせ>

▷2019年、メリー・クリスマス!!!午後からは愛餐会。祝会で、みんなで救い主のお生まれをお祝いしました。

▷クリスマスの集いに来られた初めての方々やまだ求めておられる方々が続いて教会の礼拝や子どもたちの教会学校やかえるクラブに来られますようおいのりします!

▷12/25㈬クリスマスの祈祷会(10:00、19:30)12/29㈰10:15~年末感謝礼拝、午後は感謝祈祷会です。みんなでこの一年の恵みを神様に感謝しましょう!どなたもどうぞ!!

Posted in 今週のお知らせ | 2019年クリスマスおめでとうございます! 2019.12/22(日) はコメントを受け付けていません。

Ⅲアドベント礼拝でした。 2019.12/15(日)

≪今週のみ言葉≫

「いと高きところでは神に栄光があるように、地の上ではみ心にかなう人々に平和があるように」。 ルカ2章14節

初めてのクリスマスは「不思議」で満ちていました。誕生700年前から預言されていた「救い主・ひとりのみどりご・ひとりの男の子」の名前の筆頭が「Wonderful(不思議)」と呼ばれるお方でしたから!

人類歴史の最大級のグッド・ニュースが、いつ、どこでだれにもたらされたのか、それが今週の聖書の箇所(ルカ2・8-20)です。歴史がB・C(Before Christ)からA・D(Anno Domini)に変えられた時、ベツレヘムの家畜小屋の近くで、羊の夜番をしていた羊飼たちに一番に告げられたのでした!

ここには2つのパラドックス(逆説)が見られるのです。

「神に栄光がある」―それは、卑しく低くお生まれになり飼い葉おけに眠る幼な子、そこに神の栄光が輝くということ。

「平和があるように」―天の軍勢たちの妙なるコーラスでした♪地上の軍隊(army)は、戦いにおもむきます。しかし天の軍隊、軍勢は平和を告げるのです!!

これこそが、まことのクリスマスです。救い主の知らせを、今も神は人々を用いて伝え続けておられるのです。

<お知らせ>

▷12/21(土)16:00~17:30キャンドルライトサービスです。劇団「ヨベルのつのぶえ」第二回公演があります。おいしいクリスマス・ケーキのTeaTimeもあります!

▷12/22(日)10:15~クリスマス合同礼拝、洗礼式、転入会式、おいしい愛餐会と祝会。プレゼント交換のため500円程度の一品をご用意下さい。ご家族、友人そろってご来会下さい!

Posted in 今週のお知らせ | Ⅲアドベント礼拝でした。 2019.12/15(日) はコメントを受け付けていません。

Ⅱアドベント礼拝でした。2019.12/8(日)

≪今週のみ言葉≫

「マリヤは月が満ちて初子を産み、布にくるんで飼葉おけの中に寝かせた。客間には彼らのいる余地がなかったからである」。ルカ2章6、7節

『平和の君の誕生』‘Prince of Peace’平和の王子、神の御子の誕生、それは一つには「卑しい誕生」でした。住民登録でごった返していたベツレヘムの町のどの宿も満員で、ヨセフとマリヤはやっとのことでとある「家畜小屋」に落ち着き、そこでマリヤは平和の君イエスを産みました。そもそも神であるにも関わらず、「神と等しくあることを固守すべき事とは思わず」(ピリピ2・6)人間の姿、しかも最も弱い幼子の姿をとっておいで下さいました。こともあろうに、家畜小屋の飼葉おけがベッドになったのでした!何という謙(へりくだ)り!何という卑しいと思われる誕生!しかも天使からの御告げにより一番に拝みに来た人々は貧しい羊飼いたちでした!≪謙卑(けんぴ)≫の極みでした。 しかしそれは「平和な誕生」でした。世の中の騒がしさから隔離された、静かで穏やかな誕生でした。 ♪きよしこの夜 星は光り 救いのみ子は 馬(ま)ぶねの中に 眠りたもう いと安く。 クリスマスの不朽の名曲です。Sleep in heavenly peace,sleep in heavenly peace.とくり返されます。神の御心のど真ん中に、飼葉おけのなかであっても、いと安く 眠られたのでした。 ♪ きよしこの夜 み子の笑みに 恵みの御代(みよ)のあしたの光 輝けり ほがらかに。 それは「恵みの時代」の輝かしい夜明けの出来事でした!!

