教会創立70周年記念礼拝・祝賀愛餐会でした。2019.10/6(日)

《今週のみ言葉》

「こうしてエホヤキンは、その獄屋の衣を脱ぎ、一生の間、常に王の前で食事した」。列王紀下25章29節

列王紀を学んできて、ちょうど、70周年記念礼拝に25章27~30節が導かれ、『恩寵あふれる人生』と題して、語りました。イスラエル王国・ユダ王国の歴史は挫折の歴史でした。神の厳しいお取り扱いの中で、いずれも捕囚という火の試練を通されました。しかし、列王記の終りは、奇しいエホヤキン王への神のみ手のわざが記され、涙の預言者によるエレミヤ書も、終りに、この同じ記事が記されています。神のみ手の中で、絶望は希望にかわることを表徴していて下さるかのようです。教会創立70周年記念誌に、わたしたちは『希望に向かって』というタイトルをつけました。そこにはただ神の恩寵にのみ希望があることを思います。捕囚の身とされた エホヤキンに18才から37年たった55才より、心に思い浮かびもしなかった恵みがネブカデネザル王の息子のエビルメロダク王の即位の年に注がれました!王より慰めと養いをその後生きている間与えられ続けたのでした!私たちもかつては、罪の奴隷、我欲の奴隷でしたが、キリストの十字架と復活の福音により新しく生まれ変わり、永遠の命に生かされる神の子とされたのです!! 恩寵の神にあって、『恩寵あふれる人生』を全うさせて頂けるのです。

<お知らせ>

▷この日のため、多くのお祈りを心よりありがとうございます!いずれ、滞っています、「行事報告」ページにてお知らせできたらと願っています。

Posted in 今週のお知らせ | 教会創立70周年記念礼拝・祝賀愛餐会でした。2019.10/6(日) はコメントを受け付けていません。

9月最終礼拝でした。2019.9/29(日)

《今週のみ言葉》

「わたしは主の宮で律法の書を見つけました」。列王記下22章8節

善王ヒゼキヤ~悪王マナセ~悪王アモン~そして8歳で王となったヨシヤ王の第18年、彼が26才の時(BC622年)のできごとでした。

「ヨシヤは主の目にかなう事を行い、先祖ダビデの道に歩んで右にも左にも曲がらなかった」(列王記下22・2)そのようなヨシヤに神が思いがけなくも摂理の御手によってなさったことそれが、「律法の書の発見」でした。何と主の宮に「律法の書」が失われていたのでした!大祭司ヒルキヤが見つけ、書記官シャパンがその律法の書を王の前で読んだとき、王は衣を裂き、深い悔い改めと国の改革へと導かれました。「使命に忠実な王」から「リバイバルの器」へと変えられていったのでした。クリスチャンの日々の生活の中で律法(聖書)が失われていないでしょうか。聖書を取り戻しみ言葉に聞き、従い、静かな聖霊によるリバイバルを体験させて頂きましょう。

<お知らせ>

▷高松はなお猛暑が続きますが、今週はもう10月に入ります。「今月のメッセージ」「今月のお祈り」「ヘッダー(トルコききょう)」が更新されます。

▷次週10/6(日)はいよいよ創立70周年記念礼拝・祝賀愛餐会です!「リバイバル」の始まりの記念の一日とされますようお祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 9月最終礼拝でした。2019.9/29(日) はコメントを受け付けていません。

現会堂献堂60周年記念前日の礼拝でした。2019.9/22(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしはあなたの祈を聞き、あなたの涙を見た。見よ、わたしはあなたをいやす」。列王下20章5節

「そのころ、ヒゼキヤは病気になって死にかかっていた。アモツの子預言者イザヤは彼のところにきて言った、「主はこう仰せられます。『家の人に遺言しなさい。あなたは死にます。生きながらえることはできません』」。(列王下20章1節)そのころ、とはヒゼキヤの第14年、BC701年のことでした。すなわち、アッスリヤの王セナケリブ軍によってユダの堅個な町々が取られていた、国にとっては危急存亡の時でした。ヒゼキヤ王はどうしたでしょうか!?顔を壁に向けて、激しく祈って泣いたのでした。このままでは死ねないと新たな使命への献身の思いをもち、主に対座し、これまでの自分の主への真実と真心を覚えて下さいと涙の祈りをささげました。祈りを聞かれる神は、ヒゼキヤ王の涙を見、祈りを聞き、「いやす、よわいを15年増す、アッスリヤの手から救う」と約束され、成就されました。アッスリヤの18万5千人が一夜にして滅ぼされる奇跡をもって! まさに「祈りは世界を変える」のです。しかも「涙の祈り」をさらに注ぎだして、神の新たなみわざを見たいものです。

