今月のメッセージ

<計画> エレミア書29:10-14 わたし自身、あなたがたのために立てている計画をよく知っているー主のことばー。それはわざわいではなく平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのものだ。

エレミア書29:11

神の民への、神の計画ー「それはわざわいではなくて、平安を与える計画であり、あなたがたに将来と希望を与えるためのもの」-ここにも大いなる神のいつくしみとあわれみと慰めを覚えます。しかし、神の聖なる燃える愛の厳しさも見逃してはなりません。そこには容赦のない、70年のバビロン捕囚がありました。神への不信仰、不従順、不義は罰せられねばならず、けがれはきよめられねばならなかったからです。その懲罰の背後に、神の、民に対する燃える愛が息づいています。イエス・キリストの十字架に現わされた神の愛です。聖なるお方の徹底した愛の姿です。その十字架のメドという通るべき所を通って初めて、神の約束と計画とは、果てしなく、私たちひとりひとりの生涯の内に成就されていきます。

小野淳子著 「神と共に歩む日々」より

Comments are closed.