<お知らせ> ▷クリスマス諸集会にどなたも大歓迎です!

Posted in 今週のお知らせ | Ⅱアドベント礼拝でした。2019.12/8(日) はコメントを受け付けていません。

Ⅰアドベント聖餐式礼拝でした。2019.12/1(日)

≪今週のみ言葉≫

ひとりのみどりごがわれわれのために生れた、ひとりの男の子がわれわれに与えられた。まつりごとはその肩にあり、その名は、「霊妙なる議士、大能の神、とこしえの父、平和の君」ととなえられる。イザヤ9章6節

『預言された平和の君』である「ひとりのみどりご」「ひとりの男の子」はクリスマスの主人公、救い主イエス・キリストです。アドベントを迎え、この12月を特別な思いをもってすごしたく思います。イザヤという大預言者はキリスト降誕より700年も前に『平和の君』の予言をしました。誕生、受難、復活、昇天、再臨の預言と、『平和の君』の預言の大パノラマです!

このお方のうちには、常に「神の平和」が宿り、支配していました。そして、神にそむく人々に和解の手をさしのべ真の平和である『神との平和』へと導いて下さるお方です。

『神との平和』があって初めて『人との平和』も成り立つのです。十字架のタテ棒は神との平和、十字架の横棒は、人との平和ですと。このクリスマス、『平和の君』をその心にお迎えし、『神との平和』に一人でも多くの方々が入れられますよう、祈ります。

<お知らせ>

本日は当ホームページ開設、満8周年記念日です!おめでとうございます!ご支援、お祈りを心より感謝申し上げます。

▷15:30~16:30第3回YMCAせとうちファミリークリスマスin高松です。

まことのクリスマスをお祝いできますように!

▷教会の続いてのクリスマスの集いにお越し下さい。

Posted in 今週のお知らせ | Ⅰアドベント聖餐式礼拝でした。2019.12/1(日) はコメントを受け付けていません。

収穫感謝礼拝・第8回ハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルでした。2019.11/24(日)

≪今週のみ言葉≫

「あなたはその高殿からもろもろの山に水を注がれる。地はあなたのみわざの実をもって満たされる」。詩篇104篇13節

詩篇103篇と104篇は一連の詩篇で同一の作者によるものと見られています。104篇は「創造の讃歌」と言われるものであり「第8篇、第19篇、第29篇に続く、神の創造賛美四大詩篇の一つです」(工藤弘雄師、「詩篇とともに歩む日々P218)創世記1章の神の創造を思い起させる詩篇です。「神が造ったすべての物を見られたところ、それは,はなはだ良かった。」(1章31節)以来、神はその被造物すべてを大能のみ手をもって支え続け、生きとし生ける者を養い続け、天体の運行をも秩序に従って保っていて下さるという驚くべき現実に、人はもっともっと目と心を注ぎ、この創造主をもっとほめたたえるべきと思います。「地はあなたのみわざの実をもって満たされる」(13)「豊かに潤され」(16)「地はあなたの造られたもので満ちている(24)「あなたが手を開かれると、彼らは良い者で満たされる」(28)。神の供給の果てしない豊かさのゆえに、格別、収穫の秋、この収穫の主を自然界と共に賛美したい。

<お知らせ>

▷13:30~第8回ハーベスト・サンクスギビング・フェスティバル!共に「収穫の主」への大感謝、大讃美を!!

▷早くも今週をもって11月を終り、12/1(日)からⅠアドベント礼拝です。今週中に「今月のメッセージ」「12月のお祈り」「ヘッダー(フェイジョアとねむの花)」が更新されます。

▷12/1(日)はⅠアドベント聖餐式礼拝・15:30~第3回YMCAせとうちファミリークリスマスin高松➡17:00~イルミネーション点灯式礼拝です。

Posted in 今週のお知らせ | 収穫感謝礼拝・第8回ハーベスト・サンクス・ギビングフェスティバルでした。2019.11/24(日) はコメントを受け付けていません。