<お知らせ>

▷10/6㈰ 教会創立70周年記念礼拝です。願わくは、リバイブされる人々、祈られている家族や友人知人、求道中の方々、また新しい方々、子どもたちとのそのご家族と共に主に感謝し、お祝いでき、新しい出発の時となりますように!お祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 現会堂献堂60周年記念前日の礼拝でした。2019.9/22(日) はコメントを受け付けていません。

『繁栄の約束』のメッセージでした。 2019.9/15(日)

≪今週のみ言葉≫

「ユダの家ののがれて残る者は再び下に根を張り、上に実を結ぶであろう」。 イザヤ19章30節.

 BC701年、ヒゼキヤ王の時代、アッスリヤのセナケリブ軍がユダの国に攻め上ってきた。国の危急存亡の時、ヒゼキヤ王は、当時の預言者イザヤに人をつかわして、「祈り」を依頼したと共に、王自らも、主の宮に行き、主の前にその脅かしの手紙を広げて、祈りを注ぎだしました。

 主は、「あなたがわたしに祈ったことは聞いた」(20)と言われ、セナケリブへの滅びの預言と共に、「あなたに与えるしるしはこれである」と言われ神の供給を約束して下さり、また「神の結実」を、すなわち『繁栄の約束』を語って下さいました。聖書の神は、『再びの神』であり『復活の神』です。植物で目立つのは花や実ですが、最も重要なのは『根』です。み言葉への沈潜、祈りへの沈潜により、豊かな神からの結実を期待できるのです!

<お知らせ>

▷千葉の皆様の上に主の守りと一日も早い電気の復旧をお祈りいたします。

▷9/15(日)16(月祝)小野牧師の母教会、神の国キリスト教会にて、第44回西日本再臨待望大会が行われます。小野牧師9/16(月祝)13:30~15:30、聖会Ⅳの説教ご用です。お祈り下さい。

Posted in 今週のお知らせ | 『繁栄の約束』のメッセージでした。 2019.9/15(日) はコメントを受け付けていません。

第2回ファミリー合同礼拝でした。 2019.9/8(日)

≪今週のみ言葉≫

「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」。 ヨハネ1章29節

 初めの人アダムは、サタンにそそのかされたエバに勧められ、二人共に禁じられた園の中央にある善悪を知る木からの実を取って食べてしまい、神の戒めにそむいたために、人類に罪と死が入ってしまいました。しかし、神はその時すでに、「救主」の預言をされました。(創世記3・15)。以来、人々は罪のゆるしのために多くの獣をほふって血を流してきました。特に、出エジプトの時は、「傷のない一歳の雄の小羊」(出エジプト12・5)が各家でほふられ、その血が2つの柱とかもいに塗られて、死の使が過ぎ越したのでした。過越しの犠牲の小羊がくる年もくる年も殺され、血を流さなければなりませんでした。しかし、バプテスマのヨハネが指さして叫びました、「見よ、世の罪を取り除く神の小羊」。と!誰を指さしましたか!?ヨハネからバプテスマを受けようとされたイエス・キリスト様でした。33才半で、ゴルゴダの十字架で死んで下さり全人類に代わって「ごめんなさい」と父なる神に命をかけてゆるしを祈って下さったキリストの十字架は、『全人類の罪』の身代わりでした。‘Once for ALL’です!仰いで信じる時、永遠の命に生かされるのです!ハレルヤ!

<お知らせ>

▷第2回ファミリー合同礼拝では、80歳以上の方々20名に、祝福の祈りとプレゼントが贈られました。お孫さんに連れられてきた祖父母の方々にも!

▷10/6(日)いよいよ近づきました。創立70周年記念礼拝・祝賀会です。記念品も用意いたします。どなたでも共に祝いの礼拝と祝賀にご参加ください。大歓迎です!

Posted in 今週のお知らせ | 第2回ファミリー合同礼拝でした。 2019.9/8(日) はコメントを受け付けていません。