受難週礼拝でした(パームサンデー)でした。2018.3/25(日)

≪今週のみ言葉≫

「わたしはかわく」 「すべてが終わった」   ヨハネ19章28.30節

『キリストの愛に応えて③』

今日のみ言葉は、十字架上で発せられた救い主イエス・キリストの第5言と第6言です。 「わたしはかわく」とは聖書が全うされるためであったとあります。ここで初めて肉体のかわきを叫ばれました。まさに、主は「人」として渇かれたのでした。 人々は、ぶどう酒を含ませた海綿をヒソプの茎に結びつけてイエスの口元にさし出すと、イエスはそのぶどう酒を受けて、「すべてが終わった」と言われ、首をたれて息をひきとられました。ヒソプ、それはかつて過越しの夜の前にエジプトにいたイスラエルの民が一束のヒソプを鉢の血に浸し、かもいと入口の2つの柱につけたことを思い起こさせます。まさにイエスこそ「過越の子羊」であられ、ついに全人類の贖いが「完了した」のでした! 記者ヨハネは、その愛に応えて、イエスを埋葬したアリマタヤのヨセフとニコデモについて記します。多くを教えらえる感動的な場面です。

<お知らせ>

▷次週は『復活祭・イースター』10:15~ 大人も子どもも合同の礼拝です。子どもたちの進級のお祝いのお祈りとプレゼントがあります。どなたも大歓迎!

▷午後2時から高松田村町教会にて3教会合同賛美集会です。どなたも大歓迎!

This entry was posted in 今週のお知らせ. Bookmark the permalink.